• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

米田智彦  - ,,  06:00 PM

「Hard=Impossibleではない」 グラミー賞受賞の日本人サウンドエンジニア、Sadaharu Yagiに聞く・後編

「Hard=Impossibleではない」 グラミー賞受賞の日本人サウンドエンジニア、Sadaharu Yagiに聞く・後編

140921yagi_top.jpg

「グラミー賞に輝いた日本人を君は知っているか?サウンドエンジニア、Sadaharu Yagiに聞く・前編」はこちら


Sadaharu Yagi

LAを拠点に活動するグラミー賞受賞エンジニア。シャキーラ、リッキー・マーティンといったラテン・ミュージックからリンプ・ビスキットといったオルタナティヴ・ロックまで幅広いジャンルのレコーディングを手掛ける。 福岡県北九州市生まれ。九州大学音響設計学科(旧・九州芸術工科大学)を卒業。10代からドラマーとしてバンド活動を行い、20代で大学卒業後、LAに渡米。LAでバンド活動を続ける傍ら、多くのハリウッドの名門レコーディングスタジオで様々なプロジェクトに携わる。これまでに、アメリカ国内に限らず、イギリス、ドイツ、スペイン、ブルガリア、日本、台湾、ブラジル、ペルー、メキシコとインターナショナルなプロジェクトに参加。 2013年、ドラコ・ロサのアルバム「VIDA」を手掛け、レコーディング・エンジニアとして第14回ラテン・グラミー賞を受賞。それに続き2014年アルバムは第56回グラミー賞も受賞。


なにをやってもうまくいかない少年時代を経て


米田:小さい頃はどんなお子さんでした?

Yagi:僕は出来が悪かったんです。俗に言う「勉強」はまったくできませんでした。不良というわけではなかったんですけど、あんまり学校とうまくいかなかったという記憶がありますね。思春期なんてみんなそういう時期を通るのかもしれないので改まって言うことでもないんですが、閉塞感というか、何をしても面白くなかったんですね。授業に興味もないし、スポーツをやってもぱっとしない。女の子にモテたわけでもない。要は何をやってもうまくいかなかったんですね。友達関係もある段階でうまくいかなくなって、もうどうでもいいよ、って、自分の人生に対して思ってしまった時期もあったんです。

米田:自分の力で音楽の道を切り拓いた今のYagiさんの姿からすると意外な気がします。

Yagi:当時は10代でフラストレーションのはけ口も分かりませんでした。どこに向ければいいかわからない爆発的なエネルギーを持て余していたんだと思います。当時は大学に行けるような学力もなかったですし、自分は大学には行けないとずっと思っていました。

結局、浪人して大学に入ることになるのですが、当時は九州芸術工科大学という大学で、僕が在学中に九州大学に合併されたんですね。そこに音響設計学科という学科があるという話を耳にしたんです。自分の住む県の中にそんなところがあるんだと思って。たぶん、半分悔しさとか、そういう10代ならではのそういうネガティブな気持ちが一番初めの突っ走るエネルギーになってました。もちろん音楽は当然好きでしたが、音楽が好きな人なんて周りにいっぱいいましたからね。

米田:世の中に音楽が好きな人なんかたくさんいるし、音楽でプロになる人もたくさんいるんだけど、その中でも自分の仕事や自分のやり方を確立できたっていうのは、Yagiさんの試行錯誤の中でつかんだオリジナルな手法や思考があったからだと思うんですが。

Yagi:10代から変わらないことなんですけど、僕って、「かっこをつけたい人間」なんですね(笑)。「かっこつけ」なので、「俺はアメリカに行くよ」とか「ハリウッドで仕事するよ」とか、口だけで言って、弱音を吐いて帰ってくるようなことは死んでもしたくないという強い気持ちがありました。

それって僕にとっては、太ってるとか、見た目がかっこ悪いことよりも何百倍もかっこ悪いことなんですね。 一度自分が吐いた言葉は飲み込むなと。吐いた言葉を飲み込む男が一番かっこ悪いと思っています。

これはあんまり人に言えることではないんですが、ここまで来るまでにもう何回も諦めようと思いましたし、どう考えても無理だと思う瞬間いっぱいありました。

米田:そうだったんですね。

Yagi:2008、2009年頃ですね。「もうさすがに無理だ」と思いましたね。でも、荷物をまとめて日本に帰ったら、たぶん、家族や友達はハグして迎えてくれるだろうなって想像したんです。「おまえはよくやった。そもそもハリウッド行っただけでもすごい」と、「ハリウッド帰りの日本人」というキャッチフレーズを自分のマーケティングに使って日本でやっていけばいいじゃないか、っていう意見ももらったんですけど、それって自分に嘘をつくことになるわけです。本当はハリウッド帰りの成功した日本人じゃなくて、ハリウッドで通用しなくて諦めた日本人なんですね。当たり前ですが、その嘘って、僕が一番よく分かるわけです。周りをだますことはできても、自分をだますことはできませんから。

表面だけ格好を付けて、心の中では罪悪感を抱きながら、「誰かにバレてないかなあ...」とか思いながら生きるというのは、僕の中で一番かっこ悪いんです。それならもうアメリカで野垂れ死んだ方がいいと思うタイプですので。そういう意味だと、かっこ付け精神というのは、昔から変わってない部分かもしれないですね。

米田:他人が見てるっていうよりも、自分が自分のことをかっこ良く思えないとダメだっていうことですよね

Yagi:自信ってやっぱり自分の中から出てくるものですから。もっと言えば、僕の場合、自信はあっても、それは根拠のない自信というか、なんにも世間のこと知らないから大口叩いてるというような自信でした。それがだんだん経験を積み、厳しい現実にぶち当たってきたからこそ分かる自信というか、根拠のある自信に変わってきたというか。まだまだ自信がないところもありますが、そういう自信がないのにあるふりをして偉そうなことを言ってることが一番かっこ悪いとは思っています。

結局、自分が何を言おうが、どれだけキャーキャー女の子から言われようが、周りからすごいと言われようが、夜寝る前に、布団に入ってしまえば、自分が嘘をついたかどうは自分が一番よく分かるじゃないですか。で、「今日、おまえは嘘ばっかついたな」って思いながら寝たくないんですよね。それだったら正直に言って、あまり評価されなかったけど、ちって思いながら寝る方がもっと評価されるように頑張ろうって思いながら寝るほうが、なんか気持ちいいかなと。


HardとはImpossibleではない


140921yagi2.jpg


米田:アートというか表現の分野だけじゃなくてビジネスも含めて、日本人がアメリカで勝負するとか、若い人がこれから海外で仕事をするとか、若い方は夢を描いてる人もいると思うんです。LAに飛び込んで成功をつかんだYagiさんからアドバイスがあるとするとどういうことが挙げられますか。

Yagi:大人は子供より賢いですから、皆さんの周りもいろんなことを言うと思うんです。「そんなことをやるのは危険度が高い
とか「成功する確率が非常に少ない」とか。ただ、英語で言えば、Hard=Impossibleではないんですね。なぜか、ここを一緒に考えがちですけど、全然違うんですね。僕はできの悪い子供だったので、大人の言うことをあえて無視していましたけど、できのいい子ほど大人の言うことを聞いてしまいます。じゃあ、そう言う大人が世界的にみんな成功してるかって言ったら成功してないですから。言うことを聞くだけだと平均的な人間になってしまうわけです。

ですから、周りが何を言おうが、友達が何を言おうが、大人が何を言おうが、自分の可能性というのは自分にしか見えてないんだよ、ということだと僕は思うんです。自分がどこまでできるのかなんて誰にも分からないし、僕もアメリカに来るまでなにも見えませんでした。

日本人って比較的に僕はなんでもできる優秀な民族だと、僕の勘違いかもしれないんですけど、そう思ってるんですね。ただ、周りがチャレンジをサポートしなさすぎる。なぜなら周りがチャレンジしない生き方をずっとしていると、チャレンジの意味合いも分かってないし、チャレンジ=危ないと思ってしまうから。チャレンジの中で傷つきながらでも何かを手に入れるっていうことの人生の充実感を教わらないまま、若者が僕も含めて生きてきていることが多い。

でも、日本では餓死する人もいませんし、銃で撃たれて死ぬ人もほとんどいませんし、日本って何もしなくてもとりあえず生きていけると思うんです。そういうところにいると、みんな中間にぐっと寄ってしまうんですけど、中間に寄っていることに誰も気づいてない。中間に寄っているから、みんな同じような思想を共有してますけど、みんなが共有しているものは「僕らは世界的に通用する」という発想ではなく、「国際的には何もできないであろう
っていう考えの方がメインストリームになってるんだと思うんです。

でも、僕は「そんなことないよ」って言いたいですね。日本の教育レベルは高いですし、劣るはずがないと。劣るというような考え方や、世界の壁は日本人には厚すぎるという考え方が、ぼんやりとした概念として叩き込まれてるからそう思うだけであって、やってみないと分かんないじゃないかっていう。だから、やってみたら自分にもできるってことを証明できましたし。

たとえば、1台の車があって、その車は実際には300キロ出るとします。でも、法定速度などを考えて180キロぐらいまでしかメーターの目盛りはないわけです。すると本当は何キロ出るのかみんな分からないまま、180キロがマックスで、180キロになったら車が壊れちゃうなんてことも勝手に想像して、みんな150ぐらいをマックスに定めてしまう。でも、あなたの車が300キロ出るのか、350キロ出るのかは、あなたしか分からないんですよ、っていうことですね。だから、一律教育的に150キロで走りましょうね、とせずに、チャレンジしないと自分が何キロ出るか分からないものです。

つまり、自分を自分で試す瞬間がないと、自分の可能性も、自分のどこがみんなと違うのかも分からないまま、ワン・オブ・ゼムみたいな感じでぼんやりまとまってしまう。でも、それは別に日本人に実力がないわけでもなんでもなくてもっとできるんじゃないかなと思っているんですけどね。

米田:きっと少年時代のYagiさんがふてくされてたのは、その平均点を求められるところだったんじゃないですかね。

Yagi:そうかもしれないですね。しかも平均値にすら僕は届いてませんでしたからね(苦笑)。


アメリカで「普通」に聴いてもらえる音楽を日本から輩出したい


米田:今後についてなんですけど、プロデューサーという方向も考えていますか?

Yagi:実はもうやってるんです。プロデュースの仕事も何件かやりましたし、現在進行形でやっているものもあります。

ドラコのレコーディングのときも、ドラコ自身がプロデューサーでありアーティストで、彼が歌ったり、ギターを弾いているときはプロデューサーはいないですから、それを僕が全部やらせてもらうことができたんです。僕が「今のテイクよりも1個前のテイクの方がいい」とか「今のテイクの方がノリが上がってきてるから、たぶん次もう1回やってみたらもっといいテイクが取れる」とか、普段プロデューサーがやる仕事をやらせてもらえたんです。ですから、プロデュースに関しても世界トップの人間と実地で勉強させてもらったので、日本でもその経験を生かしていきたいなと思っています。この1、2年で何組かの日本のバンドのプロデュースはやると思います。

米田:Yagiさんのプロデュースってどんなやり方なんですか。何か一番気を付けてるところとか、描いているものがあれば教えてください。

Yagi:まだ日本で具体的に形を出していないので偉そうなことを言えないんですが、僕にしか分からないことがいっぱいあると思うんです。たとえば、日本のプロデューサーさんたちが「アメリカではこうらしい」とか「世界ではこうらしい」と発言しているのをたまに雑誌とかで読むんですけど、大体4年ぐらい情報が古いんです。現地ではもうそんなこと今、誰も言ってない、みたいなことがいっぱいあるんですね。

音楽なんていうのは最後は、感覚、肌で作るものだと僕は思っているので、いくら本を読んでもやっぱりできないところがあります。僕は常日頃、世界中の音楽家が集まるLAのスタジオで肌で感じている人間なので、僕にしかできないことがいっぱいあると思うんです。

もう1つは、日本のバンドを世界に出したいと思っています。アメリカにいると普通にドイツ人でもフランス人でもみんな英語で歌っていますから。それをみんな1つの音楽として聴いてるんですけど、そこになかなか日本人の音楽っていうのは入ってこないんですね。

近年、クールジャパンのカルチャーが取り上げられることも多くなりましたが、ある意味、特殊な例というか、マニアックな人たち向けという側面がある。そうではなく、ごく普通の音楽として一般的に聴いてもらえる日本の音楽ってあんまりないんです。僕はそういうものを作っていきたいと思っている。人種の壁も、文化の壁もない。そんなのはもうすでにヨーロッパ人とか達成していて、日本人にできないはずはないと思うのです。

世界に通用する音楽。日本ではこれが受けるんだというよりも、国境関係なくいいものはいいはずですから、そういう形でできる音楽を僕がプロデュースするならばやらしてもらいたいなと思ってます。


日本人は英語という壁を自らから作りすぎている


米田:わくわくするようなお話ですね。日本人はやっぱり海外で戦っていくっていうことに潜在的な不安みたいなものがありますから。

Yagi:ありますが、野茂英雄以来、メジャーリーグでもどんどん活躍してますし、サッカーでもこの10年、15年でいろんな人が活躍してますし、日本人にできないはずはないと思うんですよね。僕たちが勝手に「世界の壁は厚い」と思い込んでいる節があります。実際には壁が10メートルしかないのに想像の中で勝手に20メートルのようにして話しているだけで、実際は10メートルぐらいだったっていうのはやっぱりチャレンジしてみないと分からないんですね。

米田:多くの人が情報がありすぎるがゆえに怖がりすぎているっていうところもありますよね。実際に行ってみるとまた違う壁があるんだけど、最初のハードルをなんかやけに高くしてるみたいなところってありますよね。

Yagi:例えば、日本語が分かれば、福岡に住んでいながら東京のことってなんとなく分かるものです。それはメディアとかニュースとかで、だいたい同時代の東京の感覚って分かる部分があるからです。つまり、言語がつながってるからなんです。同じように、イギリス人もカナダ人もなんとなくアメリカの感覚って、文化は違えど分かると思うんです。ドイツ人だって、イギリス人やアメリカ人ほど英語がしゃべれないにしたって、英語の壁がそんなに高くないですからなんとなくであっても、オンラインでニュース読むこともできる。

でも、どうしてもそれが日本人にできない。霧の向こう側の出来事になってしまうんですね。ですから、それさえできれば、意外にそんなに壁は高くないんじゃないかなって思います。僕の場合、いくらか壁もありましたが、ドラコ・ロサの仕事のオファーが来たので、今につながっているという感じです。


転ぶことを怖がるより、まずは自転車に乗ってみる、体験してみること


2014年7月4日、THE PUBLICにより開催・配信された「エンジニアリングは音楽に何を与えるのか?」に帰国していたYagiさんは出演。


米田:ただやっぱり、ある種の出会いとか運を引き寄せるのも、打席に立ち続けるというか、ずっと来た球をずっと打ち続けるっていうことをYagiさんがやられてたからドラコさんとの出会いを引き寄せたのではないかとも思うんです。

Yagi:初めて自転車に乗るみたいな感じで、専門家が書いた脳科学の本を読もうが、バランス感覚の本を読もうが、最初は乗れないですよね。自分でまたがって転んだりして何度も練習しないと自転車に乗れないのと同じだと思うんです。「すりむくのが怖い」って言ってたら永遠に乗れない。でも、転んで膝小僧から血が出ることがあっても、やっていれば、いつか乗れているわけですから。ですから、「膝小僧をすりむくから自転車に乗るのはやめなさい」って大人が言わないことですよ。「どんどん乗ってみろ」って言うことが必要なんじゃないかな。そこが日本人には足りないのかな、って感じはします。

米田:自ら経験されたYagiさんだからこそ言えるお言葉ですね。実体験を踏まえて、これからも若い世代に向けてメッセージを届けていただければと。

Yagi:先日、故郷の北九州市から北九州市文化大使に選んでいただきました。市の方からもどんどんアピールしていってくださいって言われたんですが、僕はアーティストや俳優ではないし、自分でメディアにアプローチがなかなかできなかったので、今回のようにインタビューという形で発言するチャンスをいただけたことは非常にうれしいですね。

米田:こちらこそありがとうごいます。Yagiさんの次なるお仕事、楽しみにしています!

Sadaharu Yagi Offical Website


(文・聞き手/米田智彦)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
 
  • Vida
  • Sony U.S. Latin
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.