• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

堀込泰三堀込泰三  - ,  09:00 PM

その不安は、夢をあきらめる理由にはならない。仕事をしながら情熱を追い続けるためのアドバイス

その不安は、夢をあきらめる理由にはならない。仕事をしながら情熱を追い続けるためのアドバイス

140927passion1.jpg


ひと口に情熱と言っても人それぞれ。その意味するところは異なるものの、誰しも、それを追い求めることができない理由があるようです。そこで、夢を追い続けたいと思いながらもなかなか前に進めないあなたに、よくある不安とその対策アドバイスをお贈りします


自分の情熱がわからない


140927passion2.jpg


自分でもよくわからないものを追い求めることは非常に困難です。でも、ご安心ください。自分の好きなことがわからないのは、あなただけではありません。多くの人が、自分にとっての「夢の仕事」がわからずにもがいているのです。まるで漂流しているような人生だと感じるなら、パドルを手にして、未知の水路を進んでみるのもいいかもしれません。コンフォートゾーンを飛び出して、新しい経験を積むのです。自分を閉じ込めている泡から出るのは怖いかもしれませんが、いつかきっと、ワクワクする何かを見つけられるはず。

どこから手を付けていいかわからないあなたでも、多少であれば自分が何に興味を持っているかは知っているでしょう。「Forbes」のErika Andersonさんは、ある程度カテゴリーを絞ったら、とにかく踏み出してみることを勧めています。


私はいつも、シンプルなアドバイスを伝えています。それは、好奇心を持って探求すること。そうすれば、自分の反応を知ることができます。好奇心とは、「もっと知りたい」と思う、素晴らしい気持ちです。心の中のかゆみのようなものとでもいいましょうか。自分の情熱に対して好奇心を持つことが許されるなら、それを満たすための主な手段は、「情報」「人」「状況」の3つが考えられます。


つまり、リサーチして情報を集め、誰かに夢を語り、「これは自分にとって好きなことか?」と自問せざるをえないような状況を作るのです。「ふと気がついたら自分がしていること」を知るのもいいでしょう。誰でも趣味はあると思いますが、もっと深く、あなたの人生にとって刺激になるものについて考えてみてください。「Dropbox」の創設者、Drew Houston氏は、この種の質問として素晴らしい事例を示しています。


「成功を収めるのは、自分にとって重要な課題の解決に夢中になっている人たちです。その姿は、テニスボールを追いかける犬のようなもの。あなたも、テニスボールを見つけてください。あなたを前へと引っ張る何かを


得意分野を知るのも重要な要素のひとつ。誰でも、何かしらの得意分野を持っているはずです。数字が得意な人もいれば、デザインを見る目に長けている人もいるでしょう。自分でも気づいていない、未開拓の能力を持っている人も多いと思います。「Zenhabits」のLeo Babauta氏は、自分に何ができるのかを知るには、十分に時間をかけて考える必要があると言います。


少なくとも30分、自分に問いかけてください。私たちは、自分がうまくできたことを忘れてしまう傾向があるので、じっくり考える必要があるのです。これまでにしてきた仕事、プロジェクト、趣味を、できるだけ遠い過去まで振り返ってください。そこで思い浮かんだ何かが、あなたの情熱なのかもしれません。複数のことが思い浮かんだなら、情熱の候補としてリストにしておきましょう。


さあ、あなたのテニスボールは何ですか? 1つに絞ることはできなくても、きっとあなたの前には、いくつかのボールが弾んでいるはず。それでも十分な進歩です。次は、剪定の作業に入りましょう。まずはひとつひとつの情熱候補について考えてみます。立派な果実を育てるには、それら候補の中から、最適な枝を選ぶ必要があります。じっくり考えて、ドキドキが高まる枝が残るように、その他の枝をはらっていくのです。情熱は、あなたを心の底からワクワクさせるものでなければなりません。つまり情熱とは、そのために生きたいと思えるものなのです。


情熱だけでは食っていけない


140927passion3.jpg


もっとも一般的な言い訳です。「やりたいことははっきりしているのに、やることが多すぎて...」と言いたい気持ちはわかります。でも、忙しいのはあなただけではありません。誰もが忙しいのです。だからといって、「忙しい忙しい」と言ってばかりでは、やりたいことのために数分の時間を作ることさえできなくなってしまいます。仕事によって個人差はあると思いますが、まったく時間がないフリをするのはもうやめましょう。

情熱を追いながら、別の仕事を持つことは素晴らしいことです。いえ、むしろ理想と言えるのではないでしょうか。でも、仕事を情熱を追求しない言い訳にしてはいけません。食べていくための仕事をしながら情熱を追求し、成功を収めた人は数知れず。彼らだって、与えられた時間は24時間しかなかったはず。だから、疲れたと言っている場合ではないのです。

もしも許されるなら、仕事中に好きなことをできる時間を見つけましょう。チリも積もれば山となります。もちろん通常業務に支障があってはいけませんが、仕事中に周囲にばれることなく、ちょっとした時間を作る方法はたくさんあります。1週間で小説を書いたり、1時間の昼休み中に完璧なスープのレシピを考える必要はないでしょう。ブログ「Levo League」のMichela Araminiさんは、自分の情熱を常に進行させておくための秘訣を、こう記しています。


情熱を込めたプロジェクトを素晴らしいものとして受け入れることができたら、あとはもう、日々そのプロジェクトを進められることが心から楽しくなり、「十分にできていない」という悪い気持ちは消え去ります。毎月、毎週、毎日の目標を定めて、達成できたら自分にご褒美をあげるといいでしょう。


目標に向かって、一歩一歩進みましょう。長期的な進捗を知るのも嬉しいものですが、それよりも日々の作業にワクワクするはずです。午後に10分間の書き物タイムを確保したり、お昼休みの半分をプログラミングの勉強に充てるだけで、心が弾むようになるのです。

「情熱の追求」と「夢の仕事」が同じである必要はありません。「好きなことを仕事にする」のはきれいごとだという主張する人もたくさんいますが、実際あなたの情熱の種類によっては、それを仕事にするのはやめた方がいいこともあります。情熱を仕事にしてしまったがために、お金に困窮したり、情熱が消え失せて、逆に嫌悪に変わってしまうこともあるのです。

幸いにも、人生は仕事だけではありません(少なくとも、そうであるべきではありません)。スペシャルなことを追いかける方法は、仕事以外にもたくさんあります。仕事は「それなり」でも十分。その仕事をしながら、並行して夢を進めましょう。両方を同時にやっちゃいけないというルールはありませんし、それは意外と普通のことだったりします。

用務員のMikeさんが週3でお笑いの舞台に立っていたり、経理のMargeさんが実は路上チョークアーティストだったり、ITガイのBillyさんがジャズバンドでベースを弾いていたりすることは、よくあることなのです。やらなければならない仕事があるなら、自分の二重性を認め、残りの時間を好きなことに充てるのが正解です。


自由時間を犠牲にしたくない


140927passion4.jpg


あなたが追求したいものは、自由時間にやりたいものだったはずではないでしょうか? そうでないなら、これはすべて、あなた自身の責任。自分の好きなことのはずなのに、自由時間を費やしたくないと思うようであれば、もはやあなたの情熱は消え失せてしまったのかもしれません。バーンアウトを避けることは必要ですが、自由時間こそ、あなたの好きなことに取り組むための最適な時間なのです。

これは、あなたの情熱を試すテストになります。週末を副業に費やすことは、あなたの望みですか? 長い仕事が終わったあと、夜のクラスを取ってまで何かを学びたいと思いますか? 時間をどう使うかは、完全にあなた次第。ベビーシッターを見つけたり、自宅からオンライン講座を受講したり、方法はいくらでもあるはずです。いずれにしても、自分のやりたいことのためなら、時間を作るだけのパワーが出てくるでしょう。あなたは、最適なバランスを見つければいいのです。


失敗が怖い



失敗を恐れている場合ではありません。あなたは、かならず失敗します。最初からうまくいく人なんて、どこにもいません。私たちは、失敗から学び、自分を変え、強くなっていくのです。それを繰り返すことで、いつかは成功できるレベルにまで到達します。だから、失敗を乗り越え、いつでも前を目指してください。この世界には、失敗があふれています。でも、幸いにもそれは、私たちを前進させる力になるのです。

Larry Smith教授は、上のTEDトークにおいて、ただ「いいキャリア」を手に入れることは不可能だと述べています。現代においては、いいキャリアを手に入れたくて好きでもない仕事を続けることが多いものですが、それでは永遠に満足することができません。そうなってしまうのは、失敗を恐れているから。失敗は、恐れる対象ではありません。私たちの身の回りに、かならず存在するものなのです。

「もしも~だったら」と自問して、自分なりに結果を想像してみてください。絵を始めたり、バンド活動を始めることで、あなたの生活にはどんな害がありますか? 初めての舞台でヘマをやらかしたら? どの失敗も、あなたを成長させるとともに、情熱を強めてくれるのではないでしょうか。


どこから手を付けていいかわからない


140927passion5.jpg


やりたいことはわかっているんだけど、何もかもが少し威圧的に見えることがあります。でも、ローマは1日にしてならず。あなたの壮大かつ情熱的な目標を、1日で達成できるはずがありません。その大きくて恐ろしい目標を、たくさんの小さな目標に分割しましょう。そうすれば、小さな目標を達成するたびに、少しずつ大きな目標に近付いて行きます。Jule Connor博士は、Linkedinブログにおいて、「SMARTゴール」の設定を提案しています。


  • Specific(具体的):自分は何を達成したいのか? なぜそれを成し遂げたいのか? メリットは? 何が必要? どこにある?
  • Measurable(測定可能):必要な量は? 進捗を図るためにどんなツールが必要? 目標に向かう途中で、どんなターゲットを達成する? 達成を判断する方法は?
  • Attainable(達成可能):目標の達成方法は? 目標は行動指向的か? 立ち上げやサポートにかかるお金は? 目標達成にはどんな知識やスキルが必要?
  • Realistic(現実的):その目標が重要な理由は? その目標が必要な理由は? その目標をいま追求すべき理由は? 自分の価値観と合致しているか?
  • Time-bound(期限を定めている):目標達成に向けた時間的枠組みはあるか? いつ計画を実行するのか? 今後半年間で、目標達成のために何をするのか? 今後6週間で、目標達成のために何をするのか? 今週中、目標達成のために何をするのか?


1つ1つのステップは、定量化できるものでなければなりません。自分の達成度合いを把握できると、モチベーションが高まります。習慣が大事な人は、スケジュールを決めて、情熱プロジェクトに取り組む時間を作りましょう。毎日90分間取り組むとか、毎晩1枚の絵を描くといったような約束を、自分に課すのです。そうすることで、興味を失いにくくなるでしょう。

千里の道も一歩から。何よりも大事なのは、とにかく始めることです。何を書いていいかわからなければ、何でもいいのでキーボードを叩いてみる。何を描いていいかわからなければ、とにかく筆を動かしてみる。どんな料理を作ればいいかわからなければ、冷蔵庫にあるものを取り出してみる。動くことを自分に強制すれば、モチベーションを一気に高められるでしょう。


ひとりじゃできない


140927passion6.jpg


人生にはたくさんの壁が待ち受けています。子どもが生まれたり、2つの仕事を掛け持ちしたりと、楽なことばかりではないのです。あまりにも負荷が高ければ、助けを求めることは何ら問題ありません。キャリアカウンセラーのMarkerll R. Steeleさんは、サイト「Futures In Motion」において、サポートが必要なら、周囲の人たちに正直でいる必要性があると訴えています。


私たちは、物事がうまく行かないと真実を隠そうとします。でも、それでは周囲の人たちはすべてがうまく行っていると思い込み、それ以上のチャンスや提案を与えてくれません。一方で、周囲の人たちに現状を正直に話していれば、驚くほどたくさんの人が同情し、手を差し伸べてくれるでしょう。泣きごとや不平を並べ立てろと言っているのではありません。ただ、物事が思うように進んでいないけれど、それでも改善に向けて取り組んでいるのだという、現状を受け入れてほしいのです。私の経験上、情熱を追い求めることは、どちらかを選ぶというよりは、バランスを取ることだと思います。


サポートがなければ、新しいプロジェクトに取り組む困難は倍増します。情熱のためには、とことん自分を没頭させる必要がありますが、それにも限度があるのです。それに、助けが必要になるのは作業だけとは限りません。「Fast Company」のMark McNeilly氏は、そのことを大っぴらにしても構わないと説明します。


感情面では、近くに勇気づけてくれる人さえいれば、恐怖や不安を克服するのはかんたんです。でも、金銭面でもきっと、助けが必要なはず。


家族や友人、恋人、同僚などに相談しましょう。あなたのしていることと、それによる影響を、しっかりと伝えます。きっと彼らは、あなたを激励してくれるでしょう。助けを求めることは、弱いこととは違います。むしろ、その必要性に気付いて助けを求めるためには、強さと勇気が必要なのです。


明日やる


140927passion7.jpg


あなたの「明日」は絶対に訪れません。きっと、手遅れになるまで「明日」と言い続けるのでしょう。そうならないためには、今すぐやるしかないのです。時間がないのであれば、作るしか方法はありません。おかしなことに時間とは、使わなければどんどんなくなってしまうのです。時間を見つけるのは難しく、達成には時間がかかるかもしれませんが、時間がかかるという理由だけで夢をあきらめるべきではないのです。


Patrick Allan(原文/訳:堀込泰三)

Photos by Leremy (Shutterstock), Ged Carroll, Peronimo, Marco Arment, bryan, brewbooks, Laura D'Alessandro.

  • ,, - By ライフハッカー編集部LIKE

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    Sponsored

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    お財布は忘れてもスマートフォンだけは忘れない。そんな気持ちになるほどスマホは肌身離さず持ち歩くアイテム、かつ、もっとも手近なコンピューターです。メールの確認はもちろん、ウェブで調べもの、SNSのチェックや投稿と、ひんぱんに使うことから、1日のどこかでバッテリーを充電しているのではないでしょうか? 常に手元にあって、いつでもどこでもすぐ使えることがスマホの魅力ですから、最低でも1日はバッテリーが持  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.