• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  -   12:00 PM

トム・ディクソン:もはや反体制文化など存在しない

トム・ディクソン:もはや反体制文化など存在しない

140830tomdixon1.jpg


OBE (大英帝国勲章第4位)受章者のTom Dixon氏は、受賞作品のデザインも手がける独学の工業デザイナーです。彼はロンドンの学校を卒業したあと、バンド「Funkapolitan」でベーシストを務め、英国BBCのTV番組「Top of the Pops」にも出演しました。その後、ナイトクラブを何軒か経営したこともあります。溶接技術を習得して最初にデザインした家具の材料は、拾ってきた足場材や古い鉄格子でした。1992年にはVictoria and Albert博物館が彼の作品「S-Chair」を常設展示するために購入し、ニューヨーク近代美術館も後に続きました。


彼は、英紙「The Guardian」のインタビューで、反体制文化が主流なものへと変化していき、デザインの反乱が入り込む余地が無くなってしまった経緯について意見を述べています。


私の持論では、全てが認められている現代において反体制的になることはほぼ不可能です。メトロポリタン美術館でパンク展をするような時代です。もはや許可が下りないものなど無いのです。ファッションでも家具でも全てが合法化され過ぎています。世に出て、誰かのブログに書かれる頃にはもはや反体制的ではないのです。


Dixon氏は流行に合った、またはそれに逆行したデザインをするのではなく、時代に流されることのない作品作りを心がけています。彼の製品は具体的な目的を果たすため、あるいは「アイデアに導かれるままに」生まれています。いずれにしても、彼の作品は彼自身の意思が生み出すもので、他人の行動に影響を受けて作られるものではないのです


Tom Dixon: Counterculture Is Dead|99U

Stephanie Kaptein(訳:Conyac

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
 
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.