• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  -   11:00 AM

1日の生産性は「朝」に決まる。朝型ビギナーでも簡単に始められる7つのコツ

1日の生産性は「朝」に決まる。朝型ビギナーでも簡単に始められる7つのコツ

140915morning.jpg


あなたが夜型人間でも全然かまいません。でも、人生のある時点で、朝型人間になりたいと思うことがあるかもしれません。前より早起きしなければならない仕事を始める時、副業を始めて本業の仕事で出社する前に仕事をしたい時など、理由は人それぞれでしょう。

成功している人の多くは、朝を生産的に活用することが成功につながると言っています。いくつか微調整するだけで、1日の始まりの2、3時間を最大限に活用できます。でも、朝の生産性を高める努力をする前に、自分は何のために朝型になろうとしているか明確にしなくてはいけません。本質的なモチベーションに欠けると、その分だけ朝は辛いものになってしまい、結局は努力が実を結ばないからです。

朝型になりたい十分な理由が見つかったら、以下のコツを実践してみてください。


1. 前日の夜に準備する


翌朝必要なものを夜のうちに時間を割いて準備しましょう。例えば、翌朝着る服や、朝食の一部です。朝の選択肢の数を限定するほど、その日を通して本当に大切な作業に意識を集中できます


2. 正しいタイミングで起床する


目覚まし時計が鳴って、心地よい眠りから叩き起こされる時の気分を思い出してください。本当に最低な気分ですよね? だからこそ、朝が嫌いな人も多いのかも知れません。朝起きたときの気分がそこまで悪いのは、眠りが深いときに目覚ましが鳴るからです。

眠りが一番浅いときに起こしてくれる運動センサーが稼働する『Sleep Cycle』のようなアプリを使いましょう。これで、突然起こされた時に感じる寝ぼけた状態は避けられます。


3. 朝食をしっかり取る


空腹のままで1日をスタートしないようにしましょう。朝食はその日一番おいしい食事であるだけではなく、生産性にも良い影響があります。健康にも良いのは言うまでもありません。

時間が足りないと感じても、長い目で見れば朝食をとる方が時間の節約になります。頭と体に栄養を与えて何をするにも効率よくできるようになるからです。朝食を食べない子供は毎日朝食を食べる子供より学校を欠席したり遅刻することがずっと多いという研究結果もあります。職場でも同様ではないでしょうか。


4. 冷たいシャワーを浴びる


サムライは「禊(みそぎ)」と称して毎朝頭から冷水をかぶっていたことを知っていましたか。冷たいシャワーを浴びるのは苦痛かもしれませんが、生産性の高い朝を本気で過ごしたいなら、このアイデアを真剣に考えるべきです。

朝の冷たいシャワーには色々な利点があります。活力を増し、皮膚を活性化させ、血液の循環を良くして、免疫力を高めるのです。急に冷たいシャワーを浴びるのが無理なら、最初は暖かい蒸気を数分浴びて、それからだんだんとその蒸気になる水を冷たくしていきましょう。やってみると、そんなに悪くないと思うはずです。


5. 静かな時間を有効に使う


朝は深く考えて戦略を立てたり、集中して書き物をしたりするのに適しています。誰にも邪魔されず注意をそらされるような中断も入らないからです。この静かな時間を自分のために使い、自分にとって本当に大切な仕事にその時間を使いましょう。


6. 朝の使い方を思い描く


毎晩、翌朝何をするかプランを立てましょう。翌朝やってしまえたら、その朝の使い方は成功だと言えることを2つか3つ考えます。それらを書き出しておき、朝になったら、それに従って実行します。これで順調に物事が進み、朝の時間を最大限に使えるでしょう。


7. 仕事を終えるタイミングを決める


自分の仕事を中断して休養するタイミングも意識しましょう。適切な時間に寝るのもスキルです。夜遅くまで仕事をしていては、朝の生産性を高めることなどできません

仕事を終わりを決めると、夜は良い睡眠を取れて、フレッシュなエネルギーに満ちて翌日をスタートできます。

良い朝の習慣は強力な生産性向上につながります。Anthony Trollope氏は毎朝5時半に起きて仕事に出かける前に3000語書いていました。小説家の村上春樹は小説を書いているときは毎朝4時に起きているそうです。Sylvia Plath、ベンジャミン・フランクリン、アーネスト・ヘミングウェイ、イマヌエル・カントも早起きでした。リチャード・ブランソンもティム・クックもIndira NooyiもAnna Wintourもそうです。生産的な朝の習慣を実践すると、こうした著名人と同じぐらい多くの成果を残して成功できるかもしれません。


7 Proven Ways to Boost Your Morning Productivity|Dumb Little Man

Alina Vrabie(訳:春野ユリ)
Photo by Shutterstock.

  • ,,,,,,,, - By 香川博人LIKE

    楽しみながら・まるごと撮って・切り出して見る。アクションカメラの新スタイルをスポーツクライミングで試してみた

    Sponsored

    楽しみながら・まるごと撮って・切り出して見る。アクションカメラの新スタイルをスポーツクライミングで試してみた

    楽しみながら・まるごと撮って・切り出して見る。アクションカメラの新スタイルをスポーツクライミングで試してみた

    秋の行楽シーズンがスタート。最近ではアクションカメラでスポーツやアクティビティの臨場感のあるシーンを撮影して、SNSなどで見て・楽しむことが珍しくなくなりました。しかし、試してみたいけど自分でも使いこなせるのか、なかなか1歩踏み出せない人もいるのではないでしょうか? そこで今回、アクションカメラの使い勝手を実際に確かめてみようと、カシオの最新モデル「EXILIM EX-FR200」をポケットに入  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.