• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

長谷川賢人長谷川賢人  - ,  08:00 PM

完成!これが僕らの「トイレ型書斎」:ライフハッカーとデザインムジカが制作する「小屋」ドキュメント vol.7

完成!これが僕らの「トイレ型書斎」:ライフハッカーとデザインムジカが制作する「小屋」ドキュメント vol.7

141009koya_koyaten_11.jpg


僕らの小屋を、どうぞ、のぞいていってください。

10月4日から開催中の「小屋展示場 by SuMiKa」。東京・虎ノ門ヒルズのほど近くに、住宅展示場のように14棟のオリジナルな小屋が立ち並ぶイベントです。ライフハッカー[日本版]編集長の米田とデザインムジカ・安藤僚子さんのチームも、制作した小屋「In&Out&Go(号)」を展示しています。その過程は、これまでにも以下のようにお届けしてきました。



141009koya_koyaten_2.jpg


晴天にも恵まれ、イベントは無事にオープン! さっそく、多くの方に足を運んでいただいています。

さて、このドキュメント連載初回で、「In&Out&Go(号)」のアイデアを発案した米田は、こう書いています。


茶室のように、日本人に備わっている狭い空間に美と機能を収めるセンスと、ネットに接続された現代人の内なる(怠惰な)欲求、つまり「手が届く範囲にすべてがあり、長居できる空間がほしい」「誰にも気兼ねせずリラックスできる自分だけの書斎やオフィスを持ちたい」という願望を統合し、表現するのが、この「IN & OUT & GO(号)」です。これは書斎であり、トイレであり、モバイルオフィスであり、現代人の多様な「願い」を実現したコンセプチャルな「小屋作品」です。


その思いは形になったのか。僕らが制作した「In&Out&Go(号)」を、この記事で簡単に紹介します。


141009koya_koyaten_8.jpg


「In&Out&Go(号)」は他の小屋とはちょっと趣が異なることもあって、足を止めていかれる方が多くいて嬉しいかぎり。「中に座ってもいいですか?」とさまざまな人からお声がけいただいています。中をのぞいて驚かれる人、笑い出す人、写真を撮る人...と、小屋のまわりはいつも楽しげ。「私も入ってみたい!」と思ったら、近くにいる係員までひと声おかけくださいね。


141009koya_koyaten_6.jpg


別の角度からどうぞ。壁面緑化、できていますね。実は小屋のおしり(?)の部分からパイプが伸びていて、離れたところにある植木鉢につながっています。今回、トイレの水洗機能はないため、あくまでイメージですが、トイレから"Out"したものが循環していく...というアイデアを表現したつくりです。


141009koya_koyaten_5.jpg


さて、小屋の中をちらりとのぞいてみると、こんな感じ。成人男性が座っても、スペースには意外と余裕があります。小屋の内部には連載第5回で紹介した、見事な和柄の模様が目を引く、世界初?の電子ペーパー壁紙が貼られています。

トイレに腰掛けてみると、優雅なクラシック音楽が便器に備えつけのスピーカーから自動的に流れます(連載第2回で紹介した機能ですね!)。また、モバイルオフィスらしく、手の届く範囲にさまざまなものがあります。頭上には、後方に設置したプロジェクターからの映像を投影。正面には譜面台のような作業デスクがあり、タブレットなどを置けます。写真では見えませんが、右手には本棚、そして床の間もあり、生け花が飾られています。


141009koya_koyaten_4.jpg


ちなみに生け花は、米田が自分で手がけています。


141009koya_koyaten_7.jpg


生け花をする米田の後ろに目を向ければ、こちらも連載第4回で紹介した、デザインムジカの安藤さんが取り入れてくれた「粋な」アイデアが形に。コラボレーターや協力者の社名を入れたお祭りのような提灯たちが雰囲気を盛り上げます。

訪れたお客さんから「この小屋はいくらで売っているのですか?」とよく質問をいただきますが、「In&Out&Go(号)」は「作品」のため、非売品です。ただし、美術館などで展示したいというお話は募集中ですので、こちらのメールアドレスまでご連絡ください。


141009koya_koyaten_10.jpg

『密談ゴーイングオン secret tea ceremony(写真/奥村智範)』。写真は「給湯流茶道」ページより。


そして、この雰囲気をさらに倍増...いや「爆発」してくれるイベントが10月11日(土)15時より行われます。「グローバル経済やリストラといった下克上と戦う現在の戦国武将はサラリーマンやOL! 彼らの戦地であるオフィスビル(の給湯室!)で茶会をしよう!」と銘打って活動している「給湯流茶道」が、「In&Out&Go(号)」を借景に先着限定20服の茶会を開いてくれます。ユニークな写真が撮れることうけあいですので、ぜひお楽しみに。


141009koya_koyaten_9.jpg


小屋展示会は10月13日(月)まで東京・虎ノ門にある「南桜公園」脇にて開催中。展示している小屋やアクセスの詳細は、下記サイトよりチェックしてみてください。テレビをはじめとしたメディアの取材も続々の本イベント。これからの新たな「小屋ムーブメント」を体感しに、ぜひいらっしゃってくださいませ。


日本初!小屋展示場OPEN by SuMiKa

(長谷川賢人)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.