• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

堀込泰三  -   08:00 PM

職場での不要な波乱を避け、社内政治を生き抜く方法

職場での不要な波乱を避け、社内政治を生き抜く方法

141012officepolitics1.jpg


事件は、1通の間違いメールから始まりました。

そのメールを送った直後、社内各所からのお叱りメールが、私の受信箱を埋め尽くしたのです。送信8分後には、副社長2人、部長3人、直属の上司から返信があり、電話も2本かかってきました。

そのメールのタイトルは、「トレーニングに関する簡単な質問」。何の悪気もなく送ったのに、最悪の事態を招いてしまったようなのです。その職場で働き始めて、1カ月もたたないころのことでした。当時の私は、社内の政治的な関係で、トレーニングという言葉が繊細な話題であることを知りませんでした。

幸い、そのときは私の上司が介入してくれて、事なきを得ました。「ロビーは意図してこのメールを送ったのではない」と、各所に伝えてくれたのです。その魔法のようなひとことで、私が起こしたドラマは、終焉を迎えることができました。

この記事では、経験から学んだ、社内の政治をうまく行き抜く方法をお伝えしたいと思います。


職場でドラマを起こしやすい人物を把握する


論争を起こしやすい同僚を知るためには、次の2つの質問が有用です。


  • メールを送る前に、注意した方がいい人はいますか?
  • メールの代わりに、電話をするか直接話した方がいい人はいますか?


誰かに連絡する前にあれこれ悩むということは、相手が過去にあまりいい反応をしなかったからなのでしょう。でも、相手に必ずしも悪意があるわけではありません。そのような人に連絡しなければならないときは、相手の反応を想定して、メッセージを推敲する必要があります。


社内政治とは無関係であるフリをしない


社内政治は必然です。たくさんの人が集まって仕事をしている以上、全員が全員とうまくやって行けるはずがないのです。「俺は政治になんて流されない。事実をありのままに話すんだ」と自分に言い聞かせるのは、いい戦術とは言えません。より多くのトラブルを招くのがオチでしょう。

ヘマは、誰もがやらかします。妊婦でない女性に「子どもできたの?」と聞いてしまったというどうしようもない間違いもあれば、人を違う名前で呼んでしまったという、まあ許せるミスもあるでしょう。

どんな内容にせよ、失言をしてしまったからには、謝罪をして、間違いだったことを説明するしかありません。でも、オフィスの政治に無関係であるとは思わないでください。仕事でもプライベートでも、政治の問題は避けて通れないのですから。


人と関わり、質問をする


社内政治に参加するといっても、何らかのゲームに勝たなければならないわけではありません。それよりも、身の回りのこと、同僚、組織の構造などを、よく知っておく必要があるのです。

新しい職場に移ったときに、私が必ず聞く質問があります。


  • これについてはまず俺に聞け、というトピックはありますか?
  • 組織図を描いてくれませんか?
  • このプロジェクトに関して質問がある場合、誰にコンタクトすればいいですか?
  • このタスクに関して、従うべき手順はありますか? この人に最初に相談しても構いませんか?
  • 誰と関わればいいですか?


その職場の働き方や組織のヒエラルキーを把握しておけば、不必要なドラマを招かずに済むでしょう。


聴きに徹する


私があのメールを送らなければ、あんなドタバタは起こりませんでした。

ただ口を閉ざして、直接上司に聞けばよかったのです。私の経験上、新しい職場に移った直後は、勤務時間の95%を聞きに徹した方がいいと思います。会議中に疑問が生じたら、メモに残しておいて、会議終了後に聞くのがいいでしょう。新しい職に就いたときは、たくさん質問をして、その職場の特徴を理解しておくことが大切です。


繊細な話題を知る


どの職場にも、口にすると不和を招くNGワードがあります。

私の場合、「トレーニング」がそれでした。ちょうどそのころ、社内の組織変更があって、「トレーニング」という言葉は、古いリソースを追い出して新しいリソースを入れるためのトレーニングを意味していたのです。入社したばかりの私が、そんなことを知る由もありません。

私は、意図してあんなメールを送ったわけではないのです。それでも、多くの人の逆鱗に触れてしまった。それからは、トレーニングという言葉を使うときには、気を付けるようになりました。


むやみに「全員に返信」しない


「全員に返信」は、99%の確率で不要です。むしろ、あなたがメールで書いた文章が、ほかの人に見せてはいけない内容ということもあるでしょう。

私なりの経験則はこうです。受信者の100%がその情報を有益と思わないのであれば、送信者に直接返信すべし。

「全員に返信」は、職場にドラマを招く原因になりやすいので、繊細な話題をメールするときには、「全員に返信」を間違えてクリックしないように、必ずチェックするようにしましょう。


ドラマを起こすのであれば金曜は避けて


私のアドバイスを無視してでもドラマを始めたいあなた。これだけは覚えておいてください。


  • ドラマの開演に最適な日時:月曜日の午後
  • ドラマの開演に最悪な日時:金曜日の午後


金曜日に始まったドラマは、必ず週末をまたぎます。社内でのいざこざについて考えていては、せっかくの週末を無駄にしてしまいます。リラックスをしたいのに、メールのためにコンピュータに向かわなければならないなんてことも。

つまり、自分のためにも、ドラマを始めるのであれば月曜日にしましょう。もちろん、意図的にドラマを起こすことがあってはなりません。でも、思い入れが強い話題であれば、論争の激化を避けられないこともあるでしょう。


自分の正しさと相手の間違いを主張したいあまり、自分でも気づかないうちにアツくなってしまったら、その時点で負けたも同然です。それよりも、相手と協力して、折り合いをつける方法を見つけることで、不要なドラマを避けることができるのです。


How to Win at Office Politics Every. Damn. Time.|LinkedIn

Robbie Abed(原文/訳:堀込泰三)
Image adapted from Snapgalleria (Shutterstock) and Nemo (Pixabay) .

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.