• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,,  07:00 PM

週1回の役員会議のために社内で使われる時間は年間30万時間

週1回の役員会議のために社内で使われる時間は年間30万時間

141119meeting.jpg


ある研究によると、労働時間の15%が会議に費やされているそうです。この数字は2008年以来毎年増えています。インテルの前CEOであるアンディー・グローヴ氏は、「従業員に対して備品の持ち出しを禁じるのと同様、従業員の時間が奪われることも禁じるべき」と論じていました。


一般的な企業は、最も限られた資源である従業員の勤務時間の使い方に無頓着です。コンサルティング会社Bain & CompanyのパートナーであるMichael C. Mankins氏は、大企業における会議の習慣について行った最近の研究において、「1回の会議によって起こされる波及効果」を発見しました。


時間というのは、組織にとって最も貴重でありながら、最も浪費されている資源です。ほとんどの組織がこの貴重な資源の管理を怠っていることを証明するために、私たちはデータマイニングツールを使い、ある大企業の全従業員のOutlookにあるスケジュールを分析しました。以下に述べるのはその企業の実データであり、毎週の役員会議がどのように組織全体に悪影響を与えるかを示しています。


週1回の役員会議は、年間7000時間に相当します。役員会議では、シニアレベルのスタッフが、会社事業すべての最新状況を説明します。そこに費やされる役員たちの時間が、年間で7000時間なのです。この会議のために、役員たちは各部署の責任者と会議をします。(中略)この毎週の役員会議を支えるために社内で費やされる時間は、年間30万時間にもなります。


会議に出席する人数が増えれば、会社の時間は瞬く間に使い果たされてしまいます。例えば、5人で1時間の会議をするのは、1時間ではなく5時間の消費です(そして会議の準備にも時間が費やされます)。したがって、次の会議を計画するときは、それに費やされる時間に見合ったアウトプットが得られるかどうかをじっくり熟慮しましょう。


How One Meeting Can Waste 300,000 Company Hours|99u

Hamza Khan(訳:Conyac
Photo by ShutterStock

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.