• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

春野ユリ  - ,,,  06:00 PM

衝撃や傷から守るiPhone 6と6 Plusのケース「米LHベスト5」

衝撃や傷から守るiPhone 6と6 Plusのケース「米LHベスト5」

141116iphone6case.jpg


ピカピカのiPhone 6かiPhone 6 Plusを手に入れたばかりなら、落としたときの衝撃、傷、へこみから保護するケースが欲しくなるかもしれません。iPhoneケースは、超高級品から薄くて安いものまで、数多くあります。本記事では読者からのノミネーションと投票をもとに、iPhoneケースのベスト5をご紹介します。


素材、耐久性、買いやすさ、使いやすさの点を総合すると、どのiPhone 6と6 Plus用ケースがベストか読者の意見を募ったところ、たくさんのノミネートをいただきました。その中の5つを順不同にご紹介します。


シュピゲン社:iPhone 6ネオ・ハイブリッド


141116iphone2.jpg


シュピゲン社のネオ・ハイブリッドは、フルボディ保護、耐衝撃性、金属製の緩衝材フレームとざらりとした手触りの熱可塑性ポリウレタン(TPU)を使ったバックプレートにより、高い評価を得ました。ケース表面に刻まれている網状の模様が生む質感のおかげで握りやすく、模様がケースの内側までついているため、iPhone端末が内側で傷ついたり擦れたりすることなく、ぴったりと収まるようになっています。ケースに付いた差込口と外付のメタリックケースボタンにより、差込口やボタンの操作が簡単です。特に、差込口は大きめにできているので、ケースに収められている端末に他社のケーブルやヘッドフォン、その他の周辺機器を差し込むのにも苦労しません。カラーは数色あり、iPhone 6 Plus用のシュピゲン ネオ・ハイブリッドも、同じ属性を持っています。

シュピゲン社ネオ・ハイブリッド・ケースを支持した人たちは、シュピゲンは優秀で価格的にも購入しやすいケースを製造しており、品質が良いことを引き合いに出すとともに、iPhone やApple社製品以外のさまざまな携帯電話用のケースも製造していることも強調していました。そのほか、TPUとメタルを組み合わせた「ネオ・ハイブリッド」の表面の質感や、iPhone端末画面側の枠にわずかな高さがあるため、画面が机の面に当たる心配をせずにスマホを下向きに置ける点などを支持する人が多かったです。同社は、薄型でスマートフォンがかさばらず、確実な衝撃保護機能を持ち、手頃な価格の商品を提供しています。

スペック社:キャンディシェル


141116iphone3.jpg


スペック社のキャンディシェルは、世界のベストガジェットをガイドするサイトである「The Wirecutter」が(現時点で)推奨するiPhoneケースです。キャンディシェルの外側は固い素材で衝撃に強く、端末画面側の縁取りとコーナーが衝撃吸収力のあるゴムになっているため、iPhoneを落としてコーナーが地面に当たってもクッションの役割を果たします。着脱も簡単です。キャンディシェルは、スペック社の他のケースと同様に軍隊レベルの対衝撃基準をクリアしていて、画面を囲むフレームが微妙に盛り上がっているため、端末を下向きにして置いても画面が机の面に当たりません。ゴムのカバーボタンと差込口用スロットにより、ボタンも保護されています。iPhone 6 Plus用には、似たようなケースを何種類か提供しています。

キャンディシェルのノミネーションはThe Wirecutterの広範囲なテストによるところが大きいですが、読者からも高い支持を得ました。ケースの外側は滑らかなのでポケットに出し入れするときも引っ掛かったり傷ついたりしないし、ケースの内側には細かい凹凸模様があるので、iPhoneがケースの内側で擦れることもない、ということです。加えて、ケースに入れても厚みは4ミリしか増えません。平均価格15ドルのケースの世界で、35ドル払うのは戸惑うかもしれませんが、iPhone自体が数百ドルもするので、ケース代をケチる必要はないかもしれません。


テック21社:クラシック・チェック


141116iphone4.jpg


テック21社のクラシック・チェック・ケースもトップ5入りをしています。テック21は、他の競合他社と同様に豊富な種類の携帯電話用ケースを製造していますが、クラッシック・チェック・ケースの素材はスポーツウエア、作業服、軍隊用衣服に使用されている衝撃吸収素材のD30です。iPhone端末をぐるりと囲む縁の部分にこの素材を使っており、背面はなめらかなチェック模様の透明なTPUを使用しています。クラッシック・チェックが好みでないなら、クラシック・シェルはどうでしょう。こちらは、背面は透明なTPU、それ以外はさまざまなバリエーションがあります。本の表紙のように端末のスクリーンを覆うカバーが付いていたり、外観の模様が異なっていたりします。どのケースも軍隊の耐衝撃基準をクリアしており、ボタンカバー付きで、iPhoneのあらゆるポートやボタンが楽に使えます。さらに超薄型フルボディ保護です。

このケースをノミネートした人はクラシック・チェックのみならず、インパクト・メッシュなど同社製の他のケースの特徴もよく把握しています。似たような超薄型の耐衝撃ケースを提供しているという点で、オッターボックス社にも同じ方向性が認められるという指摘もありました。D30を素材として使用するというコンセプトが大変気に入っているという意見もあります。


シュピゲン社:iPhone 6ケース ウルトラ・ハイブリッド


141116iphone5.jpg


シュピゲン社のウルトラ・ハイブリッドはシュピゲン社製ケースとして2つ目のノミネートですが、数票差でトップ5には入りませんでした。前述のネオ・ハイブリッドと似ていて、フルボディとベゼルを保護しており、バックプレートは透明なTPUで落下時の衝撃、傷、亀裂から保護します。シュピゲン社の「エアクッション」技術を使うことで、端末は保護されており、落としてしまったときに備えて4つのコーナーの耐衝撃力が強化されています。ボタンカバーはボディと平らな高さになっており、電源へのアクセスが楽で、ボタン上のポート用スロットの幅が広めなので、難なく周辺機器とつなげられます。また、ケースからスマホを取り出す必要もありません。

ウルトラ・ハイブリッドをノミネートした人は、バンパーとバックプレートの保護機能が高く、全体的に統一感がある点を評価しています。ケース自体はiPhone 6のカメラ程度の厚みがありますが、これだけ保護機能が高いならば仕方がないという評判です。加えて、お手頃価格になっています。


Apple社:レザー・ケース


141116iphone6.jpg


Apple社は、新しいiPhoneと同時にケースも発売します。読者の多くは、プラスチックの質感が好きではないという理由で、Apple社のフラッグシップであるiPhone 6レザー・ケースに投票しました。Apple社のiPhone 6レザー・ケースとiPhone 6 Plus用レザー・ケースはどちらも一級品の皮が使われており、iPhoneが使いやすいように細やかに作られています。内側は柔らかいマイクロファイバーでスマホの表面に傷がつかないようになっています。カラーは5色。驚くべきことに、ケースが革製であっても、端末がぴったり収まり、Apple社のロゴが背面についている他に余計なロゴもマークも縫い目もありません。シンプルなケースで、iPhone前面を囲むフレームが微妙に盛り上がっているので、スマホ画面を下にして置いても画面は直接机などに触れません。ボリュームボタンはボタンカバーで保護されています。

革製のケースの値段について賛否両論が出るだろうと予測されていました。革は傷や亀裂からは保護できても、落下時の耐衝撃力はありません。このケースの価格は妥当だと思う人もいれば、もっと低価格で保護機能が高いケースもあることを考えると、いくら革製とはいえ高すぎると言う人もいます。読者の中には、このレザー・ケースは背面にベッタリと安っぽく会社のロゴが付いていないからこそ、この金額を払っても買う価値があると思う人もいるようです。

トップ5を見たところで、票の内訳を見てみましょう。


iPhone 6かiPhone 6 Plusの最高のケースは?


シュピゲン社:iPhone 6ネオ・ハイブリッド 24.1%(2945票)
スペック社:キャンディシェル 10.44%(1276票)
テック21社:クラシック・チェック 10.25%(1252票)
シュピゲン社:iPhone 6ケース ウルトラ・ハイブリッド 14.8%(1808票)
Apple社:レザー・ケース 40.41%(4938票)


総投票数:1万2219票


今週の話題賞はインシピオ社NGPフレキシブルiPhone 6ケースとシュピゲン社Tシン・フィットです。

インシピオ社のNGPはスリムで伸縮性が高いケースです。背面全体を保護して端末のボディをぴったり包みます。質感のある素材を使用しているので、滑らかで握りやすく薄型です。これにも音量ボタン用カバーがついていて、電源とポートに楽にアクセスできます。

シュピゲン社シン・フィット(Spigen Thin Fit)はシュピゲン社製の3つ目のノミネーションで、トップ5に迫る票を集めました。横幅のスリムさとサイドと背面をすっぽり保護している点を気に入っている人が多いです。お手頃価格で、シュピゲン社の耐久性の高いポリカーボネート製ケースはクリップ式です。iPhone背面にフィットするようにデザインされており、サイドと背面を落下の衝撃から保護します。操作ボタンとポート、他社のコネクター、周辺機器もつなぎやすくなっています。

機能やデザインなど、iPhone 6かiPhone 6 Plusのケースを選ぶときに、参考にしてみてはいかがでしょうか。


Alan Henry(原文/春野ユリ)
Title photo by Gilly

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.