• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

印南敦史  - ,,  07:30 AM

「最悪」を「最高」に変えるための、ものの見方

「最悪」を「最高」に変えるための、ものの見方

141127book_to_read.jpg


人生を退屈にするか、面白くするかは、「現実」が決めるのではありません。
「考え方」が決めます。(「プロローグ」より)


そして、人の心の流れは「出来事」→「思考」(考え方、捉え方)→「感情」→「行動」→「相手の反応」→「結果」という順序で流れて現実に影響を与えるもの。つまり「結果」を変えたいなら、この流れのどこかを変えればいい。そして、起きた出来事をどう捉え、どう考えるかという「思考」が変わると、「感情」に変化が起き、「行動」に違いがあらわれ、「相手の反応」が変わり、「結果」(現実)が変わっていく。

そう主張するのは、『ものの見方検定――「最悪」は0.1秒で「最高」にできる!』(ひすいこたろう著、祥伝社)の著者。心理カウンセラー資格を持ち、『3秒でハッピーになる名言セラピー』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)などのベストセラーを生み出してきた人物です。

とはいえ、私たちはついマイナス方向に考えがち。そこで、第4章「マイナスがプラスに反転する見方」からヒントを探し出してみましょう。


「思い通りにいかないとき」の見方


人は「お金がないからできない」「コネがないから無理」「不況だからできない」など困難な条件をあげ、できない理由を説明しがち。つまり、思い通りにいかないことを嫌うわけです。でも、思い通りにいかないからこそ、おもしろい。著者はそう見ています。先が見えないことに挑戦するときには不安が伴うもの。でも、不安のあるところに、未知なる可能性もあるという考え方。

そこで著者は、その状況をゲームとして捉えることを勧めています。ゲームにすれば、困難も困難でなくなるという発想です。


まずは理想を描くんです。行きたいゴールを決める。やりとげたいミッションを決めるのです。(中略)すると、あとは困難は向こうからやってきてくれますので、それらをひとつひとつ乗り越えていくだけです。(165ページより)


そして、ゲームをおもしろくするには、2つの要素が必要だとも主張しています。まず、是が非でもたどり着きたいゴールを決めること。しかし、それだけではゲームはおもしろくならない。そこで必要になるのが敵(障害)。現実に当てはめればイヤな上司だったり、ライバルだったり、お金がないことだったり、スタッフがいないことだったり、立地が悪いことだったり。これらの障害こそゲームをおもしろくしてくれる「設定」であり、どう乗り越えるかがゲームのおもしろさだというわけです。(155ページより)


「寂しい」の見方


「自分はまわりから必要とされていない」というような寂しさは、ときとして人を追い込みます。しかしそんなときは相手に具体的な頼みごとをし、「自分は必要とされている」と感じさせることが大切だと著者は記しています。

その感覚が、男性の場合は「誰かの役に立っている」という実感を求めることにあらわれ、女性の場合は、「大切にされたい、愛されたい」という思いにあらわれるのだとか。どちらにしても、人と人とのつながりのなかに大きな幸せがあるということです。孤独とは、つながりを感じられない状況なので、「役割」を思い出せばいい。

「役割なんてわからない」という人には、最適のレッスンがあると著者はいいます。まず、鏡を5枚買って部屋でよく見る場所にかける。そして鏡に目が行くたびに、ニッコリ微笑む。素敵な笑顔が出るようになると、次第に頼まれごとがやってくるそうです。そして次第に、頼まれることに傾向が生まれてくる。その傾向こそが、自分にピッタリな役割なのだということです。(166ページより)


「空腹」の見方


100%の的中率を目指していた江戸時代の観相師(からだの相による占い師)である水野南北。彼が最終的にたどり着いた結論は「相」ではなく「食」だったというエピソードを、著者はここで取り上げています。つまり「小食」こそ唯一の開運の法則であり、運を高める奥義だということ。「空腹の時間」と「運勢と健康」は比例するということです。


小食にするレッスン
1.「いただきます」と食材に感謝していただく。食べ終わったら、「ごちそうさま」と感謝で終える。
2.箸で1回にとる量をできるだけ少なくする。
3.口にしたものは、よく噛んで味わう(できれば30回以上)
4.一口、口に入れたら箸を箸置きに置くクセをつける。
5.習慣が根付くとされる21日間、これらのことを実行する。
(182ページより)


著者はこの項を、「食べ方は、生き方です」と結んでいます。(174ページより)


「もうムリ・不可能」の見方


夢に向かう人ほど、「無謀だ」「無理だ」「現実を見ろ」といわれるもの。しかし、「希望」を見たいからこそ、自分を信じることが大切。そして「無理」「できない」と追い込まれたとき、自分に問うべきは「もし、できるとしたら、なにをすればいいか?」ということだといいます。できる前提で考えるということ。

そして、いますぐできる小さなことを100個ノートに書き出し、かたっぱしからやってみる。できる前提で考え、無理なくできる小さな一歩を踏み出し続ける。そうすれば、新しい自分に出会えるといいます。(184ページより)



このような見方や考え方を、実際にはクイズ形式で紹介しています。だから、無理なく頭に入ってくるはず。「最悪」を「最高」にするために、読んでみてはいかがでしょうか?

(印南敦史)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.