• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,  08:00 PM

LEGOの原則を取り入れると家事が楽しくなる

LEGOの原則を取り入れると家事が楽しくなる

141214lego_principle.jpg


家事はイライラするものです。というのも、その成果がすぐに消えてしまうからです。洗った食器はすぐにまた汚れますし、トイレットペーパーはすぐに取り替えが必要になります。洗濯した物もすぐにまた洗わなくてはいけません。成果が長く続く作業で締めくくって、家事にもっと満足感をプラスしましょう。


LEGOの原則という名前は、作家であり行動経済学者のDan Ariely氏による実験に由来しています。2つのグループに分けられた被験者に、LEGOのおもちゃの像が組み立てるよう与えられ、作業を進めるにつれて与えられる報酬が減らされていきます(たとえば、1体の像を組み立てるのに2ドル支払われ、その後は1体の像を組み立てるごとに11%ずつ報酬が減らされます)。被験者は、止めたい時にいつでも実験を終えることができるようになっていました。

1つの被験者のグループは、組み立てたおもちゃが目の前に置かれて見える状態で作業し、もう一方のグループはLEGOを組み立てるごとに監督者に提出し、監督者にそれをすぐ壊される、という状況での作業でした。完成した作品を目の前で見ることができたグループの方が、実験をあきらめるまでに、もう1つのグループよりも平均して3つ多く、作品を完成させました。

Tess Wilson氏は「Apartment Therapy」において、LEGOの原則を家事に結びつけました。


最新の解決法ですか。それは、花を生けることです。1日中料理をしたり、皿洗いをしたり、洗濯をしたり、浴槽を磨いたり、床を掃いたりモップがけをしたりと、一般的な家事をすることに費やした場合は、花瓶に花を生けるための時間を残しておきます。「花」と言いましたが、私が言っているのは、小枝や枝、枝葉など、草や庭にある他の植物を使うものです。手の込んだものではありませんが、気持ちの良いものですし、1度生ければ少なくとも1週間は持ちます。誇らしい気持ちでその花を頻繁に眺めることができるのです。


成果物を確認できる作業というのは、満足感を伴うものです。報酬や意味を感じられない作業は、うっとうしくなってきます。

もちろん、花でなくてもよいのです。しかし、日々の家事の最後にずっと形として残る作業を加えることで、家事がうっとうしいものにならずに、やりがいを感じられるものになります。


The LEGO Principle: Why Housework Can Be So Darn Frustrating | Apartment Therapy

Herbert Lui(訳:Conyac
Photo by Ignat Gorazd.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.