• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  -   06:00 PM

12兆円のIT産業を持つインドに、いま日本企業が求められている

12兆円のIT産業を持つインドに、いま日本企業が求められている

140730mugendai.jpg


「インド」と聞いて、人によって思い浮かべるイメージはさまざまのはず。ビジネスにおいて、特に近年は「IT立国」の印象が強いのではないでしょうか。それもそのはず、「IT産業の規模は2012年に800億ドル(8兆円)でしたが、14年には1180億ドル(12兆円)に達する見通しです。これはGDPの8%に相当しており、インド経済を支える柱です」と話すのは、インド出身で有限責任監査法人トーマツのインドビジネス アドバイザリー マネジャーを務める帝羽(純子)ニルマラさん。一方で、雇用やインフラなど多くの課題を依然として抱えており、経済成長率も下降の様相を見せています。

インド経済復活のカギは何か、そして日本企業が進出する契機はあるのか。テクノロジーによるイノベーション事例を数多く紹介しているウェブメディア「Mugendai(無限大)」では、前述のニルマラ氏にインタビューし、その可能性を伺っています。ニルマラさんは、インドの抱える課題に対して、日本企業が貢献できる役割は大きいといいます


――ITが発達したのは、昔"ゼロ"を発見したようにインド人に数学的な才能があるからでしょうか。

ニルマラ ゼロの発見は何千年も前のこと。現在のインドの若者は、そうした才能を十分に自国で発揮できていないと思います。というのは、国内経済が発展しておらず、才能ある人は米国などに活躍の場を求めて出ていき、そこで貢献しているのです。インドにとっては大きな損失です。

――リーマン・ショック後、「BRICs」(ブラジル、ロシア、インド、中国)はどこも経済運営に課題を抱えています。インドの経済成長率もかつて10%前後あったのに2013年は4.4%になってしまいました。何が原因なのでしょうか。

ニルマラ リーマン・ショックのインドへの影響は2008~2009年はさほどではありませんでしたが、2010~2012年は世界経済全体が縮んだためにインドのIT産業の業績は悪化しました。インドの製造業はまだ弱体なので、成長率はITの業績に左右されやすいのです。
IT産業の主力であるBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)がクラウドやビッグデータといった新技術に移行したこと、他国の競争相手が増えたこと、そして米国でアウトソーシングを国内に戻す動きがあり、そのためインド人へのビザ発給を抑制したことも響きました。ただ、IT産業は新技術をスピーディーに取り込みつつあり、今後とも成長が望めます。

一方で、インド経済全体を考えれば、分厚い中間所得層を育てる必要があり、それにはITだけでなく、やはり製造業の強化が必要です。
今後日本企業の協力を得て、製造業の強化やインフラの整備などを進めることができれば、若者の雇用創出と12億人のインド国内市場の活性化につながり、両国経済の発展や安定化ができると期待しています。


低コストを武器に成長を続けてきたインドのIT企業も、昨今は人件費が上がり、「フィリピンやハンガリー、メキシコにアウトソーシング・センターを作り、現地の人を採用して業務を行う」といった海外進出を行うといった動きもあるそう。また、インドでは2014年5月に行われた総選挙では人民党(BJP)が圧勝、10年ぶりに政権交代が実現。ナレンドラ・モディ首相はインフラ開発や企業誘致を訴えているだけに、日本企業の進出も今後増えていくのかもしれません。

下記リンクより、ニルマラさんのインタビュー全文を読むことができます。「現在シリコンバレーで働く人の60%はインド人である」といった、インドがいかにしてIT立国となっていったのかの背景など、興味深いトピックが並んでいます。


人口12億の半分は24歳以下の国、インド――日本企業の協力が若者の雇用創出と、日印両国の経済安定化につながる(前編) | Mugendai(無限大)

(ライフハッカー[日本版]編集部)
Photo by Thinkstock/Getty Images.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.