• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

itou  - ,  07:00 PM

エボラ出血熱の拡大に関する専門家の4つの予測

エボラ出血熱の拡大に関する専門家の4つの予測

140818ebola1.jpg


Popular Science:WHOの最新のデータによると、17日の日曜日以降、新たに128人の西アフリカ人がエボラ出血熱(以下、エボラ)に感染したそうです。これで、感染者は全体で1975人、そのうち1069人が亡くなっています。WHO(世界保健機関)は、この感染症がケニア付近まで広がる危険があると警告しています。

今回、米コロンビア大学の疫学者スティーブ・モース(Steve Morse)氏に、エボラの流行の今後の動向について伺いました。モース氏の予測は以下の4つです。


1:西アフリカにおけるエボラの拡大は、収束する前にさらに悪化する


「この伝染病の流行はこの地域一帯でしばらく続くだろう」とモース氏。新たな感染者の数も減少する気配がありません。ほかの疫学者もこの流行が収束するまでに数ヶ月はかかると予測しています。


2:エボラは先進国にも到達するが、すぐに抑えこまれる


いずれ、エボラ感染者が米国やカナダ、西ヨーロッパにも上陸するだろう」とモース氏。「それは、Kent Brantly氏のように、自分が感染したことに気づいていない医療従事者かもしれない」ただ、エボラは感染者に直接触れた場合にのみ感染します(例えば、エボラ患者の血液に触れたなど)。そうしたことが起きた場合、二次感染が起こる前に接触者は速やかに隔離されるでしょう。2003年に米国内でSARS感染者が現れた時と同じだ、とモース氏。「エボラを甘くみてはいけないが、対処の仕方はわかっている。最も感染リスクが高いのは、医療従事者と患者の家族だ」


3:エボラは空気感染しない(するようにもならない)


エボラは空気感染しない。また、突然変異で空気感染するようになる危険もまずない」とモース氏。理論的にはありえますが、病原体の感染経路が変わることはめったにありません。


4:エボラ実験薬の使用は、倫理的な議論を巻き起こす


いくつかの製薬会社が、夏の終わりまでに西アフリカでエボラの実験薬のテストをするべく、尽力しています。これは同時に、薬の安全性や実効性を確かめる時間が十分にとれないことを意味します。とはいえ、WHOはこのリスクを受け入れるでしょう。エボラの致死率は50%を超えているからです。この状況では、薬を試さないほうが非倫理的と言えます。しかし、長期的には、今回の実験薬の使用がエボラの治療法を変えることはないだろう、とモース氏。例えば、狂犬病の実験的な治療法である「ミルウォーキー・プロトコル」は、2004年にひとりの少女の命を救いました。「それ以来、この治療法を倫理的に否定することはできなくなった。しかし、この治療法が実際に効果があるのかは結論が出ていない」とモース氏。「この問題は興味深いジレンマとなるだろう」


Four Predictions About The Ebola Outbreak|Popular Science

Sarah Fecht(訳:伊藤貴之)
Photo by EC/ECHO/Cyprien Fabre

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
 
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.