• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,  08:00 AM

お値段以上? 着る毛布を超えた、着るこたつ

お値段以上? 着る毛布を超えた、着るこたつ

141119roomie_kotatsu_1.jpg


roomieより転載:こたつの中で暮らしたい!を実現しました。

遂に東京でも最低気温が10度を切り、そろそろ暖房器具たちも本領発揮する季節。暖房器具の中でも日本人の心の友と言っても過言では無いのがこたつ。こたつとみかんは日本の心です。

「猫はこたつで丸くなる」と言いますが、人間だって冬になればまるでこたつの一部のように、こたつから出たくない!と思うのが常。ならば「身にまとうこたつ」はいかがでしょうか。


141119roomie_kotatsu_2.jpg


こちらの「ネオこたつ」は、こたつのカバー部分がパーカーになっており、ジップでくっつければこたつカバーになり、外せば服になる...という画期的なこたつ。トイレやものを取りに行くちょっとしたときはジップを外し、こたつのぬくもりが詰まったパーカーにくるまれてぽかぽか。戻ってくれば、ジップをつなげてこたつの温かさでほくほく。まるで夢のような世界です。


141119roomie_kotatsu_3.jpg


おどろきなのがこのこたつカバー、ちゃんと販売されているということ。

「ネオこたつ」はhatraのデザイナー長見佳祐氏、ミキリハッシンの山口壮太氏、作家のKagari Yusuke氏の共同企画で、KORI-SHOWというライフスタイルブランドから発売されており、価格は受注生産ながら255000円(税別)とのこと。4人家族の方、いかがでしょうか?



kori-show こりしょう

(ライフハッカー[日本版]編集部)

  • ,,,,,,,,,,,,,,, - By 香川博人LIKE

    ライフハッカー編集長が実践する、タクシー「ちょい乗り」仕事術

    Sponsored

    ライフハッカー編集長が実践する、タクシー「ちょい乗り」仕事術

    ライフハッカー編集長が実践する、タクシー「ちょい乗り」仕事術

    Sponsored by 東京四社営業委員会 2017年1月30日から新たにスタートした東京都(東京都23区、三鷹市、武蔵野市)のタクシー初乗り運賃。これまでの700円〜730円/2kmが、380円〜410円/1.052kmと近距離の移動がおトクになり、「気軽にタクシーが利用できる!」と話題となっています。では、忙しいビジネスパーソンにとって、単なる移動手段だけではなく、タクシーだからこその使い方  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.