• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  -   10:00 PM

iOS 8の新機能「HealthKit」って何ができるの?オススメの対応アプリをご紹介

iOS 8の新機能「HealthKit」って何ができるの?オススメの対応アプリをご紹介

141029healthkit.jpg


iOS 8には新機能がこれでもかと詰め込まれています。とはいえ、なかでも使いかたが一番よくわからない機能の1つが「HealthKit」ではないでしょうか。

確かにすべり出しは順調とは言えませんでしたが、今ではサードパーティーのアプリもアップル純正の『ヘルスケア』アプリと連携が可能になりました。この記事では、おすすめの対応アプリを紹介しつつ、HealthKitの機能についても説明していきましょう。


HealthKitって何?


141029healthkit2.png


HealthKitは、ほかのアプリで集めた健康関係のデータを、アップルの『ヘルスケア』アプリに連携させる、開発者向けの新たなツールです。これにより、あなたが使っているヘルスケアアプリが集めた睡眠や歩数、運動などに関するデータが、自動的に『ヘルスケア』アプリ(あるいは、ほかのサードパーティーアプリ)と共有されるわけです。要するに、『ヘルスケア』はユーザーが既に記録を取っているデータを1箇所に集めて表示するアプリと言えます。

さらに『ヘルスケア』アプリでは、摂取カロリーから身体測定値まで、カラダに関するあらゆるデータを手動で入力できます。また、「メディカルID」も設定できるので、万が一病院に運ばれた場合にも、あなたの情報を医師が素早く把握できます。でも、手入力は面倒ですよね。『ヘルスケア』アプリのキモは、サードパーティーが開発したアプリからデータを取得し、まとめて表示してくれる点にあります。

iOS 8がリリースされた当初は、HealthKitにバグが見つかり、サードパーティーのアプリとの連携ができませんでした。しかし、この不具合も修正され、App Storeにも対応アプリが登場し始めています。オススメできるアプリの数は今のところ少ないのですが、今後この新機能を活用するアプリが増えれば、こちらのリストもにぎやかになってくるはずです。


UP


141029healthkit3.jpg


リリース当初、JawboneのUPアプリには、Jawboneの活動量計との連動でしか使えないという制約がありました。しかし新しくなったアプリでは、iPhone 5sあるいはiPhone 6シリーズを持っていれば、誰でも使用できます。新アプリでは、歩数や睡眠、飲食の履歴を記録できます。加えて、旧アプリと同様に、友達の頑張りを見て参考にする、ほかのアプリ(『RunKeeper』や『IFTTT』など)と連携する、健康状態を記録するタイミングを知らせるアラートを設定するといった付加機能があります。これらすべてのデータが『ヘルスケア』アプリに送られるので、そこでまとめて把握が可能です。


MyFitnessPal


141029healthkit4.jpg


とても機能豊富なアプリで、多種多様な運動や、食べたものや飲んだものを記録してくれます。ただしこの手のアプリにはありがちですが、データは手入力する必要があります。それでも、『ヘルスケア』アプリとの連動で、あらゆる活動を1つのアプリで見られるようになったので、使い勝手は多少向上したはずです。


Endomondo』『Strava GPS』『MapMyRun


141029healthkit5.jpg


この3つはどれも、ランニングやサイクリングの記録を取るのに使える、優秀なアプリです。アプリを起動すると、通った道筋をGPS機能で追跡してくれます。どれも新たにHealthKitに対応したので、『ヘルスケア』アプリですべてのデータを一目で見られるようになりました。これは自分の健康状態を大まかに把握するのに役立つでしょう。


CARROT Fit



歩数と体重を記録し、ユーザーを運動する気にさせる、なかなか気が利いたアプリです。この手のアプリはたくさんありますが、CARROT Fitの特徴は、ユーザーに運動しないと恥ずかしいと思わせる点にあります。ユーザーを良い気分にさせるのではなく、罪悪感を刺激するわけです。万人向けとはとても言えませんが、こういうアプリのほうがやる気が出るという人はいるでしょう。HealthKit対応により、このアプリに蓄えられたデータはすべて『ヘルスケア』アプリに送られます。さらにCARROT Fitは、ほかのアプリが『ヘルスケア』アプリに送ったデータまでチェックして、あなたの行動に何かと口を挟んでくるはずです。


WebMD


141029healthkit7.jpg


iOS版のWebMDアプリ内でHealthKitに対応しているのは、「Healthy Target」プログラムの部分です。これを『ヘルスケア』のデータに連動するよう設定すれば、集めたデータをどう解釈したら良いのか、解説してくれます。長い目で見て、これにどんな効果があるのかは何とも言えませんが、なかなか面白いアイデアとは言えますね。


7分ワークアウト


141029healthkit8.jpg


これはすっかり有名になった7分間エクササイズを、アプリの形にまとめたものです。タイマー機能で時間を管理し、7分間に行う各エクササイズの流れを指示するほか、それぞれのエクササイズについて動画で説明してくれます。『ヘルスケア』アプリと連携させると、運動をするたびに記録したデータと統計値を記録し、送ってくれます。


Thorin Klosowski(原文/訳:長谷 睦/ガリレオ)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.