• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

itou  - ,  10:00 PM

英語は世界でもっとも言葉の貸し借りが多い言語である:研究結果

英語は世界でもっとも言葉の貸し借りが多い言語である:研究結果

英語


Popular Science:Chemise(シュミーズ)、schadenfreude(シャーデンフロイデ)、Tennessee(テネシー)など、英語は他の言語からの「借用語」が多い言語です。その英語が、今では世界で一番言葉を「輸出」しているそうです。米ボストン・グローブ紙が次のように報じています。


フィンランドでは、グローブ紙の記者であるブリット·ピーターソン氏が、「hot jooga」という言葉に遭遇しました(joogaはフィンランド語でヨガ)。 また、日本語の「フライ」は英語の「fry」から来ています。フランスは、英語の「smoking(喫煙)」を「タキシード」を意味する言葉に変えてしまいました。

英語が借用語を世界でもっとも輸出している事実は、国際言語としての重要性を表しています。「ある言語がどれだけ借用されたかは、その言語の優位性を計る指標の1つだ」と、マックス・プランク研究所の言語学者、マーチン・ハスペルマス氏は言います。例えば、北京語は長い間、アジアで絶大な勢力を誇っていました。しかし、同研究所で世界41言語の被借用率を調べたところ、北京語は最下位だったそうです。

ここから推論できることは、言葉の貸し借りは友好的に行われるものではないということです。借用語の多くは、戦争後の占領期に無理やり植え付けられたものです。例えば、ベトナム語の中にあるフランス語由来の借用語は、植民地時代の名残です。その国の文化と母語を守るために、借用語を追放しようとする国もあります。現代においてそれは、英語に抵抗することを意味します。

英語は今でこそ影響力を持っていますが、マックス・プランク研究所の調査によると、世界でもっとも借用語が多い言語でもあるそうです。英単語の実に42%が外国語からの借用語とのこと。おそらくこれが、英語が成人にとって学習が難しい言語である理由の1つなのでしょう。


Database Of Loans Shows That English Is The World's Top Borrower And Lender Of Words|Popular Science

Francie Diep(訳:伊藤貴之)
Photo by Shutterstock.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  • 英語の歴史―過去から未来への物語 (中公新書)
  • 寺澤 盾|中央公論新社
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.