• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,  08:00 PM

これまでの常識を破壊する、今注目のサンフランシスコ企業たち

これまでの常識を破壊する、今注目のサンフランシスコ企業たち

1141104company.jpg


ハーバードビジネススクールのクレイトン・クリステンセン氏は1995年に書いた「Disruptive Technologies: Catching the Wave」という自身の書いた記事で、「破壊的技術」という言葉を生み出しました。これは、「市場の下流でごくシンプルな形態で芽吹いた製品やサービスが、やがて容赦なく市場を動かし、最終的に大手の会社に取って変わること」を意味する言葉です。クラウドや 「モノのインターネット(IoT)」、3Dプリントなどの新しい技術が出現し急速に発展していくのに伴って、破壊のペースは急速に増しています。現在、業界を破壊しているのはどのような会社でしょうか。現在進行形で業界を破壊しているサンフランシスコの企業トップ5社と、それらの企業の手法を紹介します。


1. Airbnb


2008年以来、Airbnbは、旅行業界をひっくり返し続けています。ルームメイトであったBrian Chesky氏とJoe Gebbia氏が、サンフランシスコにある彼らのロフトの賃料を払う手助けができるようにしたことから始まり、現在は192カ国、3万3千の都市の80万件以上の物件を取り扱うまでになりました。

Airbnbがこれほどまでに破壊的になった理由は、十分な部屋数を用意していたからということだけではなく、多くの人々がこのサービス自体を楽しんだからです。米Tech系ニュースメディア「Gigaom」のMatthew Ingram氏は、ニューヨーク大学で教えるクレイ・シャーキー氏の著書である「Here Comes Everybody」から引用して次のように述べました。「友達や家族と情報を共有したり、同じような興味を持った人々と繋がったりするような以前から存在した行為でさえ、何十万または何千万もの人々が関わる場合には質的に異なったものになります」

実際、Airbnbは旅行業界を破壊しているだけではなく、ホテル業界の規制といった、法律改正にも影響を与えているのです。


2. Duetto


Airbnb、Priceline、Expedia、Orbitzなどの登場が理由でホテル業界が心配な人は、Duettoのおかげで安堵のため息をつけるでしょう。

2012年にPatrick Bosworth氏、Marco Benvenuti氏、元SalesforceのCTOであるCraig Weismann氏によって設立されたDuettoは、「ビッグデータを活用した、客室料金を動的に上げ下げするための料金最適化システム」です。TechCrunchによると、Duettoはホテルのウェブサイトにアクセスが少ない場合に料金を下げたり、近隣の場所でカンファレンスが予定されていたり、天気が良かったりする場合は料金を逆に上げるようにしたりするのだそうです。Duettoは、ホテル側ができるだけ高い料金を得るために、クラウドベースのシステムを使って宿泊予約を販売しています。

Duettoの面白いところは、ホテルの料金を予測するために航空スケジュールや天候、ホテルの需要などのデータを利用している点です。Duettoがホテルの料金を設定するためにこのデータを使うなら、レンタカーやレストランなど他の業界でも、製品やサービスの料金を決めるためにこのようなデータを活用できるでしょう。


3. Uber


2009年以来、配車サービスのUber(ウーバー)は、全米のカーシェアリング業界を揺るがしてきました。Uberはドライバーと乗車したい人々のマッチングを行い、料金の一部を受け取ります。1つの車と1つの支払いの選択肢だけでなく、顧客の要件や希望(または懐事情)によってさまざまな料金と利便性を選択できます。


4. Hotel Tonight


旅行業界にちょっとした悩みをもたらしている別の会社として、「Hotel Tonight」があります。同社は2010年にサンフランシスコで設立され、ホテルの客室を直前予約するサービスを提供しています。ホテル側は客室の予約がないことを恐れますが、旅行客は数ドルを節約するために部屋の予約をギリギリまで待ったりすることも厭わないのです。

ほとんどの旅行客がホテルを前もって予約することに慣れている一方で、一部の人は予約の締め切り直前まで待てばより安い選択肢を見つけられるとわかっています。


5. GitHub


あなたがギークなら、きっともう何年間もGitHubを楽しんでいることと思いますが、この会社になじみのない方々のために説明します。この会社は開発者のコラボレーションプラットフォームとして始まりましたが、その後「世界最大のオンラインコラボレーション空間」になりました。

開発者はGitHubが大好きです。GitHubは、学生には無料で提供されています。変更があったものはもちろん、作業中のコードの保存にも使われています。エンジニアのためのコードであれ、法律文書であれ、結婚式の招待状であれ、GitHubは人々がお互いに効率的で便利に共同作業できるように下準備をしてくれるのです。


何度も聞いたことがあるかと思いますが、これは本当のことなのです。この宇宙で唯一普遍のものは「変化」です。私たちはその変化のペースがどんどんと速くなっている時代に生きていています。これは、素晴らしいことなのです。なぜなら、あらゆる人々が自分で変化を目にし、その変化に参加できるのですから。


5 San Francisco Companies Disrupting Entire Industries|Inc.

John Boitnott(訳:Conyac
Photo by Shutterstock.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.