• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,  10:00 PM

ランチ前に90%の仕事を片付けるための16の小ワザ

ランチ前に90%の仕事を片付けるための16の小ワザ

141212work_before_lunch.jpg


想像してみてください。ランチの時間がやってくる前に、満足げなため息をひとつつきながら席を立ち、ぶらりと車に向かって歩いてゆき、午後出かけるゴルフコースのことを想像しながら、のどかでストレスのないランチをとりに車を走らせる光景を。


これは現実にできます。仕事の90%を、いやそれ以上を、午前中に終わらせることは可能です。他の人がコーヒーのお代わりに手を伸ばそうとする頃、皆さんはMacbookをシャットダウンして、まったりすることができるのです。

どうやって? 私がこれから、生産性を高める16のすばらしい小技をお教えします。でも最初に、前提条件を決めさせてください。

第1に、仕事の定義は、みなさんがやる作業とします。会議はその対象外にしてもよいでしょう。第2に、このやりかたはパレートの法則に基づいています。パレートの法則によれば、80%の成果は、20%の努力から生まれています。午前中に仕事を終えるというのは、重要なタスクに対して、より少ない努力でのぞむということです。しかも賢いやりかたで。


1. 前の夜のうちに、次の日の計画をたてる


毎日、すべてのタスクと、次の日のいつそれをするのかをリストアップします。翌日の午前中にやろうとすることすべてを計画しておかない限り、生産的な仕事はできません。

ポイントは、多くのことを計画し過ぎないことです。やることリストのスケジュールを少なめに保ち、本当にすべきことを、きちんと達成できるようにしましょう。


2. 前の夜のうちに、オフィスの机を整理しておく


オフィスが散らかっていると、集中力が乱れます。机に貼ってある「ボブに今すぐ電話して!」という付箋が、1日をダメにしてしまうかもしれません。きれいに整理された清潔な環境に出勤することで、考えもはっきりとして、より仕事に打ち込めます。


3. とんでもない時間に起きる


本当に仕事を終わらせたいなら、それができるような時間に起きる必要があります。おすすめは、5時半から6時半の間です。朝の習慣にもう少し時間がかかるのであれば、起床時刻をもう少し早くしましょう。もちろん、寝る時間もそれに応じて早くする必要があります。


4. 運動する


朝の運動は、思考能力を向上させ、仕事の能率を上げ、より生産的にしてくれることが、科学的に証明されています。

ハーバード大学のJohn Ratey氏は、『Spark: The Revolutionary New Science of Exercise and the Brain』の著者ですが、「知性が必要な仕事において高いパフォーマンスを発揮する」には、運動が必要不可欠であると書いています。

簡単なジョギングや、30分間のヨガによって、そのあとの仕事を終わらせるための大変なセッションにむけて、準備万端になれるのです。


5. 予定表を守る


自分で予定した軌道から外れないようにしましょう。時間は限られています。予定表を崩してはいけません。予定を立てて、それに従えば、より多くのことが達成できます。


6. 流れに乗るのに20分かける


流れというのは、うまくはまっている状態を指します。これは、今やっていることに完全に没頭できていて、雑念がなく、高いレベル、早いスピードでものごとを達成できている状態です。

流れに乗るには時間がかかります。ですから、生産的になれていないとか、仕事に集中できていないと感じたら、そうなれるまで少し時間をとりましょう。


7. 60秒で決断する


決断するというのは、時間を食うものです。仕事の中で決断を迫られたら、1分の期限を切りましょう。決断の質は変わらないはずです、なのに費やす時間は少なくて済むのです。


8. ヘッドフォンを使う


ヘッドフォンにより、気が散ることを防ぎ、集中できます。「Harvard Business Review」では、労働者にヘッドフォンを着用させて、生産性を向上させることを勧めています。


9. 一番大変なタスクを最初に処理する


マーク・トウェイン氏は、「朝一番にカエルを食べれば、その日にそれ以上悪いことは起きないでしょう」と書いています。ブライアン・トレーシー氏はこの言葉をひとつの法則にまで昇華させました(そして、1冊の本まで書いています)。『カエルを食べてしまえ!

最も重く、大変なタスクを最初に済ませれば、残りの1日の残りはとても生産的になるでしょう。


10. 文章を書くのは早い時間にする


文章を書くことは、精神的に負荷が高いタスクです。しかし、書くことにより脳はより集中し、生産性も向上します。執筆を1日の早い時間に行い、文章とその日の仕事、両方の品質を高めましょう。


11. 通勤しない


長時間の通勤をしているのであれば、それを避けるためにできることは何でもしましょう。長時間通勤を避けることによって防げるのは、時間を無駄にすることだけではありません。精神的な損害もです。通勤というのは1日のうちの最大のストレスのひとつです。そのレベルのストレスの後に仕事を始めるのでは、生産性は完全に失われてしまいかねません。


12. 会議をしない(電話会議もしない)


長い間働いている人なら、ほとんどの会議が時間の無駄であることはご存じでしょう。可能な限り、会議はしないようにしましょう。


13. 最初にメールをチェックするのをやめる


電子的なコミュニケーションは、会議と同じくらい集中を乱す可能性があります。もちろん、メールは必要です。大切ではあるのですが、朝一番にチェックしてしまうと、丸1日それに飲み込まれかねません。


14. いつものやり方にこだわる


何かを繰り返していると、そのたびに、よりよく、より早くできるようになります。やり方を編み出したら、それにこだわりましょう。それが生産性を高めるための入り口です。


15. 快適な環境にする


成功するための準備であれば、何でもやりましょう。それが、シャワーだったり、ひげそり、朝食、日記、瞑想、犬の餌やり、ブラインドを開けることだったならば──やりましょう。こういった準備の作業を済ませることは、生産性が高まる環境を作っていることになるのです。


16. 定期的に、自分をねぎらう


時計の時間をセットするか、必要ならタイマーを使いましょう。ある時間になったら、ひと休みします。そう、休むのです。カズー(紙のおもちゃの楽器)を鳴らし、紙ふぶきをまき、幸せのダンスを踊りましょう。自分をねぎらう時間です。ねぎらいを応用して、より多くのことを達成しましょう!


より多くのことをやりとげたい情熱と、止められないエネルギーを持っているのであれば、午前中で切り上げる必要はありません。仕事で幸せになり、満たされるのであれば、さらに続けましょう。午前中に90%の仕事を片付けられるということは、毎日100%以上の仕事をやり遂げられる可能性があるということです。


16 Tips for Getting 90 Percent of Your Work Done Before Lunch|Inc.

Neil Patel(訳:Conyac
Photo by ShutterStock

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.