• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • gene
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  -   11:00 AM

結論が出ないメールのやり取りを減らす「if...then」習慣

結論が出ないメールのやり取りを減らす「if...then」習慣

140802back_forth_emails.jpg


Eメールが増えると、受信通知の多さに参ってしまいます。しかも、結論が見えない短文メールとなれば、もっとうんざりですよね。『「週4時間」だけ働く。』の著者であるティム・フェリス氏は、それを改善するには、「if...then(もし~ならば~する)」という文章を使う習慣を身につけることが効果的だと言います。


99Uの記事にも記載されていますが、結論が出ないメールのやり取りは邪魔になると同時に、本来の仕事以外に処理することを増やしてしまいます。単純なアイデアですが、フェリス氏が指摘するように、この習慣を身につけることに意味があるのです。


Eメールでは、結論が出ないやり取りを避けるために無駄を省く必要があります。従って、「午後4時に会えますか?」という文章は「午後4時に会えますか? 無理なら他に空いている時間を3つほど教えてください」に変わります。

Eメールで質問する場合はいつも、「もし~ならば~する」をどのように使うのか考える習慣を身につけましょう。


予測した問題について、先手を打って発生を防ぐという方法です。たいていのメールで活用できるはずから、意識的に行う努力をすれば、散乱してしまいがちなEメールを減らすことができます。


Avoid Playing Email Ping Pong With "If...Then" Statements | 99U

Mihir Patkar(原文/訳:Conyac

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
 

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.