• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,  07:00 PM

ネットワーク構築のカギは「人助け」。押さえておきたい5つのポイント

ネットワーク構築のカギは「人助け」。押さえておきたい5つのポイント

141111network.jpg


フリーランサーであろうと、新規事業の設立者であろうと、あるいはキャリアを確立しようとしている社員であろうと、人間関係を築くというのは、最も有益な時間の過ごし方の1つです。ただ、人間関係を築きあげることに近道はありません。時間と労力をかけるしかないのです。


近道であるとは言えませんが、ネットワークを築くための、おそらく最も有効なアイデアを見つけました。人助けです。他人を助けましょう。きっとそのお返しに皆さんのことも助けてくれるでしょう。

最も重要なのは、見返りを期待せずに人助けをするということです。こういった無私無欲の人助けは人々の記憶に好意的なものとして残り、強力で長期的な人間関係へとつながります。私の経験からすると、これを実行に移す最も良い方法は、常に人助けの機会をうかがい、機会があればそれに飛びつくということです。そういった場面は思ったより多くあります。

人助けは人間関係を築くのに役立つだけではありません。それどころか、研究によると、幸せを感じたり、健康やお金を手に入れたりできることも明らかになってきています。また、『「与える人」ほど成功する時代』の著者であるアダム・グラント氏は、人助けを日々のさまざまな場面に散りばめるのではなく、ドンと大きく提供すべきだと提案しており、そうすることで、人助けをすることで手に入る暖かく和やかな気持ちがいっそう増すのだと述べています。

私が実践した人助けの方法をいくつかここにあげますので、参考にしてみてください。


1. ゲストブログ(ゲスト寄稿)


会社のブログ担当者であれば、新しいコンテンツを定期的に考え出すのにいかに時間と努力が必要かおわかりになるでしょう。誰かのためにゲストブログを書くことで、その負担を少しだけ減らし、相手の顧客にも価値を提供することができます。自分の顧客を喜ばせる手助けをしてくれる人間を、好きにならない人などいませんよね?

Bufferの共同設立者兼COOのLeo Widrich氏は、これが有効な戦略であると述べています。


人間関係は、その成り立ちを辿るのは難しいことですが、ゲスト投稿によって得られるもっとも価値のあるものです。結局のところ、数多くのゲスト投稿をこなすことは、たくさんの友達をつくることを意味します。

誰かに無料でコンテンツを提供するということは、考えてみると大きな親切であり、これらの素晴らしい人たちと友達になる絶好の機会なのです。


すでに自分の会社用にコンテンツを作成しているのであれば、自分が執筆するコンテンツに合う、似たようなブログを見つけることだってできるでしょう。そういったブログ作成者に連絡し、相手の顧客のためになる内容のゲスト投稿を申し出てみてください。それによって新しい友達を1人や2人は作ることができるでしょう。


2. ニュースを送る


友達が見逃したかもしれない業界ニュースを見つけたら伝えてあげましょう。相手がそれをまだ見ていなければ、最新状況の把握を助けられ、彼らはより良いサービスを自分の顧客に提供できるようになります。すでにニュースを知っていたとしても、あなたが伝えようとしたことを喜んでくれるはずです。

ニュースに限りません。最近、私自身が新しく立ち上げた事業に関連するFacebookグループがあることを、誰かが教えてくれたことがあります。私はこのグループに参加することで、潜在的な新規ユーザーと知り合うことができました。以前はこのグループの存在すら知らなかったので、教えてくれた相手には感謝しています。


3. 助言する


何年か前に知らない人からメールをもらいました。私のサイトについて、従来の「ここをクリックしてください」という方法ではなく、キーワードに直接リンクをはった方が良いという指摘で、それによってSEOランキングを上げることもできるだろうという内容でした。何らかの見返りを求めるわけではなく、私のサイトの改善点に気付くだけの技術的な知識があったため、単に助言をくれたのです。以来、その提案を採用し続けています。もし今相手が誰だったのかわかれば、できるならお返しをしたいところです。

もし誰かを助けることのできるような経験や知識があるのならば、それを無料で共有するというのは、彼らを味方につけるうってつけの方法です。また、経験から学んだことで関連することがあれば、それを共有しても良いでしょう(こういう場合ブログが非常に役立ちますが、その助言が個人あるいは知り合いの小さなグループのみにあてた方が適当な場合もあります。そういった場合はメールを使った方が良いでしょう)。

加えて、使用した製品に対するフィードバックをシェアすることもまた、新規事業の設立者や製品開発者と知り合う良い方法であることに気づきました。大抵の製品は簡単にフィードバックを送れますし、製品を作る人間の多くはフィードバックをもらうことを好みます。


4. コンテンツの共有


コンテンツを作成したりキュレーションをしたりしている場合、読者を増やしてくれる人がいれば、非常にありがたいものです。尊敬する人のコンテンツをシェアすることは、彼らに対する支持を公の場で示す良い方法でもあります。自分が彼らのファンであることを伝えながら、同時に彼らの作成した内容を広める手助けができます。Widrich氏がもう1つ勧めているのは、関わっている業界について書いているジャーナリストのコンテンツをシェアして、人間関係をつくるというものです。彼らとの関係を築き上げることは、のちにビジネスで報道関連の助けが必要な時に役立つでしょう。

TwitterでのリツイートやFacebookでのシェアといった簡単な方法でもできますし、もうひと手間かけ、友達にコンテンツをすすめたり、ブログにリンクを張ったり、あるいはメールのニュースレターに加えたりすることもできます。


5. 人を紹介する


ネットワークを築こうとしているのであれば、それがどれだけの時間と労力を要するかは知っているでしょう。知り合えたら喜ぶだろうと思える2人がいたら、互いを紹介し、知り合うきっかけをつくってあげると良いでしょう(ただし、メールで紹介する場合の礼儀を忘れないように)。例えば、仕事を探している開発者が知り合いにいて、開発者を探している雇用主に出会ったら、彼らを紹介してあげましょう。他の人たちの仲介役となるのは、長期的にみると、自分がより強い人間関係を築く上でも役立ちます。

何人かの人に紹介してもらう機会がこれまでに幾度かあり、私は自分のネットワークを広げ、新規事業の立ち上げを助けてくれる人に出会うことができました。彼らから頼みごとをされるようなことがあれば、お返しに私はいつでも彼らを助けるでしょう。


こういった手助けをするという努力はすべて、さまざまな形で自分に戻ってきます。まず初めに、友達をつくるのに役立ちます。友達は多ければ多いほどいいものです。次に、助けてくれる人として認識されるようになります。その人の名前が出てくるたびに、人々は助けてもらった数々の場面を思い出すようになり、好感度が高まるでしょう。そして3つ目に、人々はその人のことをより頻繁に考えるようになります。なんらかの形で役立つたびに、彼らはその人の人となりを思い出すものなのです。


The Secret to Networking: Help People|Crew blog

Belle Beth Cooper(訳:Conyac
Photo by ShutterStock

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
 
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.