• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

長谷川賢人  - ,,,,  07:00 PM

心臓は、突然とまる。救急車だけでは助からない患者を救うアプリ「AED SOS」開発中

心臓は、突然とまる。救急車だけでは助からない患者を救うアプリ「AED SOS」開発中

140909aed_sos_1.jpg


本日、9月9日は「救急の日」。自分に、家族に、そして道行く誰かに、死の危険は突然やってきます。

街中のさまざまなところで見かける「AED(自動体外式除細動器)」。心停止に陥った患者に電気的なショックを与え、心臓の働きを取り戻すための医療機器です。心停止からの蘇生については、救急車が現場に到着する以前に、AEDを使用した一次救命処置が行えるかどうかで、生存率には4倍もの違いが出てくるといいます。


140909aed_sos_3.jpg


実は、日本国内には市民が利用できるように30万台以上も設置されており、世界有数のAED普及国といわれています。しかし、救命講習の受講者数も年間で約335万人いるにもかかわらず、実際のAED使用率は3.7%と非常に低く、活用しきれていないのが現状なのだとか。


突然の心停止で、73000人のうち、9割が亡くなっている


このAEDをさらに活用しなくてはと感じさせるデータがあります。日本では、病院以外の場所で、心臓が突然止まってしまう人が年間73000人以上もおり、その9割近くに及ぶ約65000人が亡くなってしまっているそうです。1日平均にするとおよそ180人にも及びます。

この現状を変えようと、京都大学とCoaido株式会社が共同研究で開発を進めているアプリがあります。名前は「AED SOS」。


スマホの位置情報を活用。救助者にAEDの配送を頼む


140909aed_sos_2.jpg

AED SOSの仕組み


AED SOSは、突然の心停止者に遭遇したとき、スマートフォンの位置情報や、通知/地図/通話機能などを活用し、SOSを発信するアプリ。SOSを発信すると、一定の救命知識のある登録者ユーザーに通知が届くとともに、最寄りのAED設置場所もアプリのマップ上に表示されます。また、SOSを発信したユーザーと、救命知識のある登録者ユーザーが通話を行い、AEDを持ってきてもらうようにお願いをしたり、心停止者発生現場の詳細を伝えて適切な処置をしてもらったりもできます。

心停止からの救命措置は、おおまかに3つの手順を踏む必要があります。


1.心停止者の反応の確認と、119番通報/AEDの手配
2.呼吸の確認、胸骨圧迫(心臓マッサージ)
3.AEDを用いた電気ショック措置


AED SOSは、この手順に入るスピードを上げることで救命率を高めるのが目的。実際のAEDを用いた救命措置については、総務省消防庁のサイトにあるPDFや、公益財団法人 日本心臓財団のページを確認してみてください。印刷して、AEDの近くに備えておくのもよさそうです。


AED SOSはクラウドファンディングで開発資金を募集中


以下はAED SOSのプロトタイプの動画です。画面はiOSのものですが、Androidにも対応を予定しています。



現在、アプリの開発と初期運営資金の調達のため、開発チームはクラウドファンディングサイト「READYFOR?」で支援を募っています。また同時に、AED設置場所の把握のために、福井県鯖江市、千葉県流山市、静岡県裾野市などと同じく、AED設置場所のオープンデータを提供するように、各県の自治体にも期待をしているそうです。この点については、自治体側もアプリの存在を知り、連携がとれるように働きかけるのも大切なことに思えます。

繰り返しになりますが、本日9月9日は「救急の日」。突然のできごとに備えて、身の回りと自分自身の知識を、整理してみてはいかがでしょうか。


AED SOS
心停止の現場にすぐに付近の救助者を呼んで命を救うSOSアプリ(玄正慎)|READYFOR?

(長谷川賢人)
Photo by Thinkstock/Getty Images,halfrain.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.