• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matonomatono  - ,,  08:00 PM

年齢によって幸せの感じ方がどのように変化するかという研究結果

年齢によって幸せの感じ方がどのように変化するかという研究結果

140925happiness_reserch.jpg


幸せというのは追い求めると信じられないほど手に入れるのが難しく感じられるものですが、経済学やポジティブ心理学などのいくつかの学術分野において、人がより幸せになるために今持っているものをどのように活用すべきかという疑問を解明する研究がなされてきましたし、多くのジャーナリストがコラムや記事を執筆してきました。


しかし、このように幸せを追求するあらゆる努力や研究がなされたにも関わらず、幸せというのは動く標的のようなものだということに気付いていない人が多いとも言えます。

これから紹介するのは、ペンシルバニア大学のビジネススクールである、ウォートン・スクールのCassie MogilnerさんとAmit Bhattacharjeeさんの研究結果です。彼らは、人々が語る楽しい活動というものが本当にバラバラだということに、日々の観察によって気付きました。マーケティングの教授Mogilnerさんと、博士課程のBhattacharjeeさんは、幸せに基本的なパターンが存在するのかということを突きとめようとしたのです。


幸せを感じるものの変化


2人は一連の研究において、どのような経験でどの程度の幸せを感じるのかを被験者に聞きました。また、年齢別にどのような活動を投稿するのか、その活動によってどんな気分になったと言っているのかを調べるために、Facebookの投稿もチェックしました。この研究によって、幸せは一貫したパターンに従って徐々に変化する傾向にあることが分かりました。


未来を見ている若い人たちは、特別な経験からより大きな幸せを感じています。一方、年齢を重ねた人たちは、何でもない普通の経験が幸せにつながっています。


人がそれまでは特別で非日常的な経験に幸せを感じていたのが、家族や友だちとごはんを食べるというような日常的な出来事に幸せを感じるように変化する理由は何なのでしょうか?

その疑問については、さらなる研究によって、人生に残された時間がどれくらいあるかという感覚が、日常生活に幸せを感じるように変化することと関連していることが分かりました。BhattacharjeeさんはKnowledge@Whartonで「人生に残された時間はまだまだあると感じている時は、日常的なものは当然のものだと思っている」と言っています。


この研究が意味するもの


この研究については、「こんなことわざわざ研究する人がいるの?」と思った人もいるかもしれません。この研究結果は、ある意味かなり当然のように思えるからです。自分が16歳の頃を思い出してみてください。両親が、新しい台所の設備や、日曜の朝にゆっくりと新聞が読めることに喜んでいるのに、首をかしげていたのではないでしょうか。しかし、私たちは、他人について知っていることも、自分について期待していることも、まったく異なります。幸せだと感じることが年齢と共に変化する、ということを明確にしておくことには実用的なメリットがあるのです

この研究はマーケティングにも利用することができます(年配層には普通のものを、若年層には特別なものを強調するというように)。でもひょっとして、30代半ばの人は、若い人が退屈するような日常的な生活に、自分が満足していることにショックを受けるかもしれません。

少なくとも、娯楽や週末の夜にお金をそこまでかけたくないと変わってきている感覚は、まったくもって普通だという科学的な確証が得られています。ですから、昔は楽しいと思っていたワクワクドキドキするものがそこまで恋しくなくなっても、安心してゆっくりと新聞を読みふけりましょう。


What Will Make You Happy? Depends on Your Age|Inc.

Jessica Stillman(訳:的野裕子)

Photo by Shutterstock

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
 

Kotaku

© mediagene Inc.