• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  -   10:00 PM

お金の予算管理ができない人にありがちな4つの原因

お金の予算管理ができない人にありがちな4つの原因

140912budgets.jpg


予算を設定すること自体はすごく簡単ですが、一番難しくて大変なのは、その予算を守ること。しかし、習慣と考え方を少し変えるだけでうまく予算が守れるようになります。

個人的な予算設定をしたことはあるでしょうか? またそれを守れていますか? 私の推測では、最初の質問には「はい」と答え、次の質問には「いいえ」と答えたのではないでしょうか? 誰しも計画に沿ってお金を賢く使おう、という素晴らしい意志を持ってはいますが、その通りに出来ることは稀なのです。月末になって全く予算通りに行っていないことに気づき、降参するのです。

とはいえ、予算設定というものは、こうある必要はないし、面倒な事でもないはずなのです。予算設定とは楽しく、また同時に極めて単純に出来るものなのです。この過程を通り、もう少し予算を守れるようになるために、なぜ個人的な予算設定が失敗しがちなのか見てみましょう。


楽しむための予算を作っていない


予算設定をする際には、持ち合わせている請求書を換算し、「食費」カテゴリーの予算を作ります。しかし、楽しむための予算はつい忘れがちです。

確かにそんな余裕がないのかもしれませんが、それでも楽しむための予算を確保することは重要です。 日常業務の中から開放される瞬間がなければ、結局、失敗してしまう可能性が高まるでしょう。


「予想外の支出」を忘れている


毎月、口座からは様々な請求が引き落とされます。これとは別に、数ヶ月ごとに、或いは1年に1回だけ請求されるようなものもあります。自動車保険や各種登録料といったものです。これらは毎月請求されるものではありませんが、月次の予算に入れておくべきです。なぜなら、これらの支出のために資金を取っておかなければならないからです。


理想が高すぎる


予算設定をするのは時間がかかります。それでも作り終わった時は、見逃している支出なんて無く、それぞれのカテゴリーにおける数字も完璧だと思うものです。なのに、最初の月は4万円分も予算をオーバーしてしまうのです!

浪費したわけでも無いのに、どうしてこんなことになったのでしょうか? あり得ることとしては、請求書を忘れているか、食費に関して厳しく予算設定をし過ぎたのかもしれません。重要なことは、最初から完璧な予算設定をすることは出来ないということです。最初の半年は、少しずつ上手くなっていく。最初は曖昧な予算設定で良いのです。


間違ったツールを使っている


予算を管理する際、使いやすいツールを使っていますか? 予算は、いつでもすぐに確認できますか? 現在の出費パターンと予算との差を知るためにどれくらいの手間がかかりますか? ツールは、使い方次第で良さが決まります。専門的な予算編成用のソフトウェアを使っているとしても、そのソフトに精通していなければ意味がありません。反対に、昔ながらのペンと紙の方法を使っている場合、全ての収入と支出を追跡出来ている必要があります。ツールをきちんと使えていないことは予算設定が失敗する最大の理由の1つです。

もしこれらのハードルを乗り越えることが出来たなら、達成可能な予算の出来上がるでしょう。


Why Do Personal Budgets Often Fail?|One Cent at a Time

S.B.(原文/訳:Conyac

  • ,,, - By 松尾仁LIKE

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    Sponsored

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    毎日のひげ剃りは、多くの社会人男性にとって大切なマナーのひとつです。そして、いつの時代も変わらない悩みとして言われるのが「カミソリ負け」。 T字型カミソリの世界シェアNO.1を誇るジレットは、その大きな要因のひとつが「リストローク(肌の同じ場所を2度以上剃ること)」であると考え、4年間の研究開発の末、肌を守る新機能を搭載した新製品「ジレット フュージョン5+1 プロシールド」を発売することになり  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.