• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,  10:00 PM

英国のスタートアップが人材獲得で過熱、給与が高騰している

英国のスタートアップが人材獲得で過熱、給与が高騰している

141203startup_salaries.jpg


米国のスタートアップ企業が、最高の人材を確保するために熱い戦いを繰り広げているのは周知の事実ですが、英国のスタートアップ向け採用イベント会社の「Silicon Milkroundabout」と求人検索エンジンの「Adzuna.co.uk」の最近の発表によると、英国の雇用状況も米国と同様に沸騰寸前です。


この調査のために、前述の2社は50万件もの求人広告を詳細に調べ、160社以上の英国のスタートアップを調査し、創業まもない企業が求める具体的な人物像および2013年と比較した給料動向について把握しました。さて、その内容は? スタートアップ企業による求人は今年80%上昇し、英国中では8554件の求人が創出されました。

「このデータは、ここしばらく私たちが抱いていた予感を裏付けるものです。つまり、英国のテクノロジー業界は急成長中なのです」とSilicon Milkroundaboutの創設者グループの1人であるPete Smithはコメントしています。


キャッシュが増え、高騰する給与


その他の兆候に加え、雇用データは先駆けて、英国のテクノロジー業界が急速に時流に乗っていることを示しています。そして、米国の投資家の関心もますます高まっています。たとえば、ロンドンの送金サービス会社であるTransferWise が、同社の直近の資金調達ラウンドで10億米ドル近い評価を受けたことが先日報じられました。

英国スタートアップの成熟しつつある環境が利益を増加させるとともに、このキャッシュの流入を後押ししています。そしてそのキャッシュは、最高の人材を呼び込むための報酬アップに使われています。

創立間もない企業は現在、テクノロジー業界の平均よりも高い報酬を提示しています。平均と比べると、スタートアップで働く開発者は26%、マーケターは7%、営業/事業開拓従事者は12%多く稼いでいます。

「この新しく発表された数値は、英国の技術系スタートアップ企業が、雇用を加速させ、トップの給与水準と合わせて、わくわくするような高成長のチャンスを提供してくれることを示しています」とAdzuna.co.ukの創立メンバーの1人であるAndrew Hunterは述べています。さらに彼は、「シリコンバレーやニューヨークで見られるような、資金が潤沢で収益率も高いスタートアップは、競争条件を対等にしてきており、最高の人材をめぐって大都市や大手のテクノロジー企業と真っ向から戦うことができるようになりました」と続けています。

たしかに多くの英国のスタートアップが既存企業と賃金面で戦えるようになりましたが、それでもスタートアップに過ぎず、設立間もない若い企業が求める奇抜な特徴も存在します。この調査研究で、一般的ではない採用条件も数多く明らかになりました。例えば、「ビール好きであることが必須(Craft Rebellion)」、といった条件や、スタートアップらしい特典(SwiftKeyではコメディアンStephen Fryとのランチタイムトーク)などです。

もしそういった条件があなたにとって魅力的で、かつあなたがテクノロジー、マーケティングもしくはビジネスに精通した英国人なら、英国のスタートアップに目を向けてみるのも悪くはないでしょう。そこにはたくさんの求人があり、スタートアップらしい奇抜さがあり、市場平均より高い給料までついてくるのですから。


Startup Jobs and Salaries Are Booming in the U.K.|Inc.

Jessica Stillman(訳:Conyac
Photo by ShutterStock

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
 
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.