• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matonomatono  - ,,  10:00 PM

社員が働きたくなる会社にする、驚くほど簡単な7つの方法

社員が働きたくなる会社にする、驚くほど簡単な7つの方法

140722work.jpg


社員に仕事を好きになってもらうのは簡単です。今年は夏休みを取りますか? 最近の研究によると、良い上司や経営者になりたいのであれば夏休みは取った方がよさそうです。

米ビジネス紙「ハーバード・ビジネス・レビュー」は19,000人の会社員を対象に、仕事に関してどんなことで幸せを感じるのか、もっとこの会社で働きたいと思うか、といったことアンケート調査しました。その結果、上司が休みを取ったり、旅行に行くのを勧めてくれると、社員はその会社に長く勤めたいと思うことが分かりました。上司や経営者自身が、社員に見本を示そうと行動している場合は特にです。

そんな些細なことで? と思うかもしれません。しかし、大したことはなさそうだから、という理由で社員を幸せにする方法を見過ごしているリーダーはあまりにも多いのです

今回は、社員に仕事を好きになってもらう、驚くほど簡単な7つの方法をご紹介しましょう。


1. 休暇を取らせる


リポーターとしてイラクに派遣された経験がある筆者にとって、ハーバード・ビジネス・レビューの研究は心に響くものでした。当時、米軍の部隊に張り付いていた私は、かなり長く危険なミッションの後で最高司令官に話を聞きたいと思いましたが、結局実現しませんでした。最高司令官が家族と旅行に行くために、部隊を離れているからでした。

それを知った私は、ショックを受けただけでなく、兵士の代わりに怒りすらこみ上げてきました。戦争中に休暇を取るリーダーが一体どこにいるのか、と。しかし、 米国国防総省には、司令官は作戦の合間に部隊を離れなければいけないという制度があることが分かりました。そうでもしなければ、兵士たちの気が休まらないからです。


2. 福利厚生制度を利用するように勧める


休暇だけではなく、どんな小さな制度でも利用するように勧めた方がいいそうです。例えば、会社のジムや仮眠室などです。ただ、上司が率先して利用しているのを見せなければ、推奨していることにはなりません。インテリアのように置かれているだけでは、せっかくの制度も宝の持ち腐れです。


勤務時間に使われていない、ただの飾りになっているジムをたくさん見てきました。社員がポジティブなエネルギーで満たされ、元気が出るようにするはずの福利厚生が、社員の苛立ちや恨みを生むものになってしまっているのかもしれません。


3. 社員に職務説明書を書いてもらう


社員が自分の強みを活かしている、もしくは今の仕事が自分にとても合っていると感じるようにするには、職務説明書を書いてもらうのが良いです。

確かに、社員が望むものをすべて与えることはできません。しかし、本当にやりたいことを少しだけやってもらうようにすることはできるでしょう。このような配慮だけで、モチベーションを上げてチームが達成しなければならないことの80%がカバーできるようになるでしょう。


4. 努力するだけの価値がある任務を与える


お金を稼ぐ以外に、その社員と共に働き、任務を達成することを選んだチームに対して、どのような動機付けをしていますか?

これは存在意義と同じことです。社員に対して、この目標は達成するだけの意義があると信じさせたり、そうしたいと思わせたりしていなければ、社員は「どうしてこんなことをしているのだろう?」と思う日が来ます。それを食い止めるには、会社側から目標を達成するだけの価値を提示しましょう。


5. データを見せる


仕事において貴重な情報を、社内でオープンにしたがらない上司がいます。くれぐれもそんな上司にはならないでください。会社全体でどんなことをやっているのか、自分たちのやっている努力がどのように会社に影響を与えているのかに関するデータや情報は確実に社員に共有しましょう。そうすることで、社員を信頼していることを示すことができ、社員に力を与えることができます(社員を信頼していないのであれば、そんなチームは存在する価値がありません)。


6. 責任を与える


大人は大人として扱ってもらいたいものです。社員に対しても同じで、そうすることで目標達成により近付くことができます。社員が何かやりたいと言ってきたら、社員を信じつつ、約束したことを果たせるのか確認します。これは、自分が責任を取るということで、失敗したり、目標を達成できなかった時には全責任を負うということです。


7. 期待よりも1〜2割増しで払う


ここでクイズです。優秀な社員が100万円の年収アップを希望してきました。あなたはそれだけの価値がある社員だと思っています。その社員を失いたくありませんし、それだけ払う余裕が会社にもあります。どうするのがベストだと思いますか? 答えは...150万円年収をアップしてあげましょう。

この見出しでは1〜2割増しを勧めていますが、スター社員のような優秀な社員には5割増しでもいいくらいです。一番大事なのは、相手が期待している以上のものを与えるということです。長い目でみれば元が取れるはずです。


7 Simple Ways to Make Employees Love Their Work|Inc.

Bill Murphy Jr.(訳:的野裕子)

  • ,,, - By 松尾仁LIKE

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    Sponsored

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    毎日のひげ剃りは、多くの社会人男性にとって大切なマナーのひとつです。そして、いつの時代も変わらない悩みとして言われるのが「カミソリ負け」。 T字型カミソリの世界シェアNO.1を誇るジレットは、その大きな要因のひとつが「リストローク(肌の同じ場所を2度以上剃ること)」であると考え、4年間の研究開発の末、肌を守る新機能を搭載した新製品「ジレット フュージョン5+1 プロシールド」を発売することになり  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
  • Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2014年 07月号 [雑誌]
  • ダイヤモンド社

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.