• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

傍島康雄  - ,,  06:45 PM

まだまだいける? ネットブックをレストアして活用しよう!

まだまだいける? ネットブックをレストアして活用しよう!

141130_restore00.jpg


原稿やブログを書くのにキーボードがあると便利なので、10インチ程度の大きさで、手軽に持ち出せるクラムシェル型のノートPCが欲しいのですが、タブレット全盛で、全滅といってもよいほどです。

その昔に流行ったネットブック「ASUS EeePC 1000H」くらいの大きさのPCが私にとってはベストですが、現行機種では選択肢が多くありません。そこで、手元にあるEeePC 1000Hをレストアして、どこまで使えるのか試したのでご紹介します。


メモリとHDDを強化する


EeePC 1000Hのスペックは、CPUがIntel Atom N270 1.6GHz、メモリが1GB、HDDが160GB SATAです。まずやったのは、メモリ増設とSSDへの換装です。メモリは、上限の2GBまで増設します。SSDは、手頃な価格の64GBを選択しました。それぞれの価格は、メモリが3800円、SSDが5300円です(ともにAmazon.co.jp)。


141130_restore01.jpg


元のHDDからSSDへの移行は、ライフハッカーの「Windowsを再インストールしないでHDDからSSDに移行する方法」で紹介された「EaseUS Todo Backup Free」を使いました。メモリ増設とSSDの換装は、裏ブタを外す必要があるので、SSDへの移行をした後で、作業をすると効率よく進められます。


Windows 8.1にアップグレードする


もうひと工夫します。プリインストールOSはWindows XPなので、これをWindows 8.1にアップデートします。理由は、古いXPを使い続けるのに不安が残るのと、Windows 8.1は、1GBメモリ搭載のタブレットも動作対象としているので、「XP並かこれ以上に快適に動作するかも」というもくろみがありました。

Windows 8.1は、ドライバー周りでのトラブルを避けるために、クリーンインストールしました。また、古いPCに新しいOSをインストールする時は、対応ドライバーがあるか不安になりますが、意外にも不明なデバイスとして認識されたものはありませんでした。


使い勝手は?快適になった?


Windows 8.1は、起動時間の短縮やメモリ消費削減の工夫がされているためか、Windows XPと遜色ないか、むしろ快適に使える印象で、原稿やブログを書く程度であれば十分使えます。


141130_restore02.jpg


メモリ消費の削減に関しては、以下のサイトに解説があります。

Windows 8 におけるランタイム メモリの削減 - Building Windows 8 - Site Home - MSDN Blogs

もともとCPUがパワフルではないので、待たされることもありますが、これは使い方と割り切り次第です。ただし、画面解像度がWindows 8の最低要件である1024x768を下回っているので、ストアアプリが使えません。ただし、デスクトップアプリは問題なく動作するので、利用はこちらがメインです。

となれば、より快適に使えるように設定します。

デスクトップアプリの利用がメインなので、スタート画面を経由せずにデスクトップを表示するように設定します。タスクバーで右クリックをして、「タスクバーとナビゲーション」のプロパティを表示します。「ナビゲーション」タブの「スタート画面」グループにある「サインイン時または画面上すべてのアプリを終了したときに、スタート画面ではなくデスクトップに移動する」をチェックします。もうひとつ、「スタート画面への移動時にアプリビューを自動表示する」もチェックします。これで、スタート画面をランチャー変わりとして使えます。


141130_restore03.jpg


快適になった以外にもメリットはありました。

まず、IE11が使えることです。XPでは、デキがいまひとつのIE8止まりです。ChromeやFirefoxの選択肢もありますがリソースが潤沢ではないPCでは、IEが最も動きが良いと感じます。もうひとつ、XPで動作しないアプリが出て来ているので、これが使えるようになりました。


コストパフォーマンスはどう?


メモリとSSDの合計額が1万弱、これにOSの1.3万円が加わると、合計で2.3万円ほどの出費が必要です。一番高価なOSを持っているのであれば、1万円を切る価格でネットブックをレストアでき、まずまずのコストパフォーマンスと言えます。しかし、すべてそろえる必要があるのであればオススメできません。ASUS X200MAなら3.7万円で購入できるので、これを選ぶほうが賢明です。

レストアしてみた感想ですが、古いネットブックがここまで使えるようになったのは正直驚きです。また、いろいろと言われるWindows 8ですが、よく出来たOSだと実感しています。レストアには、そこそこの時間が必要です。興味のあるかたは、冬休みのネタとして、いまから準備をしてトライするのはいかがでしょうか。

(傍島康雄)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.