• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,  08:00 PM

がんばるだけが美徳じゃない。「やめること」「あきらめること」の3つのメリット

がんばるだけが美徳じゃない。「やめること」「あきらめること」の3つのメリット

140926_quitting.jpg


仕事を効率よく終わらせることに関する記事は、今週だけでも何本も見たり読んだりしたのではないかと思います。この記事はそれとは少し違います。今回は「やめること」の効能をご紹介します

これは、今年のWebstockでデザイナーのLiz Danzicoさんが言っていたことです。トークの中でDanzicoさんは、「終わっていない仕事はクローゼットから出す」と言っています。恥じることなく、堂々と夢の仕事をやめてもいいと認めましょうということです。今の風潮として、粘り強く耐えて終わらせるのが良しとされることが多いですが、この強迫観念によって、やめることの利点が認識されにくくなっています。では、やめることの利点とは何でしょう?


1. サンクコストの間違った考え方を打ち消すことができる


なかなか進まないプロジェクトや、あまり良くない仕事、問題のある人間関係などに、長い間囚われているのであれば、おそらく両親の責任も一部にはあるでしょう。私たちは、子どもの頃に無駄使いをしないようにと教わるので、少ない資源を使う時には明らかに神経質になります。しかし、時間という観点から見ると、サンクコスト(すでに投下して回収できない費用)の間違った認識として知られている考え方です。

人間は、無駄なことをしているように感じるので、エネルギーを注いだものを諦めるのが嫌いです。子どもの頃に野菜を残したら、お母さんに食べ物を粗末にしてはダメだと言われたので、無駄が嫌いなのです。しかし、その仕事がもはや何のメリットも無いのであれば、これまでかけてきた時間を"失わないように"するために続けるというのは、合理的ではありません。その仕事は、いくら時間をかけたとしてもいずれ失敗に終わるでしょう。

継続するのは、最後の1本の牛乳を使うというより、自分の時間もエネルギーも無尽蔵に捨てるようなものです。失敗が早まっても、損失を少しでも減らした方がいいですよね?


2. イノベーションを後押しする


喜んで失敗を受け入れることは、単に時間とエネルギーを適切に使うためだけではありません。Danzicoさんは、これはイノベーションでもあると言っています。ほとんどの人が、失敗を歓迎するのは、イノベーティブになる大事なポイントだと聞いたことがあるでしょう。

イノベーティブになるための別の方法として考えられるのは、創造性を最大限にすることで、そのためにはすぐにあきらめることも厭わないようにならなければなりません。間違ったアイデアに突き進んで失敗する必要はありません。失敗しそうな予感がしたら、すぐにあきらめましょう。何度も試行錯誤を繰り返しましょう。一般的に、試行錯誤を繰り返すことでイノベーションが生まれると言われています。


3. 臨機応変になる


どんなに障害があっても、何が何でも目標を達成するような不屈の精神を持っているような人が、起業家タイプだと思っている人が多いです。しかし、Danzicoさんによると、調査の結果、起業家はそんなステレオタイプではありませんでした。実際に成功している起業家を見てみると、目標を達成するために、あらゆる苦難を乗り越えている人たちではないことがわかるでしょう。それよりも、状況に合わせて目標を変えている人の方が多いのです。良い起業家というのは、大事な目標を達成するためであれば、何度も軌道修正することを厭わない人です。最初に掲げたのと、必ずしもまったく同じ目標である必要はないということです。

Danzicoさんは、このようなアプローチの仕方を「標的を減らし、何度も撃つ」と表現しています。プロのシェフではなく家庭の主婦のように、台所と冷蔵庫にあるもので何か美味しいものを作ろうと料理をするようなものです。やめることで幸せになるには、臨機応変になることが不可欠です。


3 Surprise Benefits of Quitting|Inc.

Jessica Stillman(訳:的野裕子)
Photo by Shutterstock.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.