• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

長谷川賢人  - ,,,,  08:00 PM

ハフポ、WIRED、ライフハッカー編集長が語り合った、記憶に残るコンテンツの方程式:Evernote Days 2014 Tokyo「編集長会議」トークイベントより

ハフポ、WIRED、ライフハッカー編集長が語り合った、記憶に残るコンテンツの方程式:Evernote Days 2014 Tokyo「編集長会議」トークイベントより

140802evernote_days_1.jpg


去る7月11日金曜日、7月12日土曜日にかけ、日本科学未来館にて行われたEvernote主催のイベント「Evernote Days 2014 Tokyo」。テーマを「記憶の未来」に据えた本イベントに、ライフハッカーはメディアパートナーとして出展しました。

7月11日には編集長の米田智彦が、ハフィントンポスト日本版編集長の松浦茂樹氏、WIRED編集長の若林恵氏をお迎えし、トークイベントを開催。タイトルは『編集長会議 ー 記録と記憶。メディアが僕たちの暮らしに残せるもの by ライフハッカー』。


140802evernote_days_2.jpg


EvernoteやSNSに日々の生活を「記録」する時代にあって、メディアは何を伝え、人々や社会に何を残していくのか。「記憶に残る記事/コンテンツ」とは一体どんなものなのか。情報過多といわれ、キュレーションサービスやニュースアプリが隆盛する現在において、いかなる考えをもってコンテンツをつくっているのか。各編集長が意見を交わし合いました。

"アイデアとイノベーション"を切り口に国内外の事象や人物を取り上げる「WIRED」、政治・経済からライフスタイルまで"ソーシャルで話題になるニュース"を専門家や有識者が幅広く伝える「ハフィントンポスト日本版」、そして"仕事や人生に変化を与えるような記事"を届けるべく励む私たち「ライフハッカー[日本版]」。トークは編集長それぞれからのメディア紹介、そしてコンテンツづくりで意識していることについてから始まりました。


WIREDはブログ的な表現を脱却した「一品モノ」を作りたい


140802evernote_days_3.jpg


WIRED編集長・若林恵(以下、若林):いわゆる「Wordpress」みたいな定形の中に写真とテキストを流しこむだけ、記事をアップしていくだけではつまらないと思っているんです。ウェブの記事であっても「デザインされたものが出来上がってくること」をちゃんとやりたいなと意識している。

ブログ的な表現を脱却して、映画『トランセンデンス』と組んでつくったページは、1万4000文字くらいある長いものだったけれど、やってみたら評判も良かった。たぶん映画よりも、この記事の方がたぶん面白い(笑)。僕らみたいな純粋な「コンテンツ屋」は、せっせと木彫りの熊を掘っているようなものなんですね。一品モノをつくる、それそのものに価値を持たせられないかと考えながらやっている。お客さんの量を集めて、あるタイミングでごそっと質に変えるという、アグリゲーションメディアやキュレーションメディアとはちがうビジネスモデル。それらと競合するのではなく「自分たちはどちら側なんだっけ?」って明確に分けないと。


ライフハッカー[日本版]編集長・米田智彦(以下、米田):映画より「映画の記事」が面白いというのが僕ら編集者の仕事の真骨頂であり、僕らの生命線。たぶん、キュレーションメディアは淘汰と進化はどんどん進むだろうけど、「残り続ける」というのもなく、2年後、3年後がわからないもの。でも僕らはもっと長いスパンで、一次コンテンツをつくり続けていきたいなって思っているんですよ。


ハフィントンポストは読者のニーズを読み、ストーリーのある加工品を素早く届けたい


140802evernote_days_4.jpg


ハフィントンポスト日本版編集長・松浦茂樹(以下、松浦):僕らが質を高く、明確に押し出している一つの切り口は「データジャーナリズム」の部分なんですね。データを買ってきて、加工して、表現する。また、それ以外にもいわゆる通信社さんなどが出しているニュースを元に、「ソーシャルで読まれる」味付けをして出すのが、ハフィントンポストのアグリゲーションの仕組みなんですね。

われわれは「お客様が何を求めているか」から考えて、そのニーズに応じてほしいものをお届けしているんです。WIREDさんが木彫りの熊だとすれば、僕らは材料をたくさん用意しておいて、「白い熊のぬいぐるみが欲しい」と声を聞いたら、10分くらいで作ってすぐに手渡すイメージ。そのニーズを、ソーシャル上から考えたり、ユーザーが何をいま検索しているか...から考えて見つけだしていく。


米田:ウェブメディアにおける「H&M」みたいですね。手軽に買えるけれどデザインは優れていて、お客のニーズに行き届いている感じがあります。


松浦:でも、「H&M」と「FOREVER 21」が異なるように、どのような「ブランドのストーリー」をもたせられるかで提供するものの味付けが変わりますよね。データジャーナリズムの他にも、ハフィントンポスト日本版としてのストーリーには「女性の働き方」もあります。マッチョなメディアと思われがちですが、読者の男女比はいま女性が3割から4割です。1周年記念イベントも、開場の6割が女性でした。


ライフハッカーは「消費されるウェブ」にあらがい、読者の記憶にフックをかけたい


140802evernote_days_5.jpg


米田:ライフハッカーは、気づきを得られたり人生が変わったりするように、記事を読むのが「消費」ではなく「投資」になるようにしたいと思いながらやっています。記事の「いいね!」が1万を超えるといったような共感の連鎖を目指して作っていますね。


若林:たしかに「いいね!」が1万超えるのって楽しいんだけどさ、僕はページ・ビューやソーシャルを追っかけるのはどうかなって思うところもあるんですよね。まず、そもそも指標がページ・ビューでいいのか。先ほどの『トランセンデンス』の記事は、PVは3万くらいだけど滞在時間が15分近くあるんですよ。単純に広告価値をセールスするときに「自分たちが読者に何を提供しているのか」を言語化できないと、ページ・ビューが大きいサイトと比べられたら、うちは勝負できない。


米田:滞在時間15分って驚異的ですよ。ライフハッカーでいえば、ガムで有名な「モンデリーズ」さんと作ったタイアップ広告記事(「世界中から旅人が集まる宿を運営する20代の4人組。『出会い』と『偶然』を成功に変えていく結束力」)の滞在時間が他の記事の3倍くらいあった。僕らはこういうタイアップ記事を「ネイティブアド」と呼んでいますが、普通の記事の3倍も4倍も時間をかけて、広告と思われない、広告とわかっても面白いものにしようとしています。目指しているのは「記憶」に残る記事です。


松浦:日本ではあまりないけれど、アメリカだと媒体資料なんかにも「滞在時間」のアピールが結構ある。でも実際、ウェブって長い時間に適していないんですよね。パッと見の閲覧性はどうしても紙より劣りますし、「記憶に残る」意味では紙のほうが向いていますね。


若林:ウェブはフロー型の情報で、ウェブは滞在させるのが難しいし、記憶に残るものを作りにくいと言われてきているけれど、「本当にそうか?」と僕は問うていきたい。


米田:僕も紙出身で、そこは問いたいし、あらがっている。消費されるウェブ情報にあらがって、読者の記憶にフックをかけたい。Evernoteみたいな外部媒体に記録して「あとでよむ」こともできるけど、一度読んでまた読み返してもらうみたいな記事をつくれたらと。


「記録される記事」と「記憶される記事」のちがいは?


松浦:今日の話の「記憶」の部分で言うと、ウェブを検索すれば「こんな事件もあったね」ってたしかにいえる。話のネタとしては「記録」されるけれど「記憶」とはちがう。元ネタが「記憶」されるのではなく、そのネタを通じた他人とのカンバセーションが「記憶」される。だから人のつながりがない限りは記憶されないものなのかなと。


米田:読んだ人たちにカンバセーションを起こさせるかどうかにかかっている、ということですね。


若林:情報をただ読むだけでは意味がない。情報を通して人と話す、コミュニケーションをすることがあって初めて、その情報が自分のものになっていくというプロセスがある。それをソーシャルネット上でやるのかというのだけで。

先日、元「東洋経済オンライン」で、いまは『NewsPicks』にいる佐々木紀彦くんと「ウェブの記事は立食パーティーでみんなと会っているような感じだけれど、雑誌は飲み屋にいてサシでやりあっている感じですよね」という話になった。ただ、ウェブだろうと紙だろうと、書き手と読み手がちゃんとインタラクションがおきるっていうのがあるわけで、そこで価値の共有がなされた、という実感が持てれば「記憶」に残るのかなという気がする。僕らが記事を作るときは、マスに向けてではなく、1対1で読者とカンバセーションする感じは持っている。そこで価値の交換としてお金が回ったりすると、健全なコミュニケーションなのかなと思う。


米田:情報摂取と読書体験は異なるもので、「情報×体験」があると人は「記憶」する。何かの記事に出合って、それが自分にとって特別であると感じられるのは天からのギフトのようなもの。それは誰かに会うこともそうだし、人生そのものだと思うんですよね。そういう体験がメディアでできることを僕は幸福に思うし、だから編集者という仕事に就いている。ソーシャルネットで情報を「記録」し続けるのも、どこかで「記憶」に変わらないかなって思っているからなんですよ。編集長をやっているけれどインタビュワーや現場取材をやるのも、「情報×体験」の掛け算を熟成させて、記事に反映できないかなと考えているからですね。


松浦:ハフィントンポストは、井戸端会議でいうところの「井戸」なんです。井戸で水を汲むように、インフラ的な情報を提供するのが役割。だから僕らの情報をもとに、シェアでもリツイートでもブログでも何でもいいんですが、その次に読者から発信することが「記憶」につながればいいなと思ってやっています。


若林:以前あるカメラマンに「雑誌をつくるのは、知らない人に手紙を書くようなものだ」と言われ、そうだなと思って、その感じは自分としては紙でもウェブでも変わっていない。届いた時にすぐリアクションされることよりも、「あのときはよくWIREDを読んでいたな」という体験が今の自分につながっているようなことが本当に大事かなって気がする。20年後や30年後に、いまあるWIREDを読んでいた読者がどのような仕事をしているかというのを考えながらつくっています。


トークイベントの冒頭、司会を務めたEvernoteのマーケティング・広報担当の上野美香さんは、「Evernoteは、情報やみなさんの記憶を保存していって、"未来に価値が出てくるもの"と位置づけています」と話しました。その価値を高める方法として、今回のトークからは「他人とのカンバセーション」がキーワードになるのが見えてきました。

また、それぞれのメディアが考える、それぞれのスタンスの違いを頭に置きながら記事に触れることで、得られる情報の取り扱い方やEvernoteへのクリップの仕方も変わってくるはずです。1つの「ウェブメディア・ハック」として役に立つといえそうです。


Evernote Days 2014 Tokyo
WIRED.jp
ハフィントンポスト

(長谷川賢人)
Photo by 日比谷@Eightエヴァンジェリスト

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
 
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.