• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

itou  -   10:00 PM

1日に1万以上の記事を書き上げる、世界で最も生産性の高いライター

1日に1万以上の記事を書き上げる、世界で最も生産性の高いライター

140731wiki_bot.jpg


Popular Science:1日に1万の記事を書くのは無理ですよね? スパーカー・ヨハンソンという名のスウェーデン人には可能です。ヨハンソン氏は自作のコンピューター・プログラムを使って「インターネット百科事典」でもっとも多作な執筆者となりました。これまでに、270万もの記事を投稿しています。ウォール・ストリート・ジャーナル紙によると、この数は、Wikipedia全体の8.5%に相当するそうです。


しかし、どうしてコンピュータープログラムがそんなに多くの記事を書けるのでしょうか? 言語学と土木工学、経済学、素粒子物理学の学位を持つ科学教師、ヨハンソン氏がウォール・ストリート・ジャーナル紙に語ったところによると、このプログラムは、信頼できるソースから情報を集めてつなぎ合わせ、短い記事を作るのだとか。そのほとんどは、あまり知られてない蝶や昆虫についての記事です。また、フィリピンの小さな街についても書いています。(彼の伴侶はフィリピン人)

ヨハンソン氏が作った「Lsjbot」のほかにも、記事を書くプログラムは存在します。例えば、「AP通信」は人工知能を使ってたくさんの記事を書いています。ほかの新聞などでも、とくにファイナンスとスポーツの分野で、記事を書くために人工知能が使われています。また、Wikipedia全記事の半数はコンピューターによって書かれているそうです。

Wikipediaを昔から使ってきた人々の中には、多くの記事が人間以外の手によって書かれていることに異を唱える人もいます。しかし、ヨハンソン氏は、自身のプログラムを「正確な記事を書いており、人の役に立っている」と擁護します。例えば、Lsjbotはフィリピンの街「Basey」について書いています。台風「ヨランダ」がBaseyの街を襲い、多くの死者が出た時、人々はBaseyの記事を訪れ、街の概要と位置を知ることができたそうです。


This Bot Has Written More Wikipedia Articles Than Anybody|Popular Science

Douglas Main(訳:伊藤貴之)
Photo by Shutterstock.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.