• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  -   12:00 PM

企業のスタートアップ的な文化を維持しようとすると逆に停滞する

企業のスタートアップ的な文化を維持しようとすると逆に停滞する

140912culture.jpg


スタートアップに人気と注目が集まる理由はその雰囲気でしょう。テーブルサッカーが置いてあったり、皆がカジュアルな服を着て走り回っている典型的な光景を想像してみてください。ただ、若い企業の文化は、カジュアルな服装とリラックスしたオフィスから、だんだんと堅苦しいものに変わっていくものです。小さい企業は動きが早く、人間味があり、とても革新的なものです。会社が成長していくにあたり、当初の新しい企業の文化を維持するために最大限努力することが、成功のカギ...。でも、本当にそうなのでしょうか?

TwitterのCEO、Dick Costolo氏およびEvernote創業者のフィル・リービン氏によると、そうではないようです。iDoneThis創業者、Walter Chen氏は、最近の投稿で、2人の「超」大成功を収めたスタートアップのリーダーが、巨大企業だけでなく若い企業にとっても企業文化の停滞は危険であると考えている理由を紹介しています。

Chen氏が紹介している逸話は、次のようなものです。

リービン氏がCostolo氏を訪ね、Evernote社の社員数が急速に増加するなかで、どうやって同社の変わった企業の文化を保ち続けるか、アドバイスを求めました。Costolo氏の答を要約すれば、「会社の文化を保とうとしないほうがいい」というものでした。

「スタートアップの文化が必ずしも良いものであるのと思わない方が良いのです」と、Chen氏は続けます。「むしろ批判的に捉えなければならないというのが、Costolo氏がリービン氏に伝えたアドバイスです。企業カルチャーを芸術品であるかのごとく維持するのでなく、社員を率いて、よく考えて企業文化を進化させることこそが、CEOの仕事なのです」


スタートアップのピーターパン症候群


成長せず若くあり続けることは、ビジネスの世界では魅力的なことです。ただ、Chen氏は、企業の文化が停滞することは非常に危険であると主張しています。

Chen氏は続けます。「企業が成長するにつれ、すべてのことが以前より大きなスケールで動くことになります。早い時期に適切な防御策を講じておかないと、企業は自社または社外に対してとんでもない害悪をもたらす可能性をもっています。」しかし、不要だからといって有益なものまで投げ捨てることは避けたいと思うでしょう。会社が成長するにしたがって、多くのガイドラインや手順が必要になるかもしれませんが、かといって創造性を犠牲にすることや、才能ある人にとって魅力の無い会社になることは避けたいはずです。それは会社のカルチャーにとって、真の危機ですから。

どうやって、イノベーション精神を保ちながら、より大きな企業としての守りの仕組みを、バランスよく組み込むのでしょうか? 名高いベンチャーキャピタルの創業者Ben Horowitz氏によれば、Airbnbがこれをうまく実行しているモデルとのこと。Chen氏はこう言います。「Airbnbの創業当時、宿泊者がホストの家から物を持ち去ったりしたときに、同社は危機的な状況に陥りました。それが同社にとっての転換点だったのです。Airbnb社が、スタートアップ特有の、敏速だがルーズな文化から進化できないでいたら、同社の存在は危ぶまれていたでしょう」


How to Preserve Your Startup Culture: Don't|Inc.

Jessica Stillman(訳:Conyac
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
 
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.