• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,  06:00 PM

職場改善のアイデアを上司に聞いてもらう4つのポイント

職場改善のアイデアを上司に聞いてもらう4つのポイント

140930my_boss_listen.jpg


ライフハッカー編集部さま

私は職場で意見を聞いてもらっていない気がします。「こうしたら自分のチームはもっとうまく仕事ができるのに」と思えることがたくさんありますが、提案をするたびに却下されるか、真面目に受け取ってもらえないかです。上司に話を聞いてもらうにはどうしたらいいでしょうか。

Ignored Ideas(無視されたアイデア)より


同じ思いをしているのはあなただけではありません。さまざまな理由があって、上司はあなたを無視しているのでしょう。たとえば、上司は自分の考えに固執しすぎていてるのか、あるいは忙しすぎるのかも。でなければ、単にくだらない上司なのかもしれません。あなたがされているのと同じことを、私も上司からされたことがあります。そして、私は自分の部下にはそういうことをしない上司を貫きました。

すべての人に通じる話ではありませんが、意見を聞いてもらう可能性を高める方法はいくつかあります。


1.提案する立場に自分がいるかを確認する


チームにより良い方法を提案する前に、ちょっと立ち止まって自分自身を見つめましょう。あなたの仕事ぶりはちゃんとしていますか? そうでなければ、上司はあなたの話を聞こうとはしないかもしれません。まずはあなたがこなすべき仕事に集中してもらいたいと思うでしょうから。上司はあなたのことが好きでしょうか(あるいは本当にあなたのことを知っていますか)。そうでないと思われるなら、まず上司との関係を築くことに時間を使いましょう。あなたを信用していれば、ずっと話をきいてくれるようになるはずです。


2.考えの根拠を用意しておく


次に、事前準備をしましょう。自分のアイデアをどうやって導入するのか、導入後にうまくいくのかもわからない状態で、気軽にアイデアを言わないように。それが良いと思う根拠をいくつか集めるのです。

他社ではそのアイデアを別のやり方で導入していますか? その結果はどうだったのでしょうか。その方法を採用した場合、最近のプロジェクトにどのような影響が出る可能性があるかの例を挙げられますか? 根拠をたくさん出せるほど、相手を説得できます。一度に全部出す必要はなく、必要なときには出せるように準備をしておくことです。

同様に、攻めの計画も考えておきましょう。なんとなく漠然とした考えでなく具体的なアイデアがあるなら、相手もわかりやすいはずです。そのアイデアの導入は上司にとって大した苦労にはならないなら、さらに良いですね。


3.相手の視点に立って提案する


意見を聞いてもらう可能性を高めるためには、「あなたのアイデアを取り入れることで、上司にどんな利益があるか」を説明するのです。あなたでなく上司がどんなふうに楽になるかをわからせるのです。さらに、上司がどのようなコミュニケーションを好むのかを知っておき、有利に使いましょう。「U.S. News」のAlison Green氏は以下のように言っています


あなたは長いレポートを書くのが好みかもしれません。しかし、あなたの上司が1ページに収まった箇条書きのリストや、直接会って話すことを好むなら、上司の好みに合わせましょう。少なくとも良い結果を得る可能性を高めたいならです。自分の上司がどのようなコミュニケーションを好むかに注意を払い、それを適宜取り入れるのが大切です。月曜日の朝、上司はいつも急いでいてメールをほとんどチェックしないとわかったら、あるいはきちんとミーティングをスケジュールしないと上司とはほとんど話す時間がないとわかったら、自分の求める結果を得られる可能性が高いアプローチを選べます。


誰もが内面はちょっと自己中心的なものです。あなたのアイデアを上司のニーズに合わせて仕立てれば、ずっと話を聞いてもらえるでしょう。


4.全体像を見据える


あなたにとっては重要なことでも、上司には他に山ほど気にしなければならないことがあって、あなたのアイデアは決して最優先でないかもしれないのは忘れないように。会社が、財務上の問題のような、ずっと大変なことを解決しようとしている時ではないことを確認しましょう。でないと、右から左に聞き流されてしまいます。

最後に、その話をするのに適切な人に伝えるようにしましょう。上司はあなたが望む変化を実現させるだけの力がないかもしれず、その場合はもっと上長のところに行くか、現状のままでやっていくしかないでしょう。逆に、上司に時間やエネルギーがないなら、試用ベースであなたのアイデアを導入してもいいか聞いてみましょう。そうすれば、上司は細かいことを心配しなくてよくなります。

上記のステップは、どれも必ず意見を聞いてもらえる保証のあるものではありません(あなたの意見がたいしたものでない場合は特にそうです)。しかし、正しいタイミングで正しいアプローチをすれば、自分も、願わくば上司も、ずっと楽になります。幸運を祈ります。


ライフハッカー編集部より


Whitson Gordon(原文/春野ユリ)
Title image remixed from Kuvshinova Nadezhda (Shutterstock), Kuvshinova Nadezhda(Shutterstock), Jane Kelly (Shutterstock), and VLADGRIN (Shutterstock).

  • ,,,, - By ライフハッカー編集部LIKE

    真田一族に学ぶビジネスパーソンの理想像。乱世を生き抜くカギは「約束」にあり

    Sponsored

    真田一族に学ぶビジネスパーソンの理想像。乱世を生き抜くカギは「約束」にあり

    真田一族に学ぶビジネスパーソンの理想像。乱世を生き抜くカギは「約束」にあり

    戦国武将に学ぶビジネス論を、皆さんも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。めまぐるしく変化する情勢の中、選択を誤れば一夜にして滅亡しかねないという時代を、鮮やかに、あるいはしたたかに生き抜いた戦国武将たち。彼らの処世術・仕事術は、刻一刻と変化するテクノロジーやビジネススタイルに対応しなければならない現代人にとって、むしろ身近なものかもしれません。 『戦国BASARA』は、独自の史観とダイ  10:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.