• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • gene
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  -   07:00 PM

締め切り直前の「追い上げ仕事」がうまくいく理由

締め切り直前の「追い上げ仕事」がうまくいく理由

140916time.jpg


いつもはだらだらと仕事をしているのに、締切が迫ると急にはかどるようになることがありますが、それはなぜでしょうか。その理由のヒントは、「パーキンソンの法則」にあるようです。イギリスの政治・歴史学者であるCyril Northcote Parkinson氏によって1955年に発表されたこの著名な法則によると、「仕事の量は、完成させるために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する」としています。


そして、作家そしてImpossible Venturesのオーナーであるジョエル・ルニョン氏は、パーキンソンの法則を参考に、仕事への時間制限を作るための、次のような様々な方法を提唱してくれています。


1. まずは、パソコンを充電器に接続していない状態で作業をすること。パソコンの電池が切れるまでに仕事が終わるようにしてみましょう。


2. お近くのカフェの閉店時間をご存知ですか? その時刻までに仕事を完成させるようにします。


3. 1日に1500字の文章を書くとか、○○キロ走るだとか、ジムに行くというような目標を立てるのではなく、「朝10時までにこれをする」などの、時間制限を盛り込んだ目標を作ってみましょう。仕事を早めに終えてから自分の好きなことをするようにしましょう。どれだけ仕事の時間を短縮し、その後の時間を多く取れるかにびっくりするはずです。


身近にあるものを使って時間制限を設けることで、タスク完了に必要なエネルギーと集中力をガツンと生み出すことができるのです。


Do More in Less Time with Parkinson's Law|99U

Hamza Khan(訳:Conyac
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
 

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.