• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  -   08:00 PM

卵子の冷凍保存で出産時期を延ばしても、不安や恐怖は消えないかもしれない

卵子の冷凍保存で出産時期を延ばしても、不安や恐怖は消えないかもしれない

141029egg.jpg


これからお話しする、ある女性の個人的な卵子凍結に関する決断は、これまであまり語られることのなかった、最近のテック系企業の裏側を明らかにしています。

テック系企業の人材確保戦争では、福利厚生で差別化を図ろうと、高額な死亡給付金から散髪代の補助にまで及んでいます。女性の社員に対しては、子どもが産めるタイムリミットの心配を軽減するために、卵子の冷凍保存の費用を出す会社もあると、大々的なニュースになっていました。女性に優しい企業として多くの女性社員を獲得しているAppleやFacebookのような会社は、このような新しい社員特典があることで称賛されてきました。

一方、米メディアInc.comのJill Krasny氏は、このようなプライベート(家族生活)と会社でのキャリアアップを両立させようとする風潮に対して、非常に憂慮すべきだと言います。


女性社員に卵子の冷凍保存を推奨するのが、その会社の社風や文化だと言うのでしょうか? 「子どもを産む時期を遅らせて、その分がんばって会社のために働け!」と言っているようにしか聞こえません。どう考えても魅力的なメッセージとは思えません。


若くして成功した女性が、今は忙しすぎて子どもを産む時間がないというなら、将来冷凍保存した卵子を使おうとした時は、今よりもっと忙しくて、もしくはもっと市場価値が上がっていて、結局子どもを産めないのではないでしょうか?


しかし、卵子を冷凍保存するという決断は、仕事のキャリアのためだけではありません。愛情や家族に対する憧れや願望、歳を取ることに対する恐れといった、とても大きな個人的な感情と結びついているのは明らかです。


卵子の冷凍保存は魔法の杖ではない


数カ月前のDorie Shafrirさんの記事には、興味深い内容が書いてありました。この記事は、ニューヨーク在住の30代独身女性であることの不安から始まります。


30代になって、選択の時が迫ってきているのを感じ始めました。1つ1つの選択で、後戻りができない道へと追いやられているようでした。


それに、子どもを産むタイムリミットが近付いていることで、恋愛もかなり歪んできていました。どういうことかというと、彼女は「深い恐怖に満ちた孤独の瞬間」に悩まされてきたのです。この恐怖から逃れるには、卵子の冷凍保存しかないと決断しました。


しかし、道のりは予想以上に大変なものでした。採取した卵子はよくても40%ほどの成功率な上に、1日2回ホルモン注射を打たなければならず、そのせいで何か医療的な問題が起こっても治療はできないというのです。Shafrirさんは、卵子の冷凍保存は考え直そうと思いました。


一番分かりやすい例えをするなら、私は自分のすべての卵子を、文字通り特別なカゴの中に入れるのだと思ったのです。私は、卵子を冷凍保存すれば、年を取ることや、ずっと独身でいること、孤独に死んでいくかもしれないという不安や恐怖など、すべてが消えると思っていました。


しかし、そうではありませんでした。卵子を冷凍保存することで、そのような不安や恐怖は一時的に収まりますが、根本的な原因は無くなっておらず、新たな別の問題に直面します。卵子を冷凍保存したところで、すべての不安も恐怖も消え去ることはないのです。土壇場になって、彼女は卵子を冷凍保存しないことにしました。

Shafrirさんの話は、確かにかなり個人的なものですし、彼女が抱える不安や人生の優先順位は他の女性とは違うでしょうから、卵子の冷凍保存に関しては賛否両論あるでしょう。しかし、この記事を読むことで、卵子を冷凍保存するか否かという選択によって生じる、論理的かつ感情的な葛藤や問題の具体的な内容を知ることができるという意味で、とても意味があります。

また、今この記事を読んでいるのが女性で、仕事と家庭のバランスをどう取るか、自分のプライベートの生活をどう折り合いをつけるのか、というような問題に直面しているなら、卵子の冷凍保存はすべてを解決する魔法の杖のようなものではない、ということを思い知らせてくれるでしょう。たとえ、会社の福利厚生で無料でできるとしても。


Why Freezing Your Eggs Isn't a Magic Bullet|Inc.

Jessica Stillman(訳:的野裕子)
Photo by Shutterstock.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.