• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,,,  06:00 PM

テクノロジーの進化とともに、ストレスレベルが上がった理由

テクノロジーの進化とともに、ストレスレベルが上がった理由

141201workplace_stress.jpg


テクノロジーでも、マネジメント哲学でも、経済でも、進歩に大切なのは、人をより幸せにするということです。ただ、派手で新しいガジェットを使いたかったり、会社の組織を再編したかったり、GDPを増やしたいだけの人はいません。理論上は、人類全体を悩ます問題が減り、より多くの人が豊かになるはずなので、そのようなものを求めていると思われています。


では、ここ数十年の間に仕事で経験した、急速で劇的なすべての変化が、この基本的な目標を達成したと言えるでしょうか? iPhoneやノートパソコン、上下関係のないチーム、イノベーションを誘発すると言われてきたものごとによって、仕事の満足度が上がっているでしょうか?

個人的には、この質問は個々人が答えなければならないものだと思いますが(それに、それぞれの性格や、どのような仕事をしているか、どのような会社や職場で働いているかによって、かなり変わると思いますが)、仕事は良くならずにどんどん悪くなっていると心配になっているなら、少なくともそれはあなただけではありません。最近、ペンシルバニア大学ビジネススクールの「Knowledge@Wharton」に載っていた悲観的な記事で、同じように考えている専門家の意見をまとめていました。

教授や作家の意見をまとめると、「世界的な競争や人員削減、パソコンによって職場に一定時間つながれている状態が組み合わさって、ストレスレベルはかつてないほどに上がっている」のだそうです。


なぜそんなにストレスがあるのでしょう?


私たち自らが使うことを決めているテクノロジーによって、かなりストレスがたまっていると、その記事は断言しています。ウォートン・スクールの経営学教授であるStewart Friedman氏は、このように言っています。


この50年で見ても、人間はより多く働くようになり、起きている間に仕事や仕事関係の決断をしている時間はより長くなっています。テクノロジーがあらゆるところで使え、24時間365日連絡ができるようになったせいです。


しかし、これはテクノロジー自体の問題というより、テクノロジーを使うことによるストレスだと指摘しています。そしてこのように付け加えています。


ほとんどの人は、このようなツールとともに育ったわけではなく、仕事とプライベートの境界をきちんと分けることが今でもまだ不慣れなところがあります。新しいスキルを身に付けているようなものなのです。


つまり、テクノロジーは、慣れてしまえば基本的にはストレスを感じにくいものですが、慣れるまではストレスがあるということです。

しかし、問題はテクノロジーだけではありません。管理職などへのアドバイスをしているJ.P. Pawliw-Fry氏と共著で、『Performing Under Pressure:The Science of Doing Your Best When It Matters Most』を書いた心理学者のHendrie Weisinger氏は、最近増えつつある知識を共有する働き方も、多くの人にはストレス要因になっていると言います。


製品を生産することに重きをおいている製造業のビジネス文化から、対人中心のビジネス文化へと変わってきたために、成功が相手に左右されるようになってきました。しかし、相手のことは自分ではコントロールできません。


調査によって、ストレスは人から人へと感染するもので、風邪のように会社に広がることが分かりました。ウォートン・スクールのもう1人の経営学教授であるSigal Barsade氏は、このように説明しています。


「同僚の女性がストレスの原因なんです」という状態ではありません。相手がストレスを感じているのを、感じているのです。


どうすれば未来は明るくなるのでしょう?


その非常に長い記事は、アメリカの労働者のストレスレベルがいかに上昇しているかということを証明する数値や研究結果で埋め尽くされていました。このような不安要素は生産性にも関わってきますが、内容は暗く鬱々としたものだけではありません。このような増え続けるストレスに対抗する方法もありますし、次の10年では蓄積されていた職場のストレスが下がり始めるだろうというかすかな希望もあります。Friedman氏はこのように言っています。


若者は違う関係を求めています。より多くの人たちが仕事とプライベートの境界線を引き、両方の目的を見つけるにつれて、(ストレスの)振り子は押し戻されるような状況になっていくでしょう。


仕事のストレスが増え続けているというのは本当だと思いますか? それはすぐに改善すると思いますか?


Are We Living in the Golden Age of Workplace Stress?|Inc.

Jessica Stillman(訳:的野裕子)
Photo by ShutterStock

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
 
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.