• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,  12:00 PM

スマホの人工知能が直接対決。結果はGoogle Nowの圧勝

スマホの人工知能が直接対決。結果はGoogle Nowの圧勝

141016ai.jpg


主要なスマートフォンに付いているSiriやGoogle Nowといったパーソナルアシスタント機能ですが、どれが最も優れているかを判断するのは簡単ではありません。先日、これらのサービスに3,000問を超えるさまざまな内容の質問を行うという調査が実施されました。


調査会社「Stone Temple Consulting」によって実施されたこの調査は、単純に情報を得るための質問を基本とした内容であり、パーソナルアシスタントとしての性能を比較したものではありません。とは言いつつも、すべての質問は3つを直に比較するためボイスコマンドによって実施され、情報収集力だけでなく、質問に対するAI(人工知能)の理解力も確認されました。


141016ai2.jpg


いわゆる「より優れた結果(より多くの情報および知識の断片を含む結果を最も供給できたAI)」という意味では、58%の割合でGoogle Nowが優勢でした。一方Siriは29%の割合で、Cortanaは20%の割合でより優れた結果を示しました。また最も重要な点でもありますが、質問に対して完璧かつ直接的な回答を示した結果に関しては、Google Nowは88%、Siriは53%、そしてCortanaは40%の割合で完璧な答えを示しました。つまり、Google Nowは全般的に、質問に対し直接的な回答を、瞬時に情報を提供しつつ、また情報を掘り下げる必要もなく提示することができたということです。SiriとCortanaは、多くの場合役立つ結果を供給したものの、正確かつ完全な回答を得るためにはさらに掘り下げて質問する必要がありました。ただしこれで、すべてのAIの中で最も優れているのはGoogle Nowだと言い切ることはできませんし、時が経過すれば相当の改善がそれぞれのAIに加えられるでしょう。しかし現時点においては、Google Nowが最も物知りなAIであると言っても良いでしょう。


The Great Knowledge Box Showdown: Google Now vs. Siri vs. Cortana|Stone Temple Consulting

Patrick Allan(原文/訳:Conyac

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
 
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.