• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,  12:00 PM

Google Driveの共有設定を簡単に整理できるサービス『WhoHasAccess』

Google Driveの共有設定を簡単に整理できるサービス『WhoHasAccess』

140814whohasaccess.jpg


Google Driveを使って同僚などと共同作業をしていると、さかのぼって共有設定を変更したり、古いファイルを消したりするのが億劫になってきます。しかし、ウェブアプリの『WhoHasAccess』なら、ファイルの共同編集者と共有設定をチェックし、セキュリティの強化を簡単に行うことができます。


『WhoHasAccess』は、前回ご紹介した『Hojoki』を作成しているチームのサイドプロジェクトとして誕生した、とてもシンプルで使いやすいツールです。「Google Driveをスキャンする」というボタンをクリックし、WhoHasAccessに自分のGoogle Drive内のファイルやフォルダをスキャンする許可を与えるだけです(スキャンが完了すると、自動的に収集されたデータは消去され、アクセス権限も取り除かれます。アカウントの共有設定のページからも変更が可能です)。あとはアプリが全て作業してくれます。Drive内のファイルの容量により、スキャンにかかる時間は変動しますが、終了後にスキャン結果がメール送信されるようになっています。

スキャンが終了すると、誰があなたのファイルを共有する権限を持っているのか、どのメールアドレスにアクセス権を与えたのかなどを、上の画像のような形式で分かりやすく確認できます。また、ページの右側でリスト内の人をそれぞれクリックすると、その共有者がどのファイルに権限を持っているのかを見られます。クリックするだけで、その人のアクセス権を変更することもできます。

『WhoHasAccess』はシンプルではありますが、非常にスピーディーで便利なツールです。昔の同僚や苦手な上司にいつまでも共有しておきたくなかったり、セキュリティを強化したいと思っていたりするなら、『WhoHasAccess』は大きな助けになるでしょう。


WhoHasAccess

Alan Henry(原文/訳:Conyac

  • ,,,,,,,,,,,,,,, - By 香川博人LIKE

    ライフハッカー編集長が実践する、タクシー「ちょい乗り」仕事術

    Sponsored

    ライフハッカー編集長が実践する、タクシー「ちょい乗り」仕事術

    ライフハッカー編集長が実践する、タクシー「ちょい乗り」仕事術

    Sponsored by 東京四社営業委員会 2017年1月30日から新たにスタートした東京都(東京都23区、三鷹市、武蔵野市)のタクシー初乗り運賃。これまでの700円〜730円/2kmが、380円〜410円/1.052kmと近距離の移動がおトクになり、「気軽にタクシーが利用できる!」と話題となっています。では、忙しいビジネスパーソンにとって、単なる移動手段だけではなく、タクシーだからこその使い方  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.