• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,  07:00 PM

「楽しいことはいずれ終わる」と意識すれば、感謝や幸福感が高まる

「楽しいことはいずれ終わる」と意識すれば、感謝や幸福感が高まる

140730end.jpg


感謝の気持ちを持つことは、自分の幸福感を高める有効な方法です。しかし、ただ感謝の気持ちを持つだけでは十分でないかもしれません。ある研究では、幸福度を増加させ、感謝の気持ちを高めるには、その感謝すべき出来事にも必ず終わりが来るもの、と意識するのが有効なのだとか。

「なんてネガティブな考えだ」と思うかもしれません。楽しみの終わりを進んで考えるなんて気が滅入りそうです。しかし、時間は限られていると意識することで、幸福感を増やすことができるのです。


米心理学誌『Psychological Science』によると、生徒たちに残り6週間の学校生活を短いものとして考えてもらい、感謝の日記をつけてもらったところ、同じ期間で逆に長いものとして考えてもらった生徒と比べて、幸せ度がはるかに上だと判明したようです。PhyBlogでは以下のように語っています。


感謝の気持ちを持つよう促すだけでは、幸福感を高めるには不十分です。より幸せになるには、どんなに楽しい時間でも、いずれ終わりが来るのを意識することです。


感謝の気持ちがより表れる方法として、この考えはとても効果的です。物事に終わりがあることを意識することで、今、手にしているものに目が向けられるようになります。それらは、近いうちに、それも私たちが思っている以上に早く消え去ってしまうのです。


全てのもの、特に人生には限りがあることを心に留めておけば、今をより楽しめるようになります。そう、人生はとても短いのです。


Gratitude Enhanced by Focusing on End of Pleasurable Experience|PsyBlog

Melanie Pinola(原文/訳:Conyac
Photo by aussiegall.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  • 特別講義 コミュニケーション学
  • 藤巻 幸夫|実業之日本社
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.