• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,  12:35 PM

「窓側の席」さようなら。有機ELディスプレイを活用した近未来型飛行機のコンセプト

「窓側の席」さようなら。有機ELディスプレイを活用した近未来型飛行機のコンセプト

141113cpi.jpg


将来、飛行機から「窓側の座席」がなくなるかもしれません。イギリスのCPI社(Centre for Process Innovation)は、客室の窓をすべてなくすことで壁面を薄くした航空機のコンセプトを発表しました。窓の代わりにキャビンの壁に有機ELディスプレイを敷き詰め、乗客が周囲の空の風景を見られるようにする、というアイデアです。


興味深いのは、CPIがセールスポイントにしているのは有機ELディスプレイではありません。彼らの目的は燃費の向上にあるのです。軽量な機体は燃料消費が少なく、結果としてCO2排出も減らせます。CPIは以下のように述べています。


1%の重量減は、およそ0.75%の燃費改善につながります。あなたが減量しても、燃料節約につながります。燃費改善はCO2排出量の削減と、事業費低減につながります。企業だけでなく、誰もが利益を得るのです。


考えてみれば、せっかく空の上を移動しているのに、下に広がる世界を小さい覗き穴からしか見れないのはもったいないことです。有機ELディスプレイを窓のかわりにすれば、乗客はこれまでと比べ物にならないくらい広い空を見ることができるでしょう。

有機ELディスプレイは薄く、軽量で、曲げることができます。客室の壁面と天井に敷き詰めることで、外の風景(機外の広角パノラマカメラで撮影された映像)を150dpiの解像度で表示できるでしょう。CPIの予想によれば、このような大型の有機ELパネルを生産するのに必要な技術は、およそ5年以内に実現可能とのことです。航空機への導入は、専用に造られた窓のない機体の導入とあわせて、さらに時間がかかるでしょう。

それまでは、「窓側の席」を楽しみましょう。詳細が知りたい方は、下記の動画をご覧ください。



Future Airplanes Might Replace Windows With OLED Screens|Popular Science

Kelsey D. Atherton(原文/訳:Conyac

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.