• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matonomatono  - ,,,  09:00 PM

成功の秘訣は「目標をつくるのではなくシステムを使う」こと

成功の秘訣は「目標をつくるのではなくシステムを使う」こと

141202scott_adams.jpg


アメリカの人気コミック『ディルバート』の作者として知られるスコット・アダムスさんは、ビジネス系の作家やコメンテーターとしても成功しています。通信会社Pacific Bell(現AT&T)に勤めていた9年間が、彼の漫画のキャラクターに影響を与えました。アダムスさんは当時、平日は会社で仕事をし、夜と週末に漫画を描いていました。これまでに、米紙ニューヨークタイムズのナンバーワンベストセラーになった『ディルバートの法則』や『ディルバートの未来予測』を含む、多数の本を出しています。


私は最近、単行本の『How to Fail at Almost Everything and Still Win Big』を出版準備中のアダムスさんにインタビューをする機会がありました。この本は、1976〜1986年にPacific BellやCrocker National Bankに勤めていた会社員時代に発見した、物事の本質について書かれています。"複雑なことをシンプルにする"という特殊な能力に従って行動しているうちに、アダムスさんは「目標ではなくシステムを使う」ことの重要性に気づいたと書いています。


目標を設定することで起こる問題


多くの専門家は、成功するためには目標を設定するのが重要だと思っていますが、アダムスさんは違うアプローチをします。アダムスさんによると、目標を設定すると精神的に自分をしばりつけることになり、失敗するかもしれないという潜在意識が生まれるのが問題だということです。


10ポンド(約4.5kg)痩せるという目標を設定したら、少しずつ痩せていたとしても、目標にはるか及ばないせいで、毎朝挫折感を味わうかもしれません。これではやる気が失せてしまいます。私は目標ではなく、システムを使うことをおすすめします。


例えば、体重を減らしたいときは、健康的に痩せるのにふさわしい食事について知ることに時間をかけたほうがいいと、アダムスさんは言います。そうすれば、段々と適切な食事を選ぶようになっていきます。何が何でも目標を達成しようとするのではなく、意志の力に頼らずに理論で対応できるようになります。


意志の力には限界があります。限りある資源を常に使い続けなければならないような、失敗を積み重ねるやり方を選ぶのはやめましょう。


情熱や意志力に頼らない


また、アダムスさんは、成功するためには情熱が非常に重要だと考えられているのも問題だと言います。億万長者になった起業家は、成功したのが先で、情熱は後からついてきているとのことです。


誰かに10億円をあげたら、当然その人は情熱を燃やすでしょう。情熱は意志力と同じで、一種の"まやかし"のようなものです。"まやかし"については慎重に取り扱わなければなりません。


アダムスさんは、情熱や意志力ではなく、成功する確率を最大限に上げるようにすることを勧めています。運も大切ですが、最初は運が自分を見つけてくれるように、正しい位置にいることが大事です。例えば、雷に打たれたいのであれば、室内にいてはダメです。外に出て、避雷針に近付いたり、山の上に登ったりして、ようやく雷に打たれることができます。これがアダムスさんの言っている「システム」です。これは起業家精神にも当てはまります。


「ピボット」の考え方は、行動におけるシステムです。スタートアップ企業は特定の目的を設定しますが、目的に向かう途中で、起業家は自分のアイデアを売り込むことに意志力を使うのをやめました。もっとふさわしい製品があるかもしれないと気付いたのです。彼らは解決法を追求し、そして、何かをやろうとし続けていたら、それがとても人気が出るかどうかに気づくと分かったのです。システムによって彼らは変わりました。


アダムスさんの経験


アダムスさんいわく、人生の大半は数学です。数学はできるようになっておいた方がいいです。専門家には必要なスキルと経験が必要とされ、求められている成功をするためにスキルと経験を使います。アダムスさんは仕事の経験を積むうちに、それが真実だと気付きました。書くというスキルを使い、それにソーシャルメティアマーケティングやSEOの知識を組み合わせました。知らない人に出会いたいという自分の欲求も加わって、人前で話すようになったら、独自の組み合わせによって成功することができました。

アダムスさんは、自身の次のベンチャー企業、カレンダーアプリの『CalendarTree』で、この教訓を活かしています。このアプリでは、すべてのイベントを1つのリンクで送ることができるスケジュールが作成できます。受信者がリンクをクリックすると、すべてのイベントが1度で自動的にカレンダーアプリに反映されます。漫画家、作家、講演者、起業家などの仕事を通して、アダムスさんは、目標ではなくシステムに重きを置いた方が成功できるということを証明したのです。


Dilbert's Scott Adams on Why It's Better to Have a System Than a Goal|Inc.

John Boitnott(訳:的野裕子)
Photo by ShutterStock

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
 

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.