• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • gene
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,  09:00 AM

衣替えの季節にクローゼットの中身をすべて把握し、不要品を仕分けるコツ

衣替えの季節にクローゼットの中身をすべて把握し、不要品を仕分けるコツ

141020_closet.jpg


誰でも定期的に自分のすべての服を見て、一部を整理する必要があります。「Apartment Therapy」では、クローゼットを効果的に整理するためのチェックと仕分けのシステムが紹介されています。


手順としては、まず、すべてのものをクローゼットから取り出して試着します。次に、友だちの手を借りて、以下の説明の通りに1点から10点の評価を付けます。


「8点」以上のもの(状態の良いもの、似合うもの、お気に入りのものなど)は残します。5点から8点までのものは保留ボックスに入れます。4点以下のもの(修理が必要なもの、何年も身につけていないもの、微妙なもの)は、寄付ボックスに直行です。


高く評価されたアイテムは、戻すときに「ハンガートリック」を使って配置することを検討しましょう。


「ハンガートリック」については以前ご紹介しましたが、クローゼットを整頓するための優れた方法です。この際には、手元に置いておくことにしたアイテムのリストを作っておきましょう。これがあれば、買い替えたり、追加購入しなくてはならないアイテムがすぐにわかります。

さらに、欲しいものを集めた「ドリームリスト」も作るといいでしょう。これで、現在持っているアイテムのリストと、必要なものや欲しいもののリストができます。このリストを使って保留ボックスを再確認し、最終的な決断をするのに役立てましょう。


How to Do a Closet Inventory (And Why You Should)|Apartment Therapy

Tori Reid(原文/訳:Conyac
Photo by Rubbermaid Products.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.