• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,  06:00 PM

就職活動で新卒者が生かせる経験4つ

就職活動で新卒者が生かせる経験4つ

141212hunting_tips.jpg


秋は、アメリカの大学では卒業の季節です。それは、多くの新卒者が就職活動を始めることを意味します。社会に出る若者がしばしば直面するのは、がっかりするようなサイクルです。それは、雇用主は経験がないという理由で彼らを落とすものの、そうすると、彼らは将来より良い候補者になるための経験を得る機会も与えられないというもの。若い被雇用者や大学生がこのサイクルを打ち破るには何ができるでしょう? 就職活動で若者の手助けとなるいくつかのコツを見てみましょう。


1. 何らかのボランティア活動をする


ボランティア活動を理由に落とされることは、まずないでしょう。ですので、それをみなさんの履歴書の職歴欄に書きましょう。ボランティア活動は自分のペースでできるので、学校や大学に通っていたとしても、負担にはならないでしょう。興味のある分野、組織を選びましょう。みなさんが働きたいと思うフィールドが望ましいかもしれません。医者になりたければ、地元の病院でボランティアをしてみましょう。金融学を学んでいるならば、ボランティアを受け入れてくれる、自分のコミュニティーの会社やレストランを見つけましょう。履歴書にボランティア活動があると、多くの場合、職歴と見なされ、将来の雇用主の関心を引きやすくなるのです。ボランティアをするということは、みなさんが自主的で、たとえ無給でも目標のために喜んで時間を費やせる人だということを示します。


2. 大学での経験を生かす


学生時代にも、実際の社会に参加することはできます。授業のために街の建物の一覧表を作ったり、助成金を申請したり、大学のイベントのために資金を集めたり、学校新聞を書いたりすることは、できることの一部にすぎません。こういった活動によって、貴重な仕事の経験ができ、雇用主が社員にしてもらいたい仕事と重なり合う部分もあるかもしれません。大学での時間について考えましょう。そして、雇用主に伝えられることはどんな情報も忘れず伝えることが必要です。


3. インターネットを利用する


若者は、テクノロジーに精通しています。それらを利用することを忘れないでください。インターネット上で自分を発信するために、ソーシャルメディアやLinkedInを使いましょう。こうすることが仕事への可能性を開いてくれます。ウェブサイトを作成したり、自分のブログを始めてみれば、自発性を示し、求人へ申し込んで来た人の中でも違うと思わせてくれます。また、雇用主はみなさんに将来オンラインの仕事を頼むかしれません。その点でも能力があるということを示せます。


4. インターンシップをする


インターンをすることで得られる利点は山ほどあります。もしインターンができそうなら、給料が出るかどうかに関わらずやりましょう。こういった実社会での経験は履歴書上でも輝くとともに、みなさんに組織での経験があることを示します。雇用主がみなさんの働きを気に入った場合には、インターンが長期の仕事につながることもあります。ネットワークを作ることも、インターンの大切な一部です。一緒に働いている人たちは、コネクションがあり、他の場所での仕事についての情報をくれるかもしれません。彼らと一緒に働くときに良い仕事をすれば、彼らが口を利いてくれるかもしれません。


最近は、経験者が転職することも難しい時代です。職は限られ、会社は資金を節約して、できるだけ良い人を雇う必要があるからです。社会に出る若者にとって、履歴書に他の労働者との違いを見せることは今まで以上に重要なこととなっています。若さを生かして行動し、将来の雇用主に話すことができる経験を得ましょう。これらを正しく行えば、形勢を一変させ、若さを強みとできることでしょう。


4 Job Hunting Tips For New Graduates|Inc.

Rhett Power(訳:Conyac
Photo by ShutterStock

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.