• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

長谷川賢人長谷川賢人  - ,,,,,,,,  11:00 AM

僕の頼れるパートナー「コンビニのマルチコピー機」の役立つ機能を紹介します

Sponsored

僕の頼れるパートナー「コンビニのマルチコピー機」の役立つ機能を紹介します

141211conv_print_1.jpg


これまでにも仕事を効率よく進めたり、手助けしてくれたりするツールを紹介してきましたが、なにもツールは個人の手の中だけにあるものではありません。コーヒーショップのフリーWi-Fiしかり、サードプレイスとしてのコワーキングスペースだったり、街中にも「使えるツール」は数多くあります。

そこで今回、誰にも身近で、覚えておくと良きアシストをしてくれるツールとして紹介したいのが、コンビニに置いてある「マルチコピー機」です。


進化し続けるマルチコピー機


ネットショップに物を売るので身分証のコピーが必要だったり、たまにFAXを送らないといけなかったりと、多くの人はコンビニのコピー機をシンプルに使っているはずです。ところが、「マルチ」と名が付くだけあって、コンビニのコピー機は今とてつもなく多機能になっているのをご存知ですか。


141211conv_print_2.jpg


中でも、全国約27000店のサークルK・サンクス、ファミリーマート、ローソン(※50音順)に設置されているシャープ製のマルチコピー機がすごい。実はコピー機ってメーカーによって「できること」が変わってくるのです(機能一覧はこちらのページより)。

特に際立つのが写真プリント。「コピー機で写真プリント?」とあなどるなかれ。画質も必要十分の仕上がりですし、スマートフォンに入った写真をWi-Fiで飛ばしてプリントできたり、FacebookやInstagramにある写真をアプリ経由で印刷できたりと、スマートデバイスやインターネットとの連携でより手軽に使えるようになっているのです。

それでは以下、シャープ製マルチコピー機のたくさんある機能から、これを覚えておくと仕事や生活、記念日などで役立つ!と思うものを取り上げていきます。


出先や出張先で資料を印刷。A3対応でプレゼンも◎


まずは基本の印刷機能ですが、今では複数の方法で印刷するデータを事前に転送できるようになっています。「ネットワークプリントサービス」を利用するには、事前にウェブ上からファイルを登録しておく、専用ドライバをインストールして「印刷」ダイアログから選択して登録する、またはスマートフォン専用アプリ『ネットワークプリント』から登録する方法があります。画像ファイルやPDFはもちろんのこと、Microsoft Word、Excel、PowerPointといったOfficeファイルも対応しています。

スマートフォン内にある写真やPDFは、専用アプリ『PrintSmash』を使えば、無線LAN経由でデータを送信し、印刷できます。


141211conv_print_3_2.jpg


また、上の画像のように、USBメモリやSDカードをコピー機に直接挿してPDFファイルを印刷することもできます。そう、このマルチコピー機での印刷に助けられるようになってから、USBメモリがまた活躍しています。入れておいたPDFファイルや写真を印刷できるだけでなく、コピー機をスキャナーとして使って、資料をJPEGまたはPDF化して保存することも可能。出かける前にバックアップとしてUSBメモリにデータを保存しておけば「得意先に資料を追加して持っていかないといけない!」といった緊急時でも、わざわざ会社に戻ったり、電話をかけて同僚に頼んだりせずとも、焦らず対処ができるわけです。

クラウドサービスの登場以降、少しおとなしい印象のUSBメモリですが、最近では16GBや32GB容量のものが1000円前後で買えるほど手頃になっています。使わなくなって転がっているものが家に1本くらいあるかもしれません。二重三重のケアで、スマートな対応をしていきましょう。


転職活動の味方!履歴書や証明写真もコンビニプリント


141211conv_print_8.jpg


私も転職を経験していますが、就業しながらの転職活動って、なかなかスケジューリングが大変なんですよね。面接の日程が急に決まったり、買い置きの履歴書や証明写真のストックが切れていて慌てたり...そんなときも、マルチコピー機が転職に励むあなたをサポートしてくれます。

マルチコピー機には楽譜や新聞、地図、アイドルやスポーツ選手のブロマイドなどを印刷して買える「コンテンツプリントサービス」があり、この中に履歴書と証明写真も用意されているのです。

しごとナビの履歴書印刷」は、PC上で会員登録後、事前に履歴書/職務経歴書のデータをページ上で作成・保管すれば、いつでもマルチコピー機から印刷できるサービス。A4かA3用紙で、モノクロまたはカラー印刷から選べます。また「コンビニ証明写真」は、撮った写真を履歴書や資格試験、免許の更新時などに使える証明写真サイズで印刷できるサービス。1シート(3枚)で200円と、証明写真機などより低価格なのも魅力です。

両方のサービスともに24時間365日(※)利用できるので、急な面接のスケジュールが入っても安心。さすがに現職の会社ではプリントしないとは思いますが、こっそりと転職活動を進めたい方にもオススメの機能といえます。(※利用できない店舗が一部あります)


「記念日フォト」をその場でプレゼント


141211conv_print_7_2.jpg


さて、証明写真が出てきたところで、前述した通り、シャープのマルチコピー機は「写真プリント」に強みがあります。強みの1つは印画紙の大きさ。2L判(127×178ミリ)の大きさで印刷できるのはシャープ製のマルチコピー機だけの魅力です。その魅力を活かす使い方として「飲み会や結婚式の写真を撮り、すぐに印刷して手渡す」のはいかがでしょう。


141211conv_print_6.jpg

シャープ製のマルチコピー機を120%楽しむための「3種の神器的」アプリ


ここで役立つのが『BiziCard』。スマートフォンやSNS上にアップした写真をレイアウトでき、マルチコピー機で手軽にプリントできるアプリです。たとえば、結婚式の二次会に移る間にコンビニへ立ち寄って、Instagramにアップした新郎新婦の写真をプリントして手渡す...というように、身近にある「コンビニのマルチコピー機」だからこその機動力ある使い方がぴったりといえます。同窓会で撮った記念写真をカレンダーにレイアウトして、解散するときに配るなんていうのもアリですね。

パーティのあとにFacebookのアルバムにまとめてアップするのもいいですが、「今ここで手渡すからこその感動」が与えられるのは印刷物ならではの魅力。結婚式フォトなら、裏面に参加者から祝福の寄せ書きを集めるなどすると、さらに思い出深い一枚になるでしょう。リアルな「いいね!」がもらえること、うけあいです。


ひと味変わった「動く写真」付き年賀状で、新年のご挨拶


141211conv_print_9.jpg


年賀状の準備はもう済みましたか? まだであれば、今年は一風変わった「動く写真」付きの年賀状もご検討を。ARアプリ『Clip』(iOSAndroid対応・無料)は、いうなれば「ビデオレターを印刷して送れる」アプリです。動画から切り出した静止画を写真としてプリントし、写真上に書かれたQRコードを『Clip』で読み取ると、スマホの画面上で動画が動き出し、音声も再生されるという仕掛けです。下記の動画を見ていただければ、その仕組みがわかりやすいでしょう。



『Clip』を使ってマルチコピー機でL判サイズ(89×127ミリ)の写真を印刷、あとはそれをはがきに貼り付ければ、お手製の年賀状が出来上がり。アプリやテクノロジーが好きな人にはもちろん、言葉や写真だけでなく動画でも気持ちを伝えたい!という相手にぜひ。


忙しい時ほど助かる!住民票の写しや戸籍証明書を入手


141211conv_print_4.jpg


引っ越しやパスポート取得など、必要になる各種証明書。発行される場所や時間が限られていることもあって、仕事の合間を見てもなかなか取りにいけない...ということも多いでしょう。そんなとき、住民基本台帳カードを持っていれば、マルチコピー機から証明書を発行できるのです。

発行できるのは住民票の写し、住民票記載事項証明書、印鑑登録証明書、戸籍証明書、戸籍附票の写し、税の証明書など。役所の窓口で待つ必要がありませんし、なによりサービス提供時間も午前6時半~午後11時(12月29~1月3日を除く)と長いので、好きなタイミングで取りにいけるのは嬉しいですよね。

ただし、現状で利用できるのはコンビニ交付サービスを提供している市区町村に限られます。詳しくはお住まいの市区町村窓口にご確認ください。また、サービス提供時間は市区町村により異なる場合もあるようですので注意。しかし、これはぜひ全国の市区町村で実施してほしいところです。


アイデアと使い方次第で頼れる、楽しめるマルチコピー機


141211conv_print_5.jpg

プリントを待っている時の「まちがい探し」が地味に難しくて燃える...


自宅にあるプリンターは、いざ使いたいときに不調が起きたり、インク切れになってしまったりと、緊急時のエラーがコワイもの。それに比べ、コンビニのマルチコピー機であれば安心して使える上に、全国どこでも対応できるのが魅力です。たまにしかプリンターを使わないようであれば、いっそ自宅のプリンターをなくして切り替えるのも、片付けのきっかけになってよいかもしれません。

ビジネスパーソンならば「仕事に使えるツールの1つ」として頭に入れておくと救われるシーンもあるでしょうし、何より今回取り上げたシャープ製のマルチコピー機ならではの魅力である「写真プリント」の強みは、アイデア次第で楽しみ方が広がっていく機能でしょう。

全国に約27000店あるサークルK・サンクス、ファミリーマート、ローソンに立ち寄った際には、「これがライフハッカーの記事で読んだコピー機か」と思い出していただきつつ、いろいろと触ってみたり使ってもらえたりすれば嬉しいです。きっとあなたにとっても、頼れるパートナーになってくれるはずですよ。


コンビニでの複合機サービス|シャープ
コンテンツプリントサービス|シャープ
BiziCard
Clip(iOSAndroid対応・無料)

(長谷川賢人)
Photo by Thinkstock/Getty Images.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.