• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,  11:00 AM

生産性向上に最適な時間配分は「52分働いたら17分休む」

生産性向上に最適な時間配分は「52分働いたら17分休む」

14082252_17_rule.jpg


ポモドーロ・テクニックに代表される生産性向上のための時間管理術で、長らくベストな方法とされているのは、「集中的に働いたあと、しっかり休む」を何セットか繰り返すものです。では、「集中的に働く時間」とは、どのくらいの長さが理想なのでしょうか?

米国のニュースサイト「The Daily Muse」は、52分間仕事をして、17分間休憩を取るのがベストだとしています。


実時間追跡アプリ『DeskTime』のユーザーから得られた計測データを分析したところ、もっとも生産性の高い10%のユーザーは、しばらくの間、集中して仕事をしたあとで、効果的な休憩を取っていたそうです。ただしThe Daily Museでは、この調査の被験者の人数やサンプルデータを公開していません。調査でわかったことは、次のとおりです。


もっとも生産性の高い10%のユーザーが比較的短い仕事時間で多くのことを達成できたのは、「短距離走」のような仕事ぶりだったからです。52分間の仕事時間には、目的を絞って作業をして最大限の成果を上げ、そのあとは、十分な休憩を取って次のスパートに備えるのです。

52分間の仕事時間の中では、タスクを遂行し、業務を片づけ、成果を上げることに全力を注ぎます。その一方で、17分間の休憩時間には、やりかけの作業に一切関わらないようにします。5分おきに電子メールを確認なんてもってのほか。「Facebookをちょっとだけチェック」もご法度。休むことに徹します。


休憩中はコンピューターから離れ、別のことをするのが大切だと、The Daily Museは説いています。

この考え方、ポモドーロ・テクニックとも共通していますね。あちらは25分間仕事をして5分間休憩するという方法でした。この数字を、今回の調査で得られた新しい数字に置き換えて試してみたいという方は、仕事時間と休憩時間の長さを自由に調節できる『Marinara Timer』を使い、それぞれ52分と17分に設定してみてください。


The Rule of 52 and 17: It's Random, But it Ups Your Productivity | The Daily Muse

Mihir Patkar(原文/訳:風見隆/ガリレオ)
Photo by Thinkstock/Getty Images.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

© mediagene Inc.