• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

堀込泰三  -   09:00 PM

短い教員生活が教えてくれた、今でも役に立っている人生の教訓

短い教員生活が教えてくれた、今でも役に立っている人生の教訓

140827teaching1.jpg


教員という職業は、大変な割に過小評価されています。一方で、得られるものが非常に大きい職業であることも事実です。ほとんど勉強に無関心な生徒たちで埋め尽くされた教室で教えるという経験は、本当に多くのことを教えてくれます。ここでは、元教員の筆者が、教員生活で得られた教訓のうち、今でも役立っているものを紹介します。

前提として、筆者は数年間、優秀な中学生、高校1年生、コミュニティカレッジの学生など、さまざまな年齢の生徒に英語と美術を教えていました。そこで得られた教訓は、とても普遍的なものでした。


1. 自分の言ったことが相手に伝わっていると思うな


140827teaching2.jpg


私たちは、ずいぶん昔に学んだ基本的なことをあたりまえだと思ってしまう節があります。また、他者とのコミュニケーションで認識を揃えることの難しさと言ったら。今でも覚えているのが、「ハウツー文の書き方」という文章を書いたときの大失敗です。接続詞の使い方などの基本的なことを、誰でも知っているだろうと思って省いてしまったのです。おそらく、他人に教えるときにもっとも大切なことは、聞き手は何も知らないと思うことではないでしょうか。でも、彼らの知性を過小評価してはいけません

クラスのうち20人が私の授業を理解しなかったときは、私の教え方に問題がありました。そのような経験から、自分の視点ではなく、生徒の視点でものを見ることを学びました。自分ではとても明快に伝えることができたと思っても、本当に伝わっているかどうかを必ず確認しなければならないのです。教員であってもなくても、自分の学んでいる科目をもっと深く習得したければ、他人に教える準備をするといいでしょう。


2. 服装と振る舞いに注意しながら、役割を果たす


140827teaching3.jpg


私は小柄で声も小さく、あまり存在感があるとは言えません。なので、キャンパスでジーパンTシャツという格好をしてしまうと、学生たちの方が大人に見えるくらいです。教室でなかなか敬意と主導権を得られなかったのも、そんな外見のせいといって間違いないでしょう。

服装、身長、ボディランゲージなどの一見ささいなことが、あなたの印象を大きく左右します。特に服装は、あなた自身の行動にも影響します。もう教室で教えることはない私ですが、今でも、服装が大事だと思われるシチュエーションでは、少しだけいい服を着るようにしています。でも、そのような服装で快適でいられることと、役割を果たすことの間に、バランスは必要です。

それから、「人前で汗を見せるな」です。子どもたちは動物と一緒で、1マイル離れたところからでも恐怖の臭いをかぎ分けます。「優秀な」生徒でさえ、それを利用することがあるのです。「他人からどう扱われるかは、自分次第」。自分の行動には気をつけてください。


3. たとえ守れなくても計画は立てる


140827teaching4.jpg


計画通りにきっちり教える先生もいますが、私はそれが苦手でした。計画は立てるのですが、衝動的に脱線してしまうのです。それでも、計画を立てることがムダだったわけではありません。ドワイト・アイゼンハワー元大統領も言っているように、「戦いの準備をしていると、いつも計画は無用であることに気づく。それでも、計画を立てることは不可欠」なのです。

ToDoリストやスケジュール帳で計画した通りに1日が進まないこともあるでしょう。それでも、計画を立てる行為が、少なくとも頼れる何かを私に与えてくれていたし、1日の中でやりくりするという柔軟性をもたらしてくれました。


4. 批判はありがたい


140827teaching5.jpg


私は、教室で教えているときに、上司や校長が後ろに座ってメモを取っている状況が大っ嫌いでした。でも、批判はウンザリするものであるのと同時に、あなたの成長にとても役立つことがあるのです。私の場合、いい所(アドリブ)と改善点(タイミング)を知ることができました。他人の視点で自分を見るのはツラいですが、自分の仕事と人間関係を改善したいのであれば、必要なことなのです。

業績評価をもらったら、ネガティブな批判だと捉えないことです。さらに、自分の仕事ぶりについてのフィードバックを、定期的にもらうようにしましょう。その際は、30%ルールがオススメです。


5. 進歩を測るための基準点を決める


140827teaching6.jpg


私にとって最大の難関は、成績を付けることでした。ある生徒にCを付けたところ(私の感覚ではひどい成績です)、その生徒が有頂天になったこともありました。そんなこともあって、私のやり方は正しくないのだと実感しました。最近は統一テストがあって、達成しなければならない点数が決まっています。でも、もっと大事なことは、どんなレポートを書くとAがもらえるのか、どの程度だとBなのかという感覚を持つことだと思います。そうすることで、自らの進捗を測るための手段を生徒に与えることができるのです。

自己定量化のムーブメントにはそれほど乗っていない私ですが、人生の一部にはそれを適用しています。私は、娘に対して、ただ「部屋を掃除しなさい」と言うことはありません。それをやると、きっと娘はすべてを山積みにして、長い間見つからなかったオモチャで遊び始めるだけでしょう。それよりも、「きちんと畳んでしまわれた服とはどんなものか」などを教えてあげる必要があると思います。私自身の生産性に関しては、「RescueTime」が自動的にアプリの使用状況を記録して、もっとも生産性が高い時間帯と、そうでない時間帯を示してくれます。1週間を振り返るときには、その週に取り組んだ仕事のうち、ベストなものとワーストなものを決め、その理由を考えるようにしています。


6. 流れに身を任せる


140827teaching7.jpg


子どもやヤングアダルトを相手にしている以上、計画通りに物事が進むことはあり得ません。でも、それでいいのです。生徒たちのエネルギー、クリエイティビティ、それぞれの意見の違いなどによって、クラスは独自の形を成してきます。そうであるべきだと思うし、そのような環境が、私にいろいろなことを教えてくれました。他人を率いるには柔軟性とあきらめが大切であることや、人々をひとつの話題から脱線させない方法など。これらは基本的に、管理職、会議のコーディネーター、親などが学ばなければならないことだと思います。


私にとっての教員経験は、非常に困難なものでした。当時の私はまるで、ほとんど笑わない聴衆の前で演技をするコメディアンのようだったでしょう。それでも、その短い経験が素晴らしい教訓を与えてくれたことに、今では感謝しています。


Melanie Pinola(原文/訳:堀込泰三)
Photos by valeriya_sh (Shutterstock), pio3 (Shutterstock), Roberto Verzo, xMizLitx, visualpun.ch, Outside the Fray, Ryan Somma.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
 
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.