• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,  06:00 PM

アイデアが拒否された時は「クリエイティブの持久力」を養うトレーニングだと思おう

アイデアが拒否された時は「クリエイティブの持久力」を養うトレーニングだと思おう

140920creative_resilience.jpg


クリエイティブなことや、既成概念を壊して物事を考えることは、周囲にすんなり受け入れられるとは限りません。拒否されると、毎回打ちのめされた気分になりますが、実際には拒否されることは「クリエイティブの持久力」を鍛えるトレーニングにもなり得るのです。

アイデアが拒否されてしまうのは、常識的な解決策が求められているケースのせいということもありますが、ほとんどの場合はそのアイデアが新しいからです。Slate社のイラストレーターであるJessica Olien氏は、どうすれば拒否を嫌がらず、自分の糧にできるかについて説明しています。


おそらく、多くの人にとって、拒否のつらさはマラソンのトレーニングのつらさ、つまり持久力を養うためのトレーニングのようなものなのです。研究でも必要なことだといわれています。真にクリエイティブなアイデアは、受け入れられるのに非常に長い時間がかかります。アイデアが良くなればなるほど、その時間は長くなります。ノーベル賞を受賞した人のアイデアでさえ、長い間、仲間に否定されてきていたのですから。

非常にクリエイティブな人は、圧倒的な回復力がある人が多いのは確かでしょう。


カギとなるのは、諦めずに推し進めていくことです。創造性と新しい考えを実らせるには、忍耐が欠かせません。何か偉業を成し遂げた人は誰でも、拒否の苦しみに耐えてきました。タフなメンタルを手に入れて、自分のアイデアにしがみついていましょう。今まさにマラソンを走ろうとしているところなのですから。もし、本当にそのアイデアに価値があると信じるなら、戦い続けることです。そうすればどんなに拒否されても、それを足がかりにどんどん進んでいけるのです。


We Say We Like Creativity, But We Really Don't | Slate via 99U

Patrick Allan(原文/訳:Conyac
Photo by Adam Swank.

  • ,,, - By

    庄司真美

    LIKE

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    Sponsored

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

    Sponsored by cocokuri 体と同様、心を鍛えることは生きていくうえで不可欠なスキル。その心の問題にフォーカスし、世界中で脚光を浴びているのがマインドフルネスです。いま目の前にあることに集中し、自分自身を客観的に観察するトレーニング法であるマインドフルネスは、情報過多の中、マルチタスクが多く、注意力が散漫になりがちな現代のビジネスパーソンパーソンの集中力を高めるなど、働き方を変  11:00 AM

2017年注目のライフハックツール

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
 
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.