• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

itou  - ,,  09:00 PM

あなたは当てはまる?翌日に影響するちょっと変わった睡眠障害たち

あなたは当てはまる?翌日に影響するちょっと変わった睡眠障害たち

140925sleeping.jpg


Inc.:朝目が覚めると、意識がもうろうとしており、少し錯乱しているとさえ感じる...。この混乱が日常化すると、目覚まし時計を止めようとして電話に出てしまったりなど、おかしな行動が表れます。「朝起きづらい」以上の深刻な問題にも発展することも。

睡眠酩酊と呼ばれるこの症状は、朝起きたときに頭が混乱しているのが特徴です(とはいえ、アルコールとは無関係)。

専門誌『Neurology』に掲載された新しい研究によると、7人に1人がこの症状を体験しているそうです。米国の約2万人を対象とした調査では、15%の人が前の年に少なくとも1回は睡眠酩酊を体験したと答えています。また、そのうちの半数は、週に一度は睡眠酩酊になると答えています。

興味深いことに、前年に一度だけ睡眠酩酊を体験した人の37%が、うつ病やパニック発作、不安神経症などの精神疾病に苦しんでおり、31%が抗うつ薬のような向精神剤を服用していると答えています。

また、前日の睡眠時間が短かったり(6時間以内)、長すぎた(9時間以上)ときに、睡眠酩酊を体験しやすいことがわかりました。

「この、目覚めた時に混乱するという症状は、あまり関心を向けられてこなかった」とスタンフォード睡眠疫学研究センターのモーリス・M・オヘイヨン(Maurice M. Ohayon)博士は話しています。「この症状に苦しむ人が増えている現代、その原因や治療法について、もっと研究されるべきです」


アメリカ人の3分の1が慢性的な睡眠障害に苦しんでおり、米国における睡眠関連ビジネスは少なくとも325億ドル規模に拡大しています。つまり、睡眠酩酊以外にもさまざまな睡眠障害があるということ。以下、その中でも一風変わった3つの睡眠障害を紹介します。


睡眠関連摂食障害(Sleep Related Eating Disorder:SRED)

寝ている間に食べてしまう症状に苦しむ人々がいます。朝起きたらベットに食べかすが散らかっているのが証拠となります。彼らは夜中にベッドから這い出し、キッチンに忍び込み、冷蔵庫を開け、「ときに、ちゃんとした料理を作って食べたのに、全く覚えていないこともある」と睡眠コンサルタントで医師助手のパティ・タッカー(Patty Tucker)氏は語ります。

この症状の患者は普段食べないものや、危険なものを食べる場合があります。タッカー氏の患者の1人は、「凍ったままの冷凍食品をそのまま食べた」そうです。SREDの症状が続けば、体重増加、コレステロールレベルの上昇、2型糖尿病などにつながります。また、「この症状による睡眠の妨害が、日中の疲労につながり、睡眠不足と同じ状態になる」そうです。

この症状は男性よりも女性に多くみられ、米国人の約3%がこの症状に苦しんでいます。クリーブランド・クリニック(Cleveland Clinic)によると、患者の多くは日中に食事制限をするのだとか。また、「SREDの患者のなかには、アルコール中毒や、薬物乱用、別の睡眠障害に苦しんだ過去を持つ人もいる」そうです。


レム睡眠行動障害(REM-Sleep Behavior Disorder:RBD)

この症状は、50歳以上の男性に多くみられ、退役軍人やPTSD患者がよく体験します。患者たちは夢の中の出来事(多くは暴力的なもの)に反応して、叫んだり手足を振り回したりします。ときに、ベットから転げ落ちることもあります。ある患者は「敵から攻撃される夢を見て、ランプを窓の外へ投げつけた」とタッカー氏。

この障害では、レム睡眠中に働くはずの骨格筋弛緩のメカニズムが破綻し、夢の中の行動をそのまま身体で表してしまいます。また、理由は不明ですが、RBDはパーキンソン病とも関連があることがわかっています。RBDの兆候を示す患者の40%が、最終的にはパーキンソン病を患います。


暗所恐怖症(Nyctophobia)

厳密には睡眠障害とは言えませんが、成人における暗所恐怖症は不眠症につながります。トロントにあるライアソン大学のコリーン・カーニー(Colleen Carney)博士によると、暗所恐怖を訴える人の約半数が、睡眠困難に苦しんでいるそうです。

「消灯」のことを考えるだけで、不安と恐怖を覚える人もいます。その不安や恐れが、安眠のために必須な、リラックスしたりコントロールを手放す能力を妨げます。また、スクリーンやTVなどの光を夜に浴びると、睡眠に必要な脳内ホルモンであるメラトニンの放出が邪魔され、睡眠障害につながります。


4 Really Strange Sleep Problems (You Could Have One) |Inc.

Maureen Mackey(訳:伊藤貴之)
Photo by Shutterstock.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.