• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,  06:00 PM

「この国の水道水は飲めるか?」を示すインフォグラフィック

「この国の水道水は飲めるか?」を示すインフォグラフィック

140924tap_water_1.jpg


世界中どこの国でも、清潔で安全な水道水が出てくる保証はありません。今回紹介する便利なガイドを見れば、水道水を飲んでも大丈夫な国はどこか、調べてからにした方がいい国はどこかが一目瞭然です。


NeoMam StudiosのDanny Ashton氏によるガイドはアメリカ疾病予防管理センターが提供する情報をもとに作られています。大陸ごとに、水道水が飲める国は青で、危険な可能性がある国は茶色で描かれており、それに加えて「危険な水をどうやって避けるか」といった豆知識が書かれています。気をつけておきたいのは、危険性があると表示されている国の水は、環境のシステムが違うため飲むには危険性があるというだけで、必ずしも汚染されているわけではないということです。


俗に「なんでも食べる」ことで有名なBizarre FoodsのAndrew Zimmern氏でさえも、地元の人々と自分の持つ免疫力は異なるため、ほとんどの国では水道水を飲まないと決めているそうです。病原菌と病気の可能性を避けましょう。そうすれば、より安全な旅ができますよ。


140924tap_water_2.jpg


A Traveller's Guide to Tap Water | NeoMam via Visual.ly

Patrick Allan(原文/訳:Conyac
Photo by Thinkstock/Getty Images.

  • ,,, - By 松尾仁LIKE

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    Sponsored

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    毎日のひげ剃りは、多くの社会人男性にとって大切なマナーのひとつです。そして、いつの時代も変わらない悩みとして言われるのが「カミソリ負け」。 T字型カミソリの世界シェアNO.1を誇るジレットは、その大きな要因のひとつが「リストローク(肌の同じ場所を2度以上剃ること)」であると考え、4年間の研究開発の末、肌を守る新機能を搭載した新製品「ジレット フュージョン5+1 プロシールド」を発売することになり  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.