• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  -   01:00 PM

ビールのホップに含まれる成分が、脳の認知能力を向上させる(ただし若者のみ)

ビールのホップに含まれる成分が、脳の認知能力を向上させる(ただし若者のみ)

141007beer.jpg


大酒飲みは体に悪そうだと思われることが多いです。しかし、それも悪いことばかりではありません。ビールの原料ホップに、脳の機能を向上させる物質があることが分かりました。

オレゴン州立大学の研究者が、ホップに含まれるフラボノイドの一種であるキサントフモールが、若いマウスの認知機能を向上させることを発見したと、英紙デイリー・メールが報じました。


必要な飲酒量は非現実的だが


ここで大事なのは、どれくらいの量を飲めばいいのかということです。認知能力を向上させたい場合、人間なら1日で3520パイント(約1665リットル)のビールを飲まなければなりません。ちょっと現実的ではない数字です。認知能力が向上する前に、アルコール中毒で死んでしまいそうです。

それでも、現実的ではないほどの高用量のキサントフモールは、若いマウスが環境の変化に適応する能力を向上させたのは事実です。どのくらい能力が向上したかを測るために、研究者はキサントフモールを投与し、マウスを特別に作られた迷路に入れ、出口を見つけさせました。一番多く投与されたマウスが、一番知的能力が向上していました。

残念ながら、年を取ったマウスには脳の機能向上の兆候は見られませんでしたが、科学者は、キサントフモールが高血圧や肥満、加齢による記憶障害の治療にも使用できるのではないかと考えています。

オレゴン州立大学のKathy Magnusson教授は、デイリー・メール紙にこのように語っています。


このフラボノイド(キサントフモール)などの成分には、記憶を形成するのに適した能力の機能が含まれているのではないかと思われます。この研究は、健康に良い栄養からの恩恵を十分に受けるには、若いうちから摂取し始めることが大事だということも示唆しています。


このように言われると、科学者が若いうちからビールを飲むことを推奨しているようにも聞こえます。ビールを飲む習慣がない人は、毎週ハッピーアワーを楽しみ、周りの人たちの認知能力がどれくらい向上しているかを観察してみてはいかがでしょうか。


Have a Beer, It's Good for Your Brain|Inc.

Will Yakowicz(訳:的野裕子)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.