• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ドサ健  - ,,,,,  06:00 PM

削除してしまったiPhoneのデータも復旧できる『PhoneRescue』

削除してしまったiPhoneのデータも復旧できる『PhoneRescue』

140805dosatop1.jpg


iPhoneのバックアップはしっかり取っていますか。パソコンを使ってiTunes上でバックアップを取る方法、iPhoneから直接iCloudにバックアップを取る方法がありますが、iPhoneを紛失/故障した場合でもバックアップがあれば、とても簡単に復元することができますので安心ですよね。

でも、iPhoneのバックアップにこんな不満を感じたことはありませんか。


・バックアップしたデータは、パソコン上で閲覧することができず、iPhoneなどのiOSデバイスに復元しないと閲覧できない。
・バックアップする前に間違って削除してしまった写真を復旧できない。


そんな悩みを解決してくれるのが『PhoneRescue』というアプリです。このアプリがあれば、iTunesのバックアップやiPhoneなどのiOSデバイスから、パソコンで閲覧できる状態でデータを復旧することができ、また誤って削除してしまったデータを復旧できるようになります。


iPhoneからデータ復旧を実際に試してみました


iPhoneを接続し、「iOSからリカバリー」を選択

140805dosa10.jpg


「スキャンを開始」を選択

140805dosa4.jpg


読み込みが始まり...

140805dosa8.jpg


読み込みが完了。復旧できるデータ量が数値化されます。「リカバリー」を選択すれば、チェックの付いた項目すべてを復元することができます。

140805dosa9.jpg


リカバリー中...

140805dosa6.jpg


リカバリー完了。

140805dosa5.jpg


復元したデータをみてみます。たとえば、SMSのデータもこのとおり復元されています。

140805dosa2.jpg


なお、リカバリー前に復元データの形式を設定することができます。右上の「出力設定」を選択。

140805dosa11.jpg


出力するデータの形式を設定することができます。

140805dosa3.jpg


データは削除してしまったデータも復旧可能です。「削除されたデータのみを表示」を選択すれば、誤って消したデータも復元することができます。(※ 削除してからデータが上書きされていたり、長い時間が経過していると復旧できない場合もあります)

140806dosa12.jpg


まとめ


iTunesやiCloudでのバックアップは簡単でいいのですが、バックアップしたデータを閲覧しようと思うと、iPhoneなどのiOSデバイスに復元する必要があり、パソコンで閲覧することができません。たとえばメッセージの内容をパソコンで見られるように残しておく、なんてことができません。でも『PhoneRescue』があれば、iOSデバイスもしくはiTunesのバックアップから、データを閲覧、取得することがとても簡単にできます。誤って大切な写真を削除してしまった時、パソコンに復元できるのは心強いですよね。

ただ、復旧したデータをiOSデバイスに戻すことはできません(復旧したSMSのデータや、アップデートする前のアプリのデータをiPhoneに戻すなど)。あくまで復旧したデータが、パソコン上で閲覧できるようになるだけですのでご注意を。iOSデバイスへ戻せるようになるかどうかは、今後のバージョンアップに期待しましょう。

パソコンでもバックアップデータの閲覧ができ、削除してしまったデータを復元できる『PhoneRescue』。iPhoneライフの安心に一役買いますよ。


PhoneRescue(4999円・2014年4月26日現在)

(ドサ健)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.