• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

itou  - ,,  01:00 PM

モバイルオフィス対決!Microsoft Office vs. Googleドキュメント

モバイルオフィス対決!Microsoft Office vs. Googleドキュメント

20141118-mobileoffice01.jpg


今年、Microsoftが『Office』のiPad、iPhoneアプリをリリースしました。Androidアプリはまだプレビュー版ですが、すべて無料で使えます。一方、『Googleドライブ』とその関連のオフィス系アプリも進化を続けています。

モバイル端末で事務作業をする機会はあまりないかもしれませんが、どうしても必要な時もあります。スマートフォンやタブレットで簡単な書類を作成したり、表計算ソフトで支出管理ができたら便利です。では、MicrosoftとGoogle、どちらのモバイル版オフィスアプリが使いやすいのでしょうか?

単純に機能数を比べるのはナンセンスです。外出先でよくありそうな使い方において、両者の利便性を比較すべきでしょう(Androidアプリもテストしましたが、ほとんどの機能はiOSと同じでした)。


第1ラウンド:履歴書を書く(Word vs. Googleドキュメント)


20141118-mobileoffice02.png


履歴書の作成には、オフィスアプリが欠かせません。履歴書は、適切な書式設定やレイアウト調整が必要となります。両者のモバイルアプリでは、どこまでのことができるでしょうか?


Word

モバイル版『Microsoft Word』は、おそらくあなたが必要とする以上の書式オプションを備えています。デスクトップとまったく同じかは不明ですが、モバイル版Googleドキュメントよりオプションが多いのは間違いありません。Wordでは次の書式設定、操作が簡単にできます。

  • フォントサイズと色
  • 注釈
  • 改ページ
  • 段組み
  • 画像のドラッグ&ドロップ
  • ページの余白

毎回、ここまでの機能は必要ないでしょうが、あると重宝します。また、操作性もGoogleドキュメントより優れています。タブのあるリボンスタイルのツールバーは、使いたい機能を探すのも簡単。一方、Googleドキュメントはアクションバーにボタンが何個かあるだけです。


Googleドキュメント

『Googleドキュメント』の最大の特長は、共同編集機能です。履歴書は個人的なものですが、人からアドバイスをもらうのも大切。Googleドキュメントは、複数人で同時に編集できるだけでなく、テキストにコメントをつけたり、オーナーの承認があるまで変更が保存されない「ソフト編集」機能を備えています。

モバイル版Docsの短所は、ウェブ版に比べて機能が少ないことです。画像の追加などの基本機能さえ、モバイル版にはありません。テキストを太字にしたり、フォントサイズを数種類から選べればいいという人はGoogleドキュメントで十分ですが、多くの人にとってはWordのほうが使いやすいでしょう。

判決:Wordは驚くほど多機能なモバイルアプリです。共同編集こそはGoogleドキュメントに負けますが、プロフェッショナルな編集機能が十分にそれを補っています。書式設定、画像追加、Dropbox対応など、あらゆる面でWordのパワフルさが際立ちます。もっとも、単純な作業で十分なら、Googleドキュメントがとっつきやすいでしょう。


第2ラウンド:予算計画の作成(Excel vs. Googleスプレッドシート)


20141118-mobileoffice03.png


表計算ソフトはシンプルな表の作成から、かなり複雑なプログラムまで、さまざな用途に使えます。今回は、基本中の基本、「予算計画」の作成で比較してみます。


Excel

Microsoftは予算計画のテンプレートをいくつも提供しており、クレジットカードの支払いから、クラスの受講計画、ルームメイトとの光熱費の分担など、さまざまな管理業務に使えます。もちろん、使い方に合わせてカスタマイズが必要ですが、最初の労力はずっと軽くなります。

『Excel』は、Wordと同じくリボンスタイルのインターフェースを備え、豊富な機能に簡単にアクセスできます。関数もカテゴリで整理され、関数名を知らなくてもドロップダウンからスムーズに選んでいけます。また、テキストの色や書式も豊富に選べて、シートを華やかにできます。また、画像やテキストボックス、チャートの追加も可能です。


Googleスプレッドシート

モバイル版『Googleスプレッドシート』はExcelと比べてオプションがかなり少なめです。セルに関数名をタイプし始めれば自動補完してくれますが、関数を選ぶためのメニューやリストはありません。つまり、あらかじめ関数名を知っていないと使えません。

また、Googleスプレッドシートは、セルの色や、フォントサイズなど基本的な書式は設定できるものの、チャートや画像の追加は不可能。既存シートの閲覧には使えますが、作成には向いていません。

判決:Microsoft Excelの勝ちです。機能の差は歴然。Googleスプレッドシートは、既存のシートを閲覧するだけならOKです。Excelは、デスクトップアプリに匹敵する機能を備えており、bluetoothキーボードとマウスを接続すれば、デスクトップと全く同じように使えます。


第3ラウンド:プレゼンテーション(PowerPoint vs. Googleスライド)


20141118-mobileoffice04.png


一般の人にとって、プレゼンは毎日するようなものではありません。とはいえ、いざというときに、優れたプレゼンツールを持っているかが、ビジネスの成否を分けることも。こんどはプレゼンツールで比較してみましょう。


PowerPoint

モバイル版『PowerPoint』は、編集作業がとても簡単です。テキストボックスをタップして編集、ドラッグで移動、リボンスタイルのツールバーから画像や表を追加できます。また、トランジションや、プレゼン中に見る自分用のメモも追加できます。

スライドショーのプレゼンにはスクリーンミラーリング・モードが最適ですが、モバイル版にはその機能はありません(おそらく、ほとんどのタブレットにはHDMI出力がないため)。とはいえ、スクリーンキャスティングなどの技術を使えば、スマートフォンやタブレットの画面をスクリーンに映し出すことができます。

PowerPointには情報を強調表示する機能もあります。長押しとドラッグで、「レーザーポインター」モードになり、タブレット上でタッチした箇所が、スクリーン上で赤い丸で囲まれます。また、蛍光ペンを使えば、スライドのテキストをリアルタイムで強調表示できます。


Googleスライド

残念ながら『Googleスライド』はやや機能不足です。スライドの閲覧は可能ですが、編集はほとんどできません。画像やテキストボックスの追加もできません。既存のテキストボックスの編集は可能ですが、それだけです。あなたがスマートフォンかタブレットしか持っていないなら、基本的なスライドショーも作れないということ。少しがっかりです。

プレゼンテーションの再生はそれなりですが、理想的とは言えません。プレゼンテーションモードでは、スライドの上に白いアクションバーが表示されますが、テキストや画像にかぶってしまうことも。PowerPointのように情報を強調表示する機能もありません。スライドを前後にスワイプできますが、それだけです。

判決:残念ながら、比較するほどのこともありませんでした。Googleスライドは、単体で見てもイマイチなアプリです。あえて比較すればその差は歴然。PowerPointの方がはるかに優れています。


ボーナスラウンド:クラウドストレージ


20141118-mobileoffice05.jpg


『Googleドライブ』もMicrosoft Officeも、標準でクラウドストレージと連携しますが、違いが少しあります。Googleでは、Googleドライブの使用が前提となっており、普通に使っているだけで、自動的にクラウドにバックアップされます。保存先はGoogleドライブでOKという人には、すべて自動でやってくれるので楽ちんです。

一方、『Microsoft Office』は保存先を選択できます。Googleドライブは選べませんが、DropboxやOneDrive、それにローカルストレージも保存先に指定できます。プライバシーポリシーが厳しく、ファイルをクラウドに保存できないケースもあります。ローカル保存が選べるOfficeはその点でも優れています。

Officeの欠点は、意識的な保存操作が必要なところ。Googleはすべての変更を自動保存してくれます。Microsoftは自動リカバリー機能こそはありますが、自動保存はしてくれません。


最終判決


全体として、『Microsoft Office』のほうが優れています(とくにプロフェショナルな編集には)。デスクトップの代わりになるほどではないにせよ、十分にパワフル。さすがのGoogleも勝てません。

『Google Docs』は、既存のドキュメントを閲覧するには優れたアプリです(もっとも、モバイルアプリの使い方としては閲覧がメインかもしれませんよね)。とはいえ、デスクトップ版に比べると、改善の余地がありすぎる印象。モバイル版Officeのパワフルさを知れば、Docsを使う理由を探すのが難しくなります。


Eric Ravenscraft(原文/訳:伊藤貴之)


  • ,,,, - By

    友清哲

    LIKE

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    Sponsored

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    商品名を明かさずに100万本を無料配布するという、あまりにも大胆なキャンペーンが話題を集めた新しい「KIRIN FIRE」。 キャンペーン期間中、 中身を知らずに飲んだ人々の感想が、「#ジャッジしてみた」というハッシュタグとともにネット上に拡散していたことを、覚えている人も多いのではないでしょうか。 9月14日より、全国7都市で「100万本シークレットサンプリング」が行われました。 培ってきたブ  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.