• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,  11:00 AM

モチベーションを上げる「生産的全力疾走」5つのルール

モチベーションを上げる「生産的全力疾走」5つのルール

141003motivationboost.jpg


やらなければならない仕事が山のようにある時、または鬼のように働かないといけないと感じるとき、「生産的全力疾走」は生産性を最大化し、モチベーションを急上昇させるのに役立ちます。


通常の生産性はジョギングのようなものです。ペースを維持し、まずまずのレベルで作業を完成させていきます。しかし、期限がある場合や休暇を心待ちにしている場合は、もう少し早くフィニッシュラインに到達し、常に集中して取り組みたいものです。そんな時は生産的全力疾走を取り入れてみてください。

この概念、一部だけはよく知られていますが、「Zenhabits」の Leo Babauta氏は、生産的全力疾走のためには5つのルールを一緒に使用することを勧めています。


1.時間的にプレッシャーをかける:締め切りがない場合は、実際に締め切りを作ります。旅行、パーティー、会議、その他何でもいいので、とにかく他の人と約束をして自分にプレッシャーをかけます。

2.作業の具体化:締め切りまでのそれぞれの全体と毎日のスケジュールを設定します。

3.生産的な時間を切り分ける:毎日決まってやる作業時間をタスクそれぞれに設定し、その時間を大切にします。その時間帯には他のことはできません。何であっても駄目です。

4.小さい間隔で働く:設定した時間内は懸命に働き、回復のために短い休憩をたくさん設定します。

5.仕事について人に話す:これが最も重要です。ガンガン仕事を進めながら、どのくらいできたのか楽しく自慢しましょう。素晴らしい気分になります。


これらのガイドラインに沿うと、前進し続ける勢いを築きつつ、高い生産力をあげる1週間の計画を立てられます。しかし、覚えておいてください。常にこのレベルで仕事をしたいとは思えないでしょう。実は「全力疾走」と呼ばれる、納得のいく理由があります。このルール、燃え尽きてしまうまでの間しか使えないからです。


The Productive Sprint | Zenhabits

Patrick Allan(原文/訳:Conyac
Photo by Roman Boed.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
 

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.